ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

2014年ソチオリンピックフィギュアスケート団体戦ルール

ライターさん(最終更新日時:2013/11/16)投稿日: アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

◆日程:2014年2月6~9日

2月6日 19:00~ 男子シングルSP、ペアSP
2月7日 ソチ五輪開会式
2月8日 19:00~ アイスダンスSD、女子シングルSP、ペアFS
2月9日 19:00~ 男子シングルFS、女子シングルFS、アイスダンスFS


◆出場国条件


2013年GPF終了時点の1大会最大獲得ポイントを元に
男女シングル各1名、ペア、アイスダンス各1名の最大獲得ポイント合計を集計し
上位10か国が出場決定


◆対象となるポイントと優先順

①2013年世界選手権
②①で集計できない場合は2013年GPS、GPFも対象
③②でも集計できない場合は2013年四大陸選手権または欧州選手権も対象
④③でも集計できない場合は2013年(ジュニア)世界選手権も対象
⑤でも集計ない場合はジュニアGPFを除いたGPSも対象

注意

  • ※B級大会のポイントは対象になりません


◆獲得ポイント



世選

五輪
欧州

四大陸
世界Jr GPF GPS JGPF JGP IC
1位 1200 840 500 800 400 350 250 250
2位 1080 756 450 720 360 315 225 225
3位 972 680 405 648 324 284 203 203
4位 875 612 365 583 292 255 182 182
5位 787 551 328 525 262 230 164 164
6位 709 496 295 472 236 207 148
7位 638 446 266
213 133 133
8位 574 402 239
191 120 120
9位 517 362 215


108
10位 465 325 194


97
11位 418 293 174




12位 377 264 157




13位 339 237 141




14位 305 214 127




15位 275 192 114




16位 247 173 103




17位 222 156 93




18位 200 140 83




19位 180 126 75




20位 162 113 68




21位 146 102 61




22位 131 92 55




23位 118 83 49




24位 106 74 44




合計 11,043 7,729 4,601 3,748 2,278 1,994 1,630 1,024



現在出場資格を得ている国はこちら(12カ国)



  • ○2013年ワールドにて4種目で出場権獲得
    →アメリカ、カナダ、ロシア、フランス、ドイツ

    ○ネーベルホルン杯で4種目獲得できた国
    →中国(アイスダンス)、ウクライナ(男子シングル&ペア)、
    イタリア(男子シングル)

    ○ネーベルホルン杯で3種目の出場権獲得
    日本(アイスダンス)、イギリス(ペア)、
    オーストラリア(男子シングル、女子シングル、アイスダンス)、エストニア(ペア)
  • ※()内は最終予選で獲得した種目


※エストニアの国が抜けてました。

ワールドで男女シングルが個人戦出場権獲得、ネーベルホルン杯にて

ペアが個人戦出場権獲得です


【追記】

『エストニアが国籍問題によりペアの出場権を返上するかもしれない』

という情報がありました

http://news.err.ee/sports/dd322d20-4720-496f-8e6e-222fc6795753

これが事実なら日本の高橋&木原組が繰り上げ4位となり

個人戦の出場が可能となりますがまだ予断を許せない状況です


GPS開始前の集計による獲得ポイントランキングはこちら

1.カナダ 1200+574+972+1080=3826 
2.ロシア 551(ユーロ)+756(ユーロ)+1200+972=3479
3.アメリカ 638+787+680(4CC)+1200=3305
4.イタリア 1080+680(ユーロ)+875=2635(男子はポイント無し)
5.フランス 756(ユーロ)+418+612(ユーロ)+709=2495
6.中国 680(4CC)+638+787+362(4CC)=2467
7.日本 875+972+446(4CC)=2293(ペアは現在ポイント無し)
8.ドイツ 418+362(ユーロ)+1080+496=2356
9.ウクライナ 192(ユーロ)+275(ユーロ)+293(ユーロ)+305=1065
10.イギリス 162+325+551=1038(男子はポイント無し)
11.オーストラリア 102(4CC)+264(4CC)+402(4CC)=768

12.エストニア 131(ユーロ)+247=378(ペアはポイント無し)



◆チーム編成

男女シングル各1名とペア、アイスダンス各1名より3種目以上。
各国1名チームキャプテンを決めること


◆出場選手条件

・エリジブル資格を有している
・2013年7月1日までに満15歳を迎えたシニア資格を有している
・個人戦出場権を獲得している
エントリー締め切りの2014年1月27日までに
ISUが指定した技術点ミニマムスコアをSP、FSともにクリアしている

(技術点ミニマムスコアは2013年四月にISUより発表される)


※1) 3種目で団体戦出場を決めた場合は、残る1種目は五輪シーズンに設定される
技術点ミニマムスコアをクリアしていれば個人戦に出場できなくても
団体戦メンバーとして出場可。

※2) 日本は2013年世界選手権においてペアの出場権がなく
アイスダンスも五輪出場権を逃したため、この2種目において
2014年9月開催のネーベルホルン杯最終予選にて個人戦出場をかけることになりますが
どちらかで個人戦出場権を獲得し、上位10か国に入ることができれば
残る1種目に関しては技術点ミニマムスコアをクリアするだけで
『団体戦追加メンバー』としての出場が考慮されることになります

※3) 男女シングルにおいて日本はそれぞれ3枠獲得しています
仮に個人戦代表メンバーが
男子シングル;高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦、
女子シングル:浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子
だった場合
最大獲得ポイント最上位選手が望ましいですが
このメンバーの中であれば団体戦出場選手を決めてよいことになっています


ISU communication 1797にてミニマムスコアが発表になりました

男子シングル・・・SP 25.00  FS 45.00
女子シングル・・・SP 20.00  FS 36.00
ペア・・・・・・・・・・・SP 20.00  FS 36.00
アイスダンス・・・・SD 18.00  FD 28.00

2014年のエントリー締め切りまでに技術点でこのスコアを上回ることが求められます



◆選手登録

複数枠出場権を取っている種目に関しては交代要員を含め
事前に複数選手登録することができる
(交代選手は個人戦出場選手に限られる)

※日本の場合ペア、アイスダンスは出場権を獲得できても
派遣できる選手は1組しかありませんのでこの2種目に関しては選手交代ができません
男女シングルのみになります
たとえば女子シングルに関してミスの比較的少ない村上佳菜子選手をSP代表選手に
FSで基礎点の高い浅田真央選手をFSで選手交代
ということも可能です

但し
五輪戦団体戦登録メンバーに
「男子シングル:高橋大輔、羽生結弦、小塚崇彦
女子シングル:浅田真央、鈴木明子、村上佳菜子」
と登録しておくことが必要です

「男子シングル:高橋大輔、女子シングル浅田真央」などと
1名ずつしか登録していない場合は
たとえ個人戦出場選手が複数いても交代は認められません


◆滑走順

SP→ランキング下位の出場国から演技開始
FS→SP終了時点で順位が下位の出場国から演技開始


◆団体戦で獲得できる順位ポイント

出場しない種目に関してはポイント無し。
順位をポイントに換算し1位10P、2位9P・・・と
順位が下がるごとにポイントが1ずつ下がる。
最大獲得ポイントは「10」、最下位10位では「1」。

SPを終えた時点の暫定合計ポイントで上位5か国がFS進出
FSを終えた時点の4種目(または3種目)合計Pでメダル確定。
たとえばSPで男女シングル、ペア、アイスダンス全ての種目でカナダがトップになり
FSを終えた時点でも全種目で同国がトップになったとしても
1か国で獲得できる最大獲得ポイントは「10P×4=40P」で
それ以上のポイント上積みはありません


◆タイブレーク

①最多獲得2種目の合計獲得ポイント
②①でも並んだ場合は最上位2種目の総得点
③②でも並んだ場合は最上位3種目の合計獲得ポイント
④③でも並んだ場合は最上位3種目の総得点
⑤④でも並んだ場合は同順位とする


◆メダルと入賞の表彰状


1位金メダル、2位銀メダル、3位銅メダル。4~8位は入賞とする。
授与対象:SP、FSの二つのセグメントのどちらかで
実際に演技をした選手全員

(SPとFSで選手交代を行った場合どちらの選手にもメダルや証書が与えられる)

出典:QUALIFICATION SYSTEM FOR XXII OLYMPIC WINTER GAMES, SOCHI 2014
http://corporate.olympics.com.au/files/dmfile/ISU_FigureSkating_Sochi2014_QualSystems_Dec2011_web.pdf#search='ISU+QUALIFICATION+SYSTEM+FOR+XXII+OLYMPIC+WINTER+GAMES,+SOCHI+2014'

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2013/09/29 12:34:51

    yamato_0710さん

    こうしたらどう?

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

自己流‼︎スマホケース
大体の大きさを測ります。 こんな感じに…(^ ^)左右対象になる...
【裏技】レンジでできる!フレ...
 はじめに「浸す時間無しでフレンチトーストが食べたい!」そ...
≪デキる男のスーツ道場≫ネクタ...
 はじめにデキる男はネクタイの巻き方もサマになっています。...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ