ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

水道管が凍結した際の保険・修理について

ライターさん(最終更新日時:2014/2/28)投稿日: アドバイス受付中!

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:10753

印刷用のページを表示する

 水道管が凍結した際の保険・修理について 

【主旨】

 2012~2013年の年末年始にかけて、北海道地方で多発している水道管の凍結について、どういった手続きをすればよいか、どこに電話をすればよいかなど、日頃の不動産業務の経験を元に、簡単ではありますがまとめさせていただきました。

 ※賃貸アパート・マンションの入居者を対象に書かせていただいております。

水道管の凍結を防ぐには

 よく夜のテレビ番組の放送中に上段のテロップで、「今晩は冷え込みが厳しいことが予想されます。水道管の凍結にご注意ください。」などという表示が出ることがあります。

 これは、その日の夜の予想最低気温により、建物内の配管設備周辺の気温が-4℃を下回る恐れがある場合に各民間放送局で流しているようです。

 ここで出てくる「-4℃」というのが、水道管内の水が凍結する温度です。


 水道管が凍結した場合、凍結箇所周辺の配管に負荷がかかり、最悪の場合、配管に亀裂や破断が生じて、水道水が漏れ出る恐れがあります。

 テレビでこのような表示が出た際は、給水栓を閉じてから配管内に残った水を出す(水落し作部屋の暖房のタイマー設定を使用して就寝後数時間つけたままにしておくなど、凍結への対処をしてください。

 

 尚、部屋の構造によって水落し作業の方法が異なります。

 デキる不動産仲介会社であれば、冬場でなくても水落しの作業手順を紹介していますが、入居時になんの説明もなかった場合は、仲介会社ではなく、管理会社へご連絡ください。

 建物を仲介することは宅建免許を持っていれば、どの会社でもできますが、建物の管理については、所有者またはその委託を受けた管理会社が行っています。

 水道管が凍結したら

 1.水道管が凍結した場合、まず行うことは、給水栓を閉じることです。

 水道管は給水栓が閉まっていれば、それ以上水道管に負担をかける恐れがなくなり、たとえ水が漏れ出していようが、給水栓を閉じて凍結した水が出尽くせば、それ以上自室内に水が出てくることはなくなります。

 

 2.給水栓を閉じてから、漏水箇所と凍結箇所を確認してください。 

 優先して確認することは、水が自室または下の階のお部屋へ漏れていないかです。

 万が一、水道管が破裂し、下の階のお部屋に水が漏れていた場合、下の階のお部屋の家財の損害を支払う必要があります。

 また、配管からの水漏れが確認されなかったら、自室のどの水道が出ていないかを確認してください。その際に再度給水栓を開く必要がありますので十分ご注意ください。主には、台所、浴室、洗面台等です。

 再度、給水栓を開くことに不安が残る場合は、ムリに確認せず、管理会社や業者へ依頼し、現地確認をしてもらってください。

 

 3.漏水・凍結箇所を確認し、修理業者の手配・保険会社の手続きについて。

 ※ここからはパターン別に記載させていただきます。

 

 3-1.凍結のみの場合

 凍結だけの場合で急を要さない場合は、水回りの扉を開放し、居間などの暖房設備で24℃程度の比較的暖かめの温度に設定し、部屋全体が温かくなるようにしてください。しばらくすると水道管内の氷が解け、少しずつ水がでるようになります。

 修理業者を依頼する場合、呼んだからと言って数分で解氷できるものではありません。少なくとも修理業者が到着してから1時間程度は解氷に時間がかかると思います。

 作業料は地域にもよりますが、北海道内では数千円~1万円程度かと思います。

 また、この解氷作業料は保険の対象外となるケースが多いですので、業者へ依頼する際はご注意ください。

 

 3-2.凍結及び漏水している場合

 まず自室の水漏れ箇所をタオルやバケツなどで水を受けられる状態にしてください。 床に染みてしまった場合、床の張替工事も必要になります。

 また、下の階の入居者が不在等で確認が取れない場合、建物の不動産管理会社か大家さんへ連絡して、凍結したこと・下の階の漏水の確認をしたい旨をお知らせください。

 下階に漏水していても、保険に加入していれば適用されますので、加入されている保険会社の確認をしておきましょう

 

 自室の凍結箇所については、解氷作業及び配管の交換工事などが必要となってきます。建物の管理会社または大家さんに現状を確認してもらい、修理業者の手配をしてもらうか、ご自身で手配することとなります。管理会社があれば、同様の事態が起こった際にお願いしている業者があるはずですので、すぐに対応いただけると思います。自分で手配する場合は、給配管設備等の項目でお近くの修理業者をお探し下さい。

 

 水漏れの場合、保険会社の保険がおりる可能性があります。まずご自身が加入されている保険会社へ連絡し、保険請求の申請が可能かどうかをお問い合わせください。尚、自室の家財の補償額については免責金額や限度額が設定されている場合もありますので、ご注意ください。

 

 あとは修理業者・保険会社・管理会社または大家さんを連絡をとり、工事を実施し、保険金の請求・入金を確認し、工事業者へお金を支払えば完了です。

 

 保険の必要性について

 昨今の賃貸物件の契約者の中には、保険に加入しない方が珍しくありません。

2年間で1~2万円前後の保険料を支払ったとしても、何事もなければ「ムダ」になっているという意識があるからだと思います。しかし、これはとても恐ろしい考え方です。

 

 ▼私が経験した凍結事故の一例を。

 木造2階建てのアパートの上階の部屋で水道管が凍結・水漏れ。しかも上下階の入居者がそろって出張で不在。水漏れに気がついて連絡をくれたのは、翌日になって隣の部屋からドスンという大きな音がしたという連絡でした。上階の床が水の重さで下の階に落ちた音でした。修理費用は300万円になりました。

 この件については、入居者が保険に加入していたために保険金がでました。

 

 これだけの損害額を保険無しで暮らしていても大丈夫でしょうか?

 ご家族にも迷惑がかかることは間違いないでしょう。

 この冬を期に、是非加入されている保険のご確認をオススメします。 

 

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 現在アドバイスはありません

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

t_nobu_0710さん男性

◆大学:土木専攻卒。 ◆不動産会社勤務。  売買以外の、仲介...[続きを見る]

その他の知恵ノート(3件)
花粉症を予防・軽減する方法
隣家との塀に関する問題Q&A
アパート周辺の除排雪の依頼方法

ピックアップ

iPhoneを持って海外に行く時の...
はじめに最近はこの知恵ノートを御覧頂き良く質問も受け付け...
自己流‼︎スマホケース
大体の大きさを測ります。 こんな感じに…(^ ^)左右対象になる...
● ウイルス性胃腸炎 ● から復活...
はじめに 平成23年の大晦日から平成24年の正月にかけて、不幸...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ