ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

Facebook 自分の名前を検索されないようにする方法

ライターdutieuxさん(最終更新日時:2013/2/24)投稿日:2013/2/24 アドバイス受付中!

  • ナイス!:

    6

  • 閲覧数:78618

印刷用のページを表示する

 自分の名前を検索されない方法はありますか?

他人から自分の名前を検索されないようにするにはどうしたらいいか?というご質問をよく見かけます。

 名前検索されない方法は昔はありました

もともとはありましたが今はなくなりました。
(ヘルプセンターから転載)
プロフィール(タイムライン)を名前を使って検索できる人を管理する設定が以前はありました。
あなたの名前と関連する他の手段であなたのプロフィール(タイムライン)を発見できる場合があるため、この設定を削除しました。
たとえば、この設定で[友達]または[友達の友達]を選択しても、検索結果にあなたのプロフィール(タイムライン)を表示しないようにするだけでした。
あなたがタグ付けされている投稿など、他の投稿に関連付けられたプロフィール(タイムライン)へのリンクが、検索結果に表示されないようにすることはできませんでした。
また、勤務先、大学、位置情報など、他の検索語句であなたのプロフィール(タイムライン)を発見されないようにすることはできませんでした。
さらに、あなた固有のFacebookウェブアドレス(ユーザーIDまたはユーザーネームのいずれか)を知っていた人は、あなたのプロフィール(タイムライン)を見つけられました。

 どうしても見られてしまう項目

名前、プロフィール写真、カバー写真 この3つはどうしても非表示に出来ません、すなわち他人から検索されてしまします。

ポイント 名前、プロフィール写真、カバー写真 この3つだけはどうしても隠せません

Facebookの内部では名前は誰からでも検索されてしまいます。そういう仕様であるということはご認識ください。
投稿やプロフィール情報の公開範囲の設定に関しては関係ありません。


ポイント どんなに投稿やプロフィール情報の公開範囲設定をいじっても、名前・プロフィール写真・カバー写真 は隠せません

 それでも検索されない為にどうするか

発想の転換です、名前で検索されてしまうことを前提に考えて それでも自分個人を特定できないようにするのです。

1.名前を英字表示にする
2.プロフィール写真ははっきり顔がわからないようにする
3.プロフィール情報(基本データ)は公開範囲を全部「友達」か「自分のみ」にする
4.友達リストの公開範囲を「友達」か「自分のみ」にする





 


アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 現在アドバイスはありません

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:1-3

dutieuxさん男性

ピックアップ

スマートフォンの料金を極限ま...
※2015/3/8 久々更新。っていうかプロバイダ増えすぎだろ・・...
Twitterでブロックする/される...
ブロックする/されるとどうなるかご存知ですか?Twitterについ...
● ウイルス性胃腸炎 ● から復活...
はじめに 平成23年の大晦日から平成24年の正月にかけて、不幸...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ