ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

中学生 社会 日本の工業

ライターof222of1177さん(最終更新日時:2013/1/19)投稿日:2013/1/19 アドバイス受付中!

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:1792

印刷用のページを表示する

日本の工業

加工貿易

日本は原材料を輸入し、製品を輸出して工業を発展させてきた。

さかんな重化学工業

第二次世界大戦前までは『軽工業』がさかんであったが、1960年代から重化学工業が発展し、現在は全生産額の約3分の2を重化学工業が占めている。

太平洋ベルトに集中

南関東から北九州にかけての海岸部に、工業生産が集中している。

のびなやむ四大工業地帯

日本の工業は京浜・阪神・中京・北九州の四大工業地帯を中心に発達してきたが、経済変化にともない京浜・阪神・北九州の地位は急速に低下。中京のしめる割合が高まっている。

新しい工業地域

第二次世界大戦後、四大工業地帯を結びつけるかのように、新しい工業地域がつくられ、鉄鋼・石油化学・機械などの、大工場が建てられた。内陸部には機械工業を中心に工業団地が形成。

新しい工業

1970年代後半になると電子工業が急速に発達し、ICなどの工場が九州地方や東北地方の高速道路沿いや空港の近くにつくられた。

日本の工業地帯・工業地域

●製造品出荷額第1位は『中京工業地帯』。
●工業地帯・工業地域の特徴
   ・機械工業の割合 1位中京工業地帯、2位東海工業地域、3位京浜工業地帯
   ・金属工業の割合 1位京葉工業地域、2位阪神工業地帯、3位瀬戸内海工業地域
   ・化学工業の割合 1位京葉工業地域、2位瀬戸内海工業地域、3位阪神工業地帯
   ・食料品工業の割合 1位北九州工業地帯、2位東海工業地域、3位関東内陸工業地域



アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 現在アドバイスはありません

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

スマートフォンの料金を極限ま...
※2015/3/8 久々更新。っていうかプロバイダ増えすぎだろ・・...
妻のパート勤め、いくらまでな...
 はじめにパートやアルバイトの年収って、いったいいくら稼ぐ...
自動車税で「損」をしないため...
自動車やバイクなどを所有すると「税金」がかかりますが、そ...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ