ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

自動車税で「損」をしないために!

ライターさん(最終更新日時:2012/3/7)投稿日:

  • ナイス!:

    251

  • 閲覧数:861957

印刷用のページを表示する

タイヤ

自動車やバイクなどを所有すると「税金」がかかりますが、その仕組みをきちんと理解されていますか?


その仕組みを知らずに「損」をすることのないよう、しっかりと覚えておけば「損」はありませんよ。

ヒント

  • 自動車の所有にかかる税金には、車種や排気量によって「自動車税」と、「軽自動車税」の2種類の税金に区分されています。


この2つの「税金」はよく似ていますが、実はその性質が大きく異なります。

「自動車税」は、都道府県が管理し、一般的に「白色ナンバー」の普通自動車などが対象となっています。

一方、「軽自動車税」は、市区町村が管理し、一般的に「黄色ナンバー」の軽自動車や、二輪車などが対象となっています。

これだけでは、いったい何が得になるのかがさっぱり分からないと思います。

下のポイントをご覧ください。

ポイント

  • いずれの税も課税の基準日は4月1日で、その日の所有状況によってその年度の税金の納税通知書が送られてくることになっています。

    「自動車税」には、月割りによる課税制度がありますが、
    「軽自動車税」にはこの制度がなく、1年に1回の課税となっています。

 
すなわち、「軽自動車」を購入するなら4月2日以降に購入し、抹消登録するなら4月1日までにすれば税金面で一番有利ということになります。
(軽自動車における4月1日の抹消登録は、その運用に時間の概念が無いため、午前0時に車がなかったと解するようになりますが、自治体職員の認知度によっては、疑義が生じ余分な手間がかかる場合がありますので、抹消登録する際は3月中に手続きするようお勧めします)

(なお、自動車税の運用では時間の概念を有しているため、抹消登録を3月中に行う必要があります)

-----------------------------------------------------------------

では、普通自動車はどうなのでしょうか?
こちらは月割課税なので年度の中途で車を買っても、ちゃんと翌年3月までの自動車税が諸費用と一緒に請求され、車の販売店を通じて都道府県に納められています。

ですから逆に、年度の中途で、普通自動車を抹消登録したり、下取りに出した場合、翌年3月までの税金を負担する必要はありません。

ポイント

  • 普通自動車が抹消登録されれば、自動的にその情報が都道府県に伝わり、抹消登録日の翌月から3月までの自動車税が返還されますが、新たな所有者への名義変更の場合には返還されません。

普通自動車を下取りに出す場合、上記のポイントをきちんと覚えておいていただき、翌年3月分までの自動車税は返してもらうよう、業者の方に話しましょう。

ちなみに、排気量3000ccの普通自動車を7月に下取りに出した場合、8月~翌年3月までの分の自動車税は3万4000円になります。

業者によっては、請求がないことをいいことに自動車税をうやむやにしてしまうケースが実在しています。

これには、ぜひ気をつけていただき、損しないようにしましょう。

アドバイスへのコメント 

  • >知らない人に対して(自動車税を)返還しない業者が多いので、周知されるのはいいことですね。
    A:確かにそうですね。
    このことを知らずに損をすることのないよう、大勢の方にきちんと知っておいていただきたいものです。

    >「分かっている」ようで「分かってはいなかった」事に気付けた・・・これこそ「知恵ノート」ですネ!
    A:この「知恵ノート」が、少しでもお役に立てれば何よりです。

    これからは、古い車を3月までに抹消して、 新車を4月以降に登録しようと思います。 そうすれば、自動車税の節税が出来ますしね。

    A:そうですね。そうすれば確かに節税できますね。

    >でも、販売価格とか下取り価格とかに税金が反映されるらしく、軽を廃車する際にのみ得をするらしいです。 …と、後ろで中古車を売ってる人が言ってます。

    A:説明責任をきちんと果たす良心的な業者さんであれば、「下取り車本体の価格が○○円、先払いしていただいた税金分が○○円、合計で○○円ですよ。」と説明してくれます。その説明がない場合には、最低でも下取り価格の内訳を確認するようにしましょう。

 
このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-2

jsbgm373さん

ピックアップ

【パズドラ】無課金プレイで強...
無課金で、あまり無茶なリセマラをせずにパズドラで強くなり...
Androidの標準ブラウザーでYaho...
 はじめにAndroidの標準ブラウザーの検索窓で、Yahoo!検索を...
幼稚園の補助金について -私立...
この知恵ノートについて 私が幼稚園の補助金、「私立幼稚園就...
本文はここまでです このページの先頭へ