ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

女性の薄毛、抜け毛の原因と対処方法

ライターkaminonayami_netさん(最終更新日時:2015/3/7)投稿日:2012/11/2

  • ナイス!:

    4

  • 閲覧数:78053

印刷用のページを表示する

  imagesCA6DYWBT.jpg lllt5.jpg lllt1a.jpg  hairmax4.jpghairmaxresult2.png
近年女性の脱毛が深刻化しております。女性の場合には特有の脱毛原因があり、男性とは薄毛を誘発する原因が大きくことなります。


血行不良や冷え性。ホルモンバランスの乱れなど体質的要素も関係しますが日常のファッションや後天的要因によっても薄毛を進行させる原因がいくつもございます。


髪の長さやカラーリングにはじまり、ダイエットやつけ爪やネイルアートなどが影響している場合もあります。


髪が長い事で髪が絡まったてしまいどうしても地肌を洗うのは簡単ではないのですがネイルアートなどによって爪の長さが邪魔をしてシャンプーが不十分になっているケースがあります。


また女性の社会進出によって仕事などが及ぼすストレスや過労によってもホルモンバランスが乱れ、それがきっかけとなり近年女性の薄毛や抜け毛が問題を悪化させているとも言われております。


慢性的な冷え性も血行不良を誘発する原因の一つですとなり、髪の主成分となる血液中たんぱく質が髪を生成する毛乳頭まで到達していない原因にもなります。


女性の場合には元々肌が弱いことから成分的に強すぎる育毛剤などによってかぶれてしまうことがあります。


また男性の育毛治療の一つのプロペシアのように安易に女性ホルモンを増やすような治療は様々な影響を与えてしまう恐れがあります。


女性をターゲットしたヘッドスパを目的とした有名シャンプーなど様々な商品が発売されておりますがそれらを使用しても効果があるのかどうかの判断がつかないと思います。


ひとつ大きな誤解があるのが人間が分泌する皮脂のすべてが悪という発想です。皮脂は髪に必要な水分を保つための皮膜となるものです。そのため、髪に悪影響を及ぼすような角化した皮脂や毛穴内部を埋めるようなゼリー状の皮脂を排除することは大切ですが前日の夜にシャンプーをして翌日の昼間に頭皮を触って感じるベタつきであれば問題はありません。


女性の場合、顔のケアは日常的に行っておられると思います。優れた化粧品やゴッドハンドを持つエステシャンなどが雑誌で紹介されています。どれだけのお金を投じて、そのようなエステを受けたとしても一番大切なのはご自身で毎日繰り返す基礎ケアであると思います。それがいい加減なまま、どれだけすごい化粧品やエステを週に一度受けても思ったほどの改善は見込めないと思います。


髪を回復させるのはダイエットや糖尿病、メタボリック体質に似ていると思います。さきほど御紹介をしたエステもそうですが体重の管理や糖分の摂取。動物性たんぱく質の過剰摂取や運動不足など、自分を管理できるのは自分だけです。


健全な頭皮の維持はけして難しくはないと思いますがその後にどのような方法で育毛に取り組むかがポイントです。


男性の場合にはミノキシジルやプロペシアなど、日本で承認されている育毛ケアが数年前からございました。所が女性の場合には2%までのミノキシジルしか承認されていません。


さらに生理前などのホルモンバランスの変動が影響し皮脂が過剰分泌されること。髪のダメージを意識して作られているシャンプー、トリートメントのコーティング力が強くなりすぎてしまい、自ら分泌する皮脂とコーティング剤が混ざり合ってしまいます。


皮脂と混ざり合ったコーティング剤が結果的に毛根を埋めてしまい、髪の成長を妨げています。


ところが多くの女性の方が髪が薄くなるということは普通で考えればありえない。一時的な体調不良やストレスによって現れている症状で長期化することはない。仮にまわりから指摘を受けるようになるほどの症状に至ってもしっかりとしたケアに取り組もうとしないのは男性よりも女性のほうが圧倒的に多いと思います。


育毛剤を使用する抵抗感。きっと何かひとつでも始めればすぐに良くなるはずと考える思いこみ。男性のように色々する必要はないであろうとお考えになるのは実際には大変危険なことだと思います。


しっかりとしたケアを導入すれば回復する可能性が高いのは女性だと思います。ところが女性の意識の中で髪を太くしっかりと育てるために何かをするという考え方が乏しいと思います。


ですが日本で知られている方法よりも遙かに海外では育毛への研究や取り組みが進んでおります。低出力レーザーは男性だけではなく、女性の薄毛への高い育毛効果をFDA(米国食品医薬局)が承認をしております。


CBS New Yorkで放送された女性の脱毛への対処方法の中で紹介されました。





低出力レーザーは日本ではあまり認知されておりませんが海外では多くのテレビ番組や雑誌でも紹介をされております。


FOX NEWS


 


低出力レーザーであれば週に3回くらいの使用が理想であり、自宅での使用が十分な回復が期待できます。

日本で育毛を専門にしている病院が最近増えておりますがその3割以上の患者様が女性です。


産後の脱毛をきっかけに髪が生え戻らない。20代なのに明らかに以前に比べて髪の量が減っている。日常的なシャンプーやブラッシングの際の抜け毛が増加してそれが数カ月、経過しても留まる気配がない。


なんらかの前触れのような症状を過去または現在、経験されていれば女性だから大丈夫と安易に考えず、しっかりとした育毛ケアを取り入れていただくべきだと思います。


プロフィールなどご覧いただくと他に掲載しています知恵ノートや他の方にしている回答などもご覧いただけます。

 

以下のブログでご説明をしたようにより成分濃度が高い医薬品を入手したり日本で未承認の海外医薬品を個人輸入入手するのは大変危険な場合もございます

 

FDAによる海外の医薬品ネット販売サイト1677サイトの強制閉鎖

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n192811 

 

低出力レーザー育毛器を元に大阪大学が赤色LEDの育毛促進の研究の説明

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n193293 

 

 

育毛剤、ミノキシジル、プロペシア以外の育毛方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n84851 



低出力レーザーの育毛効果の説明した知恵ノート
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n181148 

 


 

 


プロペシアのAGA治療以外の育毛メソセラピーの問題について

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n204659

 

健康な髪が成長する頭皮ケアの方法もご紹介しております。またミノキシジルやプロペシア以外の育毛方法についても過去に書いた知恵ノートでご紹介しております。

http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminonayami_net 


それかyahoo
プロフィールをご覧いただければとより多くの情報をご覧いただけます
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1DC585Z79_b

 

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 現在アドバイスはありません

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-3

kaminonayami_netさん男性

ピックアップ

【裏技】形をくずさず綺麗にケ...
はじめにケーキ業界ではもう当たり前?!ケーキを潰さず綺麗...
ボタンが取れた!ちょっとした...
 はじめにボタンが取れた!ボタンの付け方ってしばらくやって...
【裏技】油性ペンが消せる!?...
はじめにあれ?消えない!?ホワイトボードに書いたマジック...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ