ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

卒業論文や修士論文での謝辞の書き方

ライターさん(最終更新日時:2012/12/6)投稿日:

印刷用のページを表示する

はじめに

卒業論文や修士論文では,論文の最後(本文の最後で,この後に参考文献や付録が続く)に謝辞を書きます.この謝辞は,世話になった人たちに感謝をあらわす大事な部分です.ところが,先輩のあまりよくない論文を見本として,おざなりに書く例やふざけた友達への手紙みたいになっている悪例を散見します.それを具体的に注意する指導教授でない場合,悪い例が続くことがあります.私が副査をする修士論文でも散見されますので,参考になればと思い知恵ノートに記すこととします.

  • なぜ,謝辞を書くのか?を考えて見ましょう.  
     卒業論文は大学生の総仕上げ,修士論文は大学院博士前期課程(修士課程)の総仕上げです.とくに修士論文は,図書館で保存されたりしますので,ひどいものを残すことのないように注意すべきです.
     その論文を書き上げるまでには,「テーマ選び」「調査」「実験」「実験装置の製作」「資料の提供」「文章の推敲や感想」「発表練習」「発表資料の作成」「コメント」「研究費や成果発表での旅費の補助」等々様々な人や予算に助けられて研究が進められたはずです.これらのうち,どのようなことを自分は誰から受けたのかを記載し,感謝することが目的です.また,予算などについては必ずそのことを明記することが予算を受けるときの約束として存在する場合もあります.その場合は,必ず書かないといけないのです.
  • 以下に項目別に実例を書いていきます.
  • 論文がどのような課程で書かれたかを書く
     本修士論文は,筆者が**大学大学院**研究科**専攻博士前期課程(修士課程の場合は修士課程と書く)において,**研究室において行った研究をまとめたものである.
  • 主査と副査に対して感謝する
    指導教授が主査,副査2名で審査する場合: 本研究に関して終始ご指導ご鞭撻を頂きました本学****(フルネームで)教授に心より感謝致します.また,本論文をご精読頂き有用なコメントを頂きました本学****教授,****准教授に深謝致します.
    コメントなどで特に細かく書きたい場合は,例えば,「筆者が証明した定理**への**准教授に頂きましたコメントは,**への新規応用への可能性を示唆しており,心より感謝し,今後の課題としたいと考えています.」などと書くことがあってもよい.
    指導教授がいるが,具体的には講座の若手の助教の先生が指導し,指導教授はコメント程度などの場合: 本研究に関して終始あたたかくご指導ご鞭撻を頂いた本学****教授に心より感謝いたします.論文の執筆にあたって具体的に親身にご指導いただきました本学****博士に深謝いたします.(**教授,**准教授ということは多い.一方,講師,助教,助手の先生にかんしては博士号を持っている場合は,****博士と書き,そうでない場合は,本学専任助手****氏などと書くことが多い.このあたりは,実際にそこの講座の先生に書き方を聞くのがよいとおもいます).
    副査がいる場合: 副査は忙しい中,論文を読んでくれたわけですから,コメントをもらわない場合でも,きちんと感謝することが大事です.副査の中には,謝辞から読む人もいるくらいです.要注意! 
    論文をご精読いただきました****教授に感謝致します.などと書く.
  • 実験機材を作るのに協力した人がいた場合(例では,M1の後輩としています)
    第*章で用いた****の実験装置は,本学****研究室(講座)M1の****氏の製作によるものです.氏のご尽力により実験が行えました.
  • 調査や実験の協力が外部の人の場合: *章の調査にあたっては,**県**研究所主任研究員の****博士にご協力をいただきました.心より感謝いたします.
  • 研究費について: 本研究の一部は,本学若手支援研究費(研究費の出所と名前を書く)によります.
  • 資料の提供やコメントなどについて,一部,誰から提供されたかを秘密にしてほしいという場合があります.その場合は,その人の名前は謝辞に入れないなどの工夫も必要です.そのような条件の場合は,予め,謝辞にはどのように記載したらよいか?それとも記載しない方がよいのか?などを本人に確認しておくこと.
  • 研究室の皆さんに感謝するなどはいいのですが,おふざけすぎないこと.
    たとえば,こんなのはダメ:
    冬の寒い時期でも頑張れてこれたのも,研究室で囲んだ暖かいなべと焼酎があったからこそです.みなで乾杯したあの日は一生の思い出です.
    なんてのはふざけすぎです.

実例 (仮定の大学院です): 

  •  本修士論文は,筆者がヤフー大学大学院 理工学研究科 情報ネットワーク専攻博士前期課程在学中に情報理論研究室において行った研究をまとめたものです.本研究に関して終始ご指導ご鞭撻を頂きました本学 矢布太郎教授に心より感謝致します.また,本論文をご精読頂き有用なコメントを頂きました本学鈴木一郎教授,佐藤花子准教授に深謝致します.
     本論文の執筆にあたっては,矢布太郎研究室の助教である渡辺二郎博士に何回も推敲して頂き明瞭な文章にしていただきました.また,第5章で述べた実験装置については,冨士電気機械株式会社技術本部 山本三郎技師に技術的なコメントを頂き完成できました.心より感謝しております.
  •  本論文の一部は,本学若手研究者補助金によります.
  •  最後になりますが,最後まで一緒に頑張って来た研究室の同期の皆様,研究を手伝ってくれた後輩に心より感謝しております.ありがとうございました.

 どうでしょうか?謝辞は一番書きやすいところです.まずは,ここを書いておき,あとに調整してください.論文は,まずは,ざっとすべてを書くことが大事です.書きやすいところから書くのが鉄則です.その点,謝辞はざっと書き上げるのが一番楽なところです.


では.今後は他の部位の書き方を時間が有るときに書き足していきたいとおもいます.




アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2013/02/13 18:23:58

    esuarusep1さん

    学んだ

もっと見る

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

知恵袋マスター

mangaojisanさん男性

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
● ウイルス性胃腸炎 ● から復活...
はじめに 平成23年の大晦日から平成24年の正月にかけて、不幸...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ