ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【扶養内の働き方】103万の壁と130万の壁の仕組み

ライターさん(最終更新日時:2013/1/14)投稿日: アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

何故103万円・130万の壁と言われるか?

パートで得る所得は基本的に「給与所得」となります。

しかし平等に与えられる権利として「所得控除」があります。

給与所得控除とは給与から差し引ける経費みたいなものです。

 

・基礎控除38万円

・給与所得控除65万円

 

所得税は下記から求められます。

給与所得所得控除課税所得 ←これに課税される

 

基礎控除38万円と給与所得控除65万円を足すと103万円になります。

控除が103万円あれば103万までは当然に課税所得がゼロとなります。

ですので103万以内は所得税がかからず、扶養内(3号被保険者)で働けるため

皆さん気にされます。

 

注意

  • 住民税は93万円を超えると課税される場合があります。

 130万円までの理由は?

103万の意味は理解できたと思います。

では130万円の壁と呼ばれるものは、どうしてでしょうか?

 

下記の図を見てくだい。

image1.jpg

103万円を超えても多少の所得税・住民税が掛るだけで

扶養内で働くことが出来ます。配偶者特別控除もあり、御主人の手取り減少も

軽微ですみます。

 

しかし、130万円以上になると扶養から外れ、自身で国民年金

国民健康保険を払わなくてはなりませんので、それらの出費が

大きくパートの手取りに影響します。(1号被保険者に)

 

 

どの程度影響がある?

下記の図にどの程度影響があるかをまとめてみました。

image2.jpg

103万以内であれば手取りのままなので

一番効率が良いと言えます。※住民税は別途

 

130万円以内の129万までであれば所得税等が少し掛るだけで

手取りは高いままです。

 

一方で130万円を超えると、国民年金・国民健康保険が発生

実質の手取りマイナス減少が発生してしまいますので

皆さん130万以内ということに注意をするのです。

ポイント

  • ※実質手取り減少になるパート収入をチェック!

 

主人の給与の影響は?

パートの影響と別に、ご主人の給与にも影響があります。

扶養に入っていると、御主人の給与から差し引ける所得控除として

「配偶者控除」「配偶者特別控除」が対象となります。

 

どの程度影響がある?

image3.jpg

103万円までは配偶者控除と言って一律38万円差し引けますが

それ以上の配偶者特別控除は、パート収入に応じて減少していき

141万円で控除がなくなります。

 

ポイント

  • ※パート収入だけでなくご主人の給与にも影響がある!
  • 上記手取り減少は年収換算です。

 

 

注意点

このように、手取りを大きくしながら働くには129万円以内ということが

言えますが収入が129万円に達しなくとも、扶養から外れ社会保険

加入する義務がある規定があるので注意が必要です。

 

ポイント

  • ※社員と比較し勤務時間が概ね3/4以上
  • ※社員と比較し勤務日数が概ね3/4以上

 上記2点を両方満たしてしまうと、サラリーマンと同じ2号被保険者となる場合が

ありますので注意をして下さい。

昨今厳しくなっており、お勤めの会社に調査などが入りますと年収に関係なく

上記が適用され2号被保険者となる場合があります。

ただ、厚生年金・健康保険は会社が半分負担してくれますので、将来受け取る

厚生年金分が増えますので、2号被保険者になる事は手取りは減りますが

将来に繰り越しされる感じですから決して損ではありません。

 

 

最後に。  社会保険の今後・・・

日本の社会保障制度は崩壊しつつあります。

年金制度、健康保険制度両方ともです。

 

今は当たり前にある扶養内の3号被保険者制度ですが

これは「古き良き日本のなごり」かもしれません。

 

主人は働き、奥様は家庭を守る。それを考えれば良い制度でしたが

今はどうでしょう?夫婦共働きも当たり前であり、奥様だけが家を

守る時代ではありません。

 

十数年後、3号被保険者制度というものが保険料負担になったり

大げさに言えば無くなる可能性は十分に考えられます。

年金に関しても、先進他国(アメリカ・ドイツ)などが支給開始年齢を将来的に

引き上げることを決定していますから日本も支給開始年齢がおそらく67歳68歳等

に引き上げられて行く可能性はあるでしょう。

※現時点で決まった事項でなく、筆者の見解です。

 

常に変わる国の制度としっかりと向き合い対処していくことが

必要とされています。

 

※2011年9月1日 厚生労働省は年収130万円基準を見直し検討

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2015/04/10 08:22:23

    housememberfiveさん

    事実と違うかも

  • 送信日時:2014/11/30 03:13:23

    makerumonka0113さん

    学んだ

  • 送信日時:2014/11/12 12:45:31

    hanta_tochiさん

    学んだ

もっと見る

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

三島木 英雄さんの画像

グレード知恵ノートのグレード:2-3

専門家

ウェブサイト:専門家プロファイルからの投稿(外部サイト)

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を...[続きを見る]

その他の知恵ノート(18件)
老後資金の簡易積立計算
【老後の働き方】年金支給「停...
確定拠出年金の「運用とスイッ...
住宅ローン 団体信用生命の「節...
【医療保険】終身払いと60歳払...

ピックアップ

大学生のバイト、稼ぎすぎると...
大学生のみなさんも、学費や生活費、さらには旅行費用などに...
オランジェット(・ ・。)ଓ
はじめに文旦ピールでオランジェットを作ったのでノートにし...
旅行で使える!Tシャツのたたみ...
 はじめに裏ワザ!コンパクトにシャツを畳む方法をレクチャー...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ