ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

アメリカの大学の通信教育

ライターさん(最終更新日時:2012/10/27)投稿日: アドバイス受付中!

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:2120

印刷用のページを表示する

アメリカの大学には日本のように通信教育学部はありません。
通信教育で取得した単位を卒業に必要な単位として上限を決めて認めている大学もあります。
一部の学校で全て通信教育で卒業できると宣伝している学校もありますが認定機関で認定されてない学位の為ただの紙切れです。
アメリカ政府は日本の通信制高校を認めていませんので永住権抽選DVプログラムに応募資格がありません。
アメリカには通信制高校もないと思われます。

通信教育は有名な大学で実施されていますがコースは限定されています。
例えばOhio Universityで行なわれています。
日本のように二重学籍禁止と言う規定はありませんので何処の大学に入学していても受講可能です。
卒業する大学でその単位を認めるかを確認しておく必要があるのでかなり面倒です。
F-1ビザを取る必要があるのでOhio Universityのコースを取る時はOhio Universityから入学許可を取った方が良いです。
大学が認めれば多くのコースを受講する事が可能ですが連邦規則 (8 CFR)でオンラインや通信教育などのクラスに出席の必要ないコースは1科目または3単位までと規定されています。
フルタイムの留学生に必要な12単位の内9単位は普通の授業を取らなければなりません。

通信教育のコースでは教える教授も教官もいませんので自分でテキストを読んで理解する必要がありアメリカ人でも大変なコースです。アメリカで取るなら必要な12単位の授業を取って長い期間をかけて合間に勉強していかないとステータスの維持が難しいです。

日本から通信教育を受講すると日本のように割安の郵便料金がありませんので航空便の郵便料金が物凄くかかります。
中間、学期末試験に相当する試験が2~3回ありますのでそのたびに渡米が必要になります。
日本の学校や大学に試験を担当してもらう事も可能だとは思いますが面倒なので引き受けてもらえる学校を見つけるのが大変です。
アメリカの大学の通信教育のコースを受講するのはあまり意味がないと思います。

カリフォルニア大学では通信教育による単位を認めてくれますがカリフォルニア州立大学は認めていません。
スクーリングと呼ばれている大学に出席する授業の単位でさえ認めていません。

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 現在アドバイスはありません

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

妻のパート勤め、いくらまでな...
 はじめにパートやアルバイトの年収って、いったいいくら稼ぐ...
お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
自動車税で「損」をしないため...
自動車やバイクなどを所有すると「税金」がかかりますが、そ...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ