ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

創価学会の大幹部の早世と臨終の相について

ライターさん(最終更新日時:2013/2/11)投稿日:

  • ナイス!:

    104

  • 閲覧数:47729

印刷用のページを表示する

ikeda_shirohisa[1].jpg

             (池田大作氏の次男の城久氏(享年29歳)の葬儀の写真)

 

1 はじめに

 

 創価学会員は、身内の不幸があった家庭に行って「お父さんが亡くなったのは、創価学会に入らなかったからだ」と言ったり、また病気の人のところに行って「創価学会に入って信心をすれば、病気が治る」となどと言って、勧誘をします。

 しかし、創価学会の大幹部の中に、若くして病気で亡くなった方が多数いらっしゃるのはどうしてでしょうか?  また、宗祖日蓮も病気で早世しているのはどういうことでしょうか?

 

 更に、創価学会員は学会員が亡くなると、「成仏の相で亡くなった」などと言い合いますが、彼らの尊敬を集める第二代会長の戸田城聖氏が実は成仏の相で亡くなっていないということをご存知でしょうか?

   

2 創価学会の大幹部の早世

 

 以下は、早世した学会幹部の没年と死因です。

 

ポイント

  • 創価学会大幹部の死因と享年
       池田城久氏
    (池田名誉会長の次男):胃穿孔で死亡(29歳)
  •      戸田城聖氏(第2代会長):会長在任中、心臓衰弱で死亡(58歳)
  •   北条浩氏(第四代会長):会長在任中、心筋梗塞で死亡(58歳)
  •   西口浩氏(副会長):副会長在任中、舌ガンで死亡(53歳)
  •   野崎勳氏(副会長):副会長在任中、胃ガンで死亡(61歳)

  ご覧のとおり、多数の幹部が不幸にも病気になって、若くして亡くなっています。そこで、創価学会に入って信心をすれば病気が治るということは、早世した大幹部はみんな信心をしていなかったということでしょうか? 

 

3 日蓮の早世

nichiren00[1].jpg

                          (日 蓮)


   ちなみに、彼らが『末法の御本仏』と仰ぐ日蓮の場合はどうでしょうか?

ポイント
 鎌倉仏教の始祖の享年

  •   日蓮 60歳
  •   法然 78歳
  •   親鸞 89歳
  •   栄西 74歳
  •   道元 53歳
  •   極楽寺良観(忍性) 87歳

 日蓮 も60歳で病死しており、やはり短命でした。まだ平均寿命の短い鎌倉時代のことですが、それでも、彼が敵視した念仏宗の法然は78歳、その弟子の親鸞に至っては89歳と大変な長寿を全うして大往生しています。同じく日蓮が敵視した禅宗の栄西も74歳と長寿でした(鎌倉仏教の始祖の中で、唯一、道元だけが53歳と、日蓮より早く亡くなっています)。それから、日蓮のライバルだった真言宗の極楽寺良観(忍性)も87歳まで生きました。

 要するに、創価や日蓮の教えを信仰していようが、していまいが、死は不意に訪れます。誰も自分の死をコントロールすることはできないのです。 

 

4 戸田城聖第二代会長の臨終の相

 toda-photo[1].jpg

                   (戸田城聖創価学会第二代会長)

 

 ところで、創価学会員は学会員が早世した場合、「あの人は若死にしたけど、信心のおかげで成仏の相で亡くなったので、来世できっと幸せになれる」などと言って、お互いを励まし合っています。

 

 しかし、戸田城聖創価学会第二代会長の臨終の相をご存知でしょうか?

 

【対談】決して触れたくなかった真実

http://toyoda.tv/taidan.htm

 

 戸田城聖氏の葬式に出席した側近の原島宏治氏(元学会理事長・公明党初代委員長)とその子息の原島昭氏(元聖教新聞職員)の証言によると、戸田氏の亡骸は顔が真っ黒く、口を大きく開けていて、「成仏の相」ではなかったとのことです。

 

 信心が一番強盛であるはずの創価学会会長が、成仏の相で亡くなっていないというのは、どうしたことでしょうか? 要するに、「成仏の相」などというのは迷信であり、信心と死相とは何ら関係がないということです。

 

 ちなみに、創価学会員は原島昭氏は創価をやめて法華講に入っているので、創価を貶めるために嘘を言っているのだと主張するかも知れません。しかし、戸田城聖二代会長は日蓮正宗信徒でもあった訳で、法華講員は池田名誉会長を敵視しても、決して戸田氏を憎んでおらず、今でもある程度の敬意を払っています。ですから、同じ日蓮正宗信徒である戸田氏について原島昭氏が嘘をつく可能性は少ないと思われます。

 

5 最後に


   私は人の死をこのようにあげつらうことはしたくないのですが、人の弱みに付け込んで折伏をしようとしたり、創価学会の批判者が亡くなると喜んで拍手喝さいしているような心ない創価学会員に義憤を感じて、このノートを投稿させていただきます。

 最後に、早世された大幹部の方々のご冥福を心からお祈りいたします。    

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:5-1

niehaotakeruさん男性

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
【扶養内の働き方】103万の壁と...
何故103万円・130万の壁と言われるか?パートで得る所得は基...
Android向けアプリ Yahoo! JAPA...
Yahoo! JAPANウィジェットとは?Yahoo! JAPANウィジェットは...
本文はここまでです このページの先頭へ