ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

初心者が落ちる「青春18きっぷ」の落とし穴

ライターさん(最終更新日時:2016/1/6)投稿日:

  • ナイス!:

    189

  • 閲覧数:892722

印刷用のページを表示する

JRにしか乗車できません。

青春18きっぷ(以下文字数が多いので「18切符」と表記させていただきます)では、たとえJRの車両がそのまま乗り入れていく路線であっても、JR以外の会社の路線には乗れません。別途に乗車券などを買わなければなりません。

 

全ての鉄道がJRではありません。

「そんなことは知っている。バカにするな。」と言われそうですが、意外な落とし穴があります。いくつか例をかあげておきます。(下記は代表的な例です。他にもいくつかあります。たくさんのアドバイスを頂いていますが、きりが無いので以下の4つだけ記載しておきます。)

 

  1. 東北本線
    東京の上野から青森へ向かう東北本線ですが、「盛岡~青森」はJRではありません。
    特例として「八戸~青森」は18切符で乗車可能ですが、「盛岡~八戸」は乗車できません。
    よって、18切符のみでは通過できません。
    どうしても通りたい場合は、別途に3000円近い出費が必要です。
    出費が嫌なら、日本海側を遠回りしなければなりません。(半日以上の時間のロス)
  2. 予土線
    時刻表の鉄道地図の路線図の四国をよく見てください。
    予土線の「窪川~若井(わずか1駅間)」はJRではありません。
    「土佐くろしお鉄道」という会社の路線です。
    ここを通行するためには、別途に200円を支払わなければなりません。
    これを知らずに、この区間を18切符で通行しようとし、乗務員や駅員に指摘され、別料金を徴収されている人を何度か見かけました。
    「土佐くろしお鉄道」もサービス業ですので、強硬な態度に出ることはめったにありませんが、下手をすれば無賃乗車です。
  3. りんかい線
    「埼京線」と「りんかい線」ですが、川越~池袋~大崎~新木場と直通運転をしています。
    このうち「川越~大崎」はJRの路線ですから18切符で乗車可能ですが、「大崎~新木場」は東京臨海高速鉄道という会社の路線です。
    東京テレポートや国際展示場、東京ビッグサイトなど催しがあるときには利用者の多い駅もあり、18切符で下車しようとして揉めているのをよく見かけるとの目撃情報もありました。
    上記同様、下手をすれば無賃乗車です。
  4. 北越急行ほくほく線
    信越本線の六日町駅と上越線の犀潟駅を結ぶ同線は、その両端の駅でJRと直通運転を行しています。そのため、ほくほく線の改札を通過することなく「JR→ほくほく線→JR」と乗車することが可能で、乗り換え無しで越後湯沢方面から直江津方面へ行けるため、大変便利です。
    しかし、この「ほくほく線」は「北越急行」という会社の路線で、ここを通行するためには、別途に970円を支払わなければなりません。
    これを失念するケースがよくあり、そのため同社では、車内に運転士へ精算を申し出る旨の注意書きが掲示されています。
    このことはニュースにもなりました。参考リンク
     

普通・快速(新快速などを含む)列車にしか乗車できません。

たとえ、別途に特急券を買い足しても、特急や新幹線に乗車できません。

特急や新幹線を利用する場合は、「乗車券+特急券」を別途購入してください。
このルールを知らずに「18切符+特急券」で特急列車に乗車して、車内で車掌に強い口調で指摘を受けている人がいました。

前述と同じですが、JRもサービス業ですので、強硬な態度に出ることはめったにありませんが、下手をすれば無賃乗車です。
新幹線は専用改札があるので、そこで止められます。

 

注意

  • 一部例外として特急に乗車できる区間がありますが、話が複雑になることを避けるため、ここではあえて触れません。
  • 興味がある方は、こちらをご覧ください。→参考リンク


普通列車は遅いです。

18切符があれば、日本中どこへでも行けると勘違いしている人がいます。
たしかにそのとおりですが、それは所要時間を無視した考えです。
大都市圏の快速や新快速はたしかに速く、18切符を利用する旅行者には大変便利です。
しかし、それ以外の地域では、ほとんどが普通列車のみです。
例えば、「岡山→下関」は、途中での乗り継ぎのタイミングもよくできていますが、それでも約7時間かかります。
同様に「上野→仙台」は約10時間かかります。
「上野→札幌」は丸1泊2日かかります。

確かに切符代は安いですが、1泊2日の飲食費や宿泊費を考えたら、目的地へ到着までの費用は1~1.5万円程度になり、何のために安い切符を使うのかわからなくなります。
車窓を眺めながら、ゆったりぼんやり旅行したい方にはおすすめですが、それ以外の方にはおすすめできません。
限られた休暇日数の中で、費用と効果の均衡点を考えて、旅行手段を決定すべきだと思います。

 

一切の補償なし

特急券と乗車券を通常どおり購入して行う旅行では、何らかの理由で列車が遅れ、次の列車に乗れなかったり、大きな遅れ(通常の特急は2時間以上)が発生したりした場合、特急券の払い戻しが行われたり、後続の特急へ乗車できる手続をしてくれたりします。
18切符では、こういった補償は一切ありません。
補償も保証も保障もありません。
どんなに旅行計画が乱れても、全て不可抗力と割り切って、自力で回生の手段を講じなければなりません。

余剰資金の無い18切符旅行は自覚のない自殺行為

東京の人が盛岡の友人宅へ18切符で行くと仮定します。
宿泊は友人宅ですので所持金は数千円程度しかないと仮定します。
途中の仙台あたりで列車が止まって、終日運転見合わせとなった場合どうなるでしょう?

余剰資金があれば新幹線に乗車できます。
ホテルに宿泊することもできます。
しかし、お金がなければ、それもできません。
終電時刻を過ぎると駅から追い出され、真冬なら氷点下の街をさまよわなければなりません。
命にかかわる問題ですよね。

余剰資金の無い18切符旅行は自覚のない自殺行為に等しいです。

時刻表が読めない人は、18切符で長距離旅行はお控えください。

前述のとおり、大都市周辺では快速電車があり、18切符の旅行には大変便利です。
しかし、頻繁に人身事故などでダイヤが乱れることも事実です。
ローカル線でも事故でダイヤが乱れることもあります。
そこが目的地周辺ならいいのですが、その先乗り継ぎがあり、目的地はまだまだ先という場合はどうしますか?

そのような場合は多かれ少なかれ混乱状況ですので、多くの乗客が駅員につめかけ、今後の予定をどうすればいいのか質問しています。

駅員があなたのためだけに長時間を割いて、あなたの旅行計画の立て直しをしてくれる状況ではありません。

自分で旅行計画を立て直さなければなりません。
時刻表が読めない人は、18切符で長距離旅行はお控えください。

 

 

注意

  • 旅行にはトラブルがつきものです。
  • 私も18切符での旅行中に、大きな遅延や天災や事故による運転中止を何度も経験したことがあります。
  • そのようなとき時刻表を携行していれば、巻頭の路線図で容易に迂回ルートを探すこともできます。
  • また、私鉄やバス、フェリーなどの路線も掲載されているので、どうしても当日中に目的地へ到着しなければならない場合などは、それらを容易に探すこともできます。
  • スマホ検索の場合、遅延や運転中止などのトラブルが発生した場合、それが検索結果に反映されるのに多少の時間がかかります。
  • 多くの経路検索サイトの注意事項や免責事項の欄にトラブルが発生した場合、検索結果が万全ではない旨の記載があります。
  • すなわち、検索サイト自身がトラブル発生時の検索結果の不完全性を認めているということです。
    トラブル発生時はに、素早く代替交通手段を探し出し、プランの変更を決断することが必要です。
  • スマホの検索サイトにトラブルが反映されるのを待っていては、乗車できるはずだった代替交通手段を乗り逃し、旅行が頓挫してしまうこともあります。

 

 

最後に

18切符で長距離旅行するのは、余剰資金があり、時刻表を携行し、かつ、それが読めるようになってからにしましょう。 

ポイント

  • このノートは、「18切符をまだ使ったことがないが今度初めて使ってみようと考えている初心者の方々」にこの切符のリスクを知ってほしいと思い作成しました。
  • それらの方々の旅行を阻止する意図で作成したものではありません。
  • 今までアルコールを一度も口にしたことがない人が、初めての飲酒で、ウォッカのようなアルコールの強いお酒を大量に飲んだらどうなるでしょうか?
  • 言うまでもなく二日酔いは必至、下手すれば病院行きです。
  • 本当の美味しさなどわかるわけもなく、苦しい記憶しか残りません。
  • ここで言う「強いお酒」とは「18切符の長距離旅行」です。
  • 初めての18切符の旅行で無謀な長距離旅行を計画してしまい、それが大失敗して、大変な経験をしてしまえば、二度とこの切符を使うこともなく、この切符の良さもわからずじまいになるでしょう。
  • (以下は次のヒントへ)

 

ヒント

  • 初めての飲酒では、アルコールの弱いものから始め、徐々に経験を重ねていき、やがてアルコールにも強くなり、強いお酒の味もわかるようになるというものです。
  • 18切符は、利用の仕方によっては大変メリットがある切符です。
  • いきなり長大な旅行を計画するのではなく、最初の数回は日帰りや一泊程度の旅行を計画し、経験や知識を増やしながら、徐々に旅行期間や距離を伸ばしていくようにしてみてはいかがでしょうか?
  • やがて使いなれてきたころには、自然と長距離旅行もできるようになり、この切符の本当に良さもわかるようになると思います。

 

追記

たくさんの方々からアドバイスをいただき本当にありがとうございます。

 

このノートは初心者を対象に作成しました。
よって、複雑になることを避けるために、この切符の例外事項や特例事項についてはあえて触れませんでした。

 

「スマホ(携帯電話)があれば、時刻表は不要だ。」という乱暴な意見をいただくことが多いですが、その件に関してじっくりと考察してみました。

今後、時刻表不要論に関するご意見は、次のノートをご一読のうえ、そちらへご意見ください。

このノートでは時刻表不要論に対するご意見は一切お断り申し上げます。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n251192

 

 

注意

  1. 重箱の隅をほじったり、悪意を感じたりするアドバイスはご遠慮申し上げます。
    善意のアドバイスは大歓迎です。
  2. 新規の「YAHOO! ID」にてアドバイス欄に反論を記入される方がいらっしゃいます。「プロフィール」の「参加日」や「質問の成績」・「回答の成績」の数などを見れば、その方が新規かどうか一目両全です。必ずしも作為がない方もいらっしゃると思いますが、初参加の方が参加と同時にこのようなマニアックなノートを見つけ、そこへアドバイス(主に反論)を投稿される確率は限りなくゼロに近いのではないでしょうか?何かの作為を感じてしまいます。日頃から使っているIDでご投稿ください。・・・と明記しているのにかかわらず、後が耐えないので、今後は無視させていただきます。


 

 


 

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-1

imorituさん

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
iPod入門: 新しいパソコンに i...
iTunesの移転方法はいろいろありますが、簡単に出来る方法を...
本文はここまでです このページの先頭へ