ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

スーツのメンテナンスとクリーニングについて

ライターさん(最終更新日時:2014/9/1)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:6484

印刷用のページを表示する

ご覧頂きまして、ありがとうございます。

新年度も2ヶ月が過ぎ、新入社員も配属先がきまり、職場に慣れてきた頃ですね。

知恵袋を見ていると、スーツの手入れ方法が判らない、クリーニングの頻度は?
という質問をよく見かけます。
特に5月は、異動や転職でスーツを着るようになった方や新入社員、就職活動の学生さんからの質問が多いですね。また衣替えの季節だから、かもしれません。

そこで、スーツのメンテナンスについて纏めてみました。
参考にして頂ければ幸いです。

なお、ここで紹介する方法は、あくまでも実用的スーツのメンテナンスです。
超高級素材を使用した超高級スーツの場合は、購入したショップにメンテ方法と保管方法を確認して実施してください。
何かあっても、当方は責任とれませんので、悪しからず。

〇スーツのローテーションとメンテナンス

1.スーツは1シーズンに最低3着を着回す

 スーツを長持ちさせたいなら、着数は多ければ多いほどよいのですが、限りあるスペースをやりくりする必要がある我々サラリーマンは、贅沢いえません。
合服やジャケットなど入れれば、あっという間に10着近くになるでしょうから、メインのスーツは1シーズン3着、年間6着準備しましょう。
これだけあれば、これからご紹介する方法は可能です。
ご自身のクローゼットの中身を思い浮かべながら、お読み下さい。


2.スーツのローテーション

手持ちのスーツをA,B,Cと名付けます。
まず1日目にAを着ます。帰宅したら、後述する日常のメンテナンス(以下、日常メンテ)を施して、2日目はBを着ます。2日目帰宅したら、Bにも日常メンテを施して、3日目はCを着ます。
4日目はAを、、、以下繰り返し。
これで、スーツを2日休ませることができます(1勤2休)。
この1勤2休がとても大切なのです。

3.日常のメンテナンス

日常メンテは、パートナーにお願いしても良いですが、自分の服ですからご自身でやるとスーツに対する愛着も湧きます。

①肩幅が合っている厚みのあるハンガーに掛ける
②ブラッシングで埃を落とす
③背中やパンツの膝裏などシワが目立つ箇所に霧吹き
④クローゼットに仕舞わず、日の当たらない部屋のどこかで陰干し
 
これだけです。日常のルーチンワークの中に組み込めば、大した手間ではありません。
帰宅して、カップラーメンのお湯を沸かす間にできちゃいます。
ちょっと時間が足りなかったら、、、そうですね、何かをチンしましょう(笑)
つまり何かをやりながら、片手間でできてしまうことです。

各項目を少しだけ解説します。
①ジャケットは肩が命と云われます。肩が崩れたスーツはだらしなく見えるだけでなく、着心地も悪くなり、身体にかかる負担が大きくなり、疲れやすくなったり肩こりの原因にもなります。
スーツ購入時についてきたハンガーではなく、ちょっと値が張りますがハンガーの厚みが6cm程度ある木製のハンガーを購入しましょう。
値が張ると言っても2000円程度で買えます。購入の際は、スーツの肩幅と合っているか確認してからにしましょう。

②スーツは毛織物です。細かい網目がありますから、そこに埃が溜まります。この埃が溜まると虫が涌く原因となりますので、丁寧にブラッシングするように心掛けましょう。
エチケットブラシは表面の埃しか除去できませんので、50点です。

③④はウールの復元作用を助けるためのものです。これで細かいシワは除けますので、毎日アイロンを当てる必要はありません。

コレでスーツの寿命は格段に延びます。
スーツの着数が多いほど休息時間が増えますので、スーツの傷みが少なくなり、長く着られるようになります。しかもさほどよれよれにならず、ずっとビシッと決まるスーツのまま、着ることができるでしょう※

※ある程度、値段が高いスーツであることが必要です。といっても十万円もするスーツでなくても構いません。3~6万円くらいでお考えください。
さすがに1万円スーツでは、見た目を保つのは難しいでしょう。


〇スーツのクリーニング

ご紹介した日常メンテと保管を実施していれば、スーツのクリーニングはあまり必要ありません。
激しいシミや大雨でびしょ濡れにでもならない限り、1シーズンに1回(夏場は2回)で充分です。
 
え?汚い!と思った方(特に女性)も多いかと思います。
しかし、スーツというのは正しい着方をしていれば、肌に直接触れる場所はあまりないのです。
つまり、皮脂が付着することはないので、石油系の溶剤を使うドライクリーニングは必要ないと云っても過言ではありません。
逆にクリーニングをし過ぎると、生地が傷み、耐用年数が落ちてしまいます。
 

主人のスーツは、エリや袖口が皮脂でテカっているから、クリーニングしたらキレイになって戻ってくるけど。。。
皮脂でテカっているなら、クリーニングに出すしかないですが、ドライクリーニングで皮脂汚れと一緒に落ちるものがあります。
ウールの繊維をコーティングしている脂分です。
天然のウール繊維をコーティングしている脂分は、ウールの風合いや性能を保つために必要不可欠なものです。
ドライクリーニングは、これを脱脂してしまいます。
生地を傷めるというのは、こういう訳です。

半年も着れば、それなりに皮脂汚れも付着しますので、シーズンの終わりにクリーニングに出すことは悪い
ことではありません。オフシーズンの保管中の虫喰いやカビを防ぐためにもクリーニングは必須ですが、月1回では出し過ぎですし、週1回などお金を出してスーツを傷めているようなものです。
とうしてもクリーニングに出したいなら3か月に1回が目処でしょう。


●まとめ

スーツのメンテナンスは日常のメンテ①~④で充分。
クリーニングは、半年に1回(汚れが酷い場合は、なるべくシミ抜きだけで依頼する)


毎年、毎シーズン、スーツを買い換えていた方、これでスーツ代のみならず、クリーニング代も節約できますね。
ハンガー代など初期投資が若干必要ですが、節約分と比べれば大したことはないし、ハンガーはずっと使い続けられることを考えれば、コストパフォーマンスは高いと思います。
節約できたお金をどう使うかは、個人の自由ですが、小生としては貯金しておいて5年後にちょっと良いスーツをオーダーしてみると、また違う世界が拓けてくると思いますよ。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:1-3

naporitan_yuさん男性

ピックアップ

iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
スマートフォンを海外に持って...
はじめに最近はこの知恵ノートを御覧頂き良く質問も受け付け...
編み込みのやり方が分からない...
編み込みは、表編み込み・裏編み込み・ゆる編み込みなど・・...
本文はここまでです このページの先頭へ