ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

海外旅行/最もお得な外貨両替方法は

ライターさん(最終更新日時:2014/11/6)投稿日:

  • ナイス!:

    18

  • 閲覧数:72816

印刷用のページを表示する

 kaigairyokou1.png

  はじめに


海外旅行に行くなら避けて通れないのが外貨両替。
行ったことがある人ならわかると思いますが、外貨両替には手数料が必要で、これが案外馬鹿にならない。何とか安く済ませる方法はないものか。

このノートでは筆者がいろいろ試してみた結果をもとに、
一番お得な両替方法について検証していきます。

ポイント トラベラーズチェックについて

  • 現金の両替に比べ交換比率がよく、所定の手続きを踏んでおけば紛失や盗難時に再発行できることから、1900年代後半に海外旅行のファーストチョイスとなっていたトラベラーズチェックですが、国際キャッシュカードやクレジットカードの普及で徐々に取扱が減少。2014年3月には最後の牙城となっていたアメックスが日本国内での販売を終了しました。
  • 無理をすれば買えないことはないですが、「お得」とは言い難いものになってしまいましたので、このノートでは扱いません。




その1

 まずは銀行で両替してみる


どうなれば「お得に両替できた!」と言えるのか。
まずは比較対象となる銀行での両替について紹介します。
筆者の場合はイギリスへの旅行だったため、通貨はポンド
(1ポンドは170円前後:2014年3月現在)

為替レートは1ポンド170円ですが、私たちが両替をする場合、為替レートで両替できるわけではありません。

三菱東京UFJや三井住友銀行などは為替レートに手数料などを乗せた「両替レートを設定しており、この両替レートを使うことになります。

両替レートを低く設定する代わりに別途手数料を取ったり、
両替レート+手数料を取ったりと銀行によってさまざまですが、

このノートではわかりやすくするため
為替レートとの差額 = 手数料

として検証していきます。

これを前提に銀行で両替しようと思った場合、
1ポンド当たりの手数料(為替レートとの差額はいくらになるでしょう。


おもだった銀行を調べてみると。。。

三菱東京UFJ銀行 12円程度
三井住友銀行    13円程度
ゆうちょ銀行     12円程度

なかなか高額です。

1~2ポンドならいいですが、現地の物価は1ポンド=100円くらいの感覚なので
(500ミリペットボトルのジュースが平気で1.5ポンドとかで売ってます)
ある程度まとまった金額がほしいところ。
しかし、銀行で両替すると500ポンドで6000円。
1000ポンドなら12000円も手数料でとられてしまいます。

駅前などある程度大きな店舗であれば両替に応じてくれ、空港内にも支店があるなど、利便性は非常に高いものの、この金額はかなり厳しい。
代替方法を探す決意を強くさせる結果となりました。


 結論
 手数料 × 1ポンド当たり12~13円で最も高い 
 手間   ◎ 空港内でも両替できてとっても便利




その2

  FX口座を使った両替は本当にお得?


何とか手数料を安く済ませたい。とりあえずネットで検索してみることに。
「両替、お得」で検索すると、必ずと言っていいほどこの方法が紹介されています。
紹介サイトには通常の銀行では考えられないほど格安な数字が出てきます。

FX口座で両替すると手数料はなんと 1ポンド当たり0,2~3円!!

格安です。

そんなに安いなら、とりあえずやってみようということで、
試してみると、これがなかなか手順が多い。


(1)FX口座を作る

ネットで申し込み、送られてきた書類に必要事項を書き込むだけで、簡単に口座を開設できました。


(2)作ったFX口座にお金を入れる

上記で挙げた銀行など、通常使っている銀行から振り込む形になります。
窓口などから振り込もうとすると 当然振込み手数料がかかります
この時点でお得度が怪しくなってきますが、ネットバンキングなら手数料がかからないところもありますので、まだお得としておきましょう。


(3)円→ポンドに交換

操作は簡単で、特に問題はありません。
ただ、100通貨からなどの条件がある場合もありますので、注意は必要です。
ともあれ、これで円からポンドへと交換することができました。
しかも手数料は1ポンド当たり0.2円!!

後は手元に戻すだけです!!


(4)両替した通貨を出金する

FX口座に入っているポンドを出金するわけですが、

FX口座から直接引き出すことはできません!

一旦三菱UFJ銀行などに送金し、そこから引き出す必要があるとのこと。
しかし、普段我々が使っている普通預金口座では外貨を受け取ることができません。

そこで、外貨預金口座を開設する必要があります

この外貨預金口座に送金し、ようやく窓口で出金(現金化)という手順になります。FX口座から出金する際の手数料は無料とするところも多いのですが、
問題は受け取る側の銀行の手数料

三菱東京UFJの場合は1000円以上とられます

仮に1200円と仮定した場合、

普通に両替した際の手数料が1ポンド当たり12円ですから、
100ポンド以上両替してやっとトントンになる計算です。

100ポンドは1万7千円。5万円程度両替するならお得かな?と思いきや、


(5)実際に窓口に行って出金する

ようやく自分の外貨預金口座に入った外貨を引き出そうとすると、(米ドルの場合はATMでも可)なんと 1ポンド当たり10円の出金手数料 を取られます。

。。。。。。。

もうお分かりでしょうが、10万円程度の両替の場合、とてもお得とはとてもいえません。

出金手数料がもっと安い銀行(FX口座押しのサイトでよくシティバンク銀行が紹介されていますが、手数料が安い代わりに口座維持費として月2000円以上とられます)があるかもしれませんが、

これほどの手間を押してでもする価値があるかは正直疑問です。


 結論
 手数料 △ 1ポンドあたり7~12円程度。大金を両替する場合はお得になるか? 
 手間   × 口座を2つ開設し、送金、入金とかなり面倒




その3

 お手軽!チケットショップでの両替


頭がこんがらがってしまったのでもう少し手軽に得したい

銀行以外で両替ができる場所を探してみると、チケットショップに行き着きました。
行ってみると、特に面倒な手続きはなく、銀行のように店頭で交換するだけ。

例えば大手の「大黒屋」で見てみると
レートは 1ポンド当たり8円程度 と、銀行よりは安くなっています。

ただ、

「両替をしている店舗数が少ない」。
「ドル、ユーロ以外の通貨はさらに少ない」

など、利便性にはやや難があります。
とはいえ、近所にそういった店舗がある人なら、有効な手段であると思われます。

 結論
 手数料 ○ 1ポンド当たり8円程度。銀行より安く済む  
 手間   △ 両替可能な店舗が限られている



その4

  結局クレジットカードが1番便利!? 


ryougae2.pngFX口座での両替は非常に煩雑。チケットショップを使えば、ある程度安く換金することはできますが、どうしても環境に左右されてしまいます。

ここは両替にこだわらず、現地でクレジットカードを使うとどうなのかを検証してみます。


(1)クレジットでショッピング

海外でクレジットカードを利用した場合、加盟店が現地通貨建てで地元のカード会社などに代金を請求し、そこから日本のカード会社に請求が来る流れになっています。

この段階で円換算し、カード所有者に請求が来る流れになるため、請求額は必ずしもカードを使った日の為替レートで換算されるわけではありません。とはいえ、急激にレートが変わることは考えにくいので、ここではスルーして考えます。

さて、 肝心の手数料 ですが、カード会社によってばらつきはあるものの、
利用料の1.5~2%程度と、 現金の両替に比べてかなり安く なっています。
1ポンドが170円とすれば、3円程度と、両替の半額程度ですむ計算です。

年会費無料でも海外旅行保険が自動付帯するカードもあるので、利用可能なところでは、カードを使うのが賢明な選択と言えるでしょう。




(2)クレジットカードでキャッシング
 
ようやく簡単(なにより大事)!かつ有利な方法を見つけることができましたが、カードが使えない場所もあるので、やはり現金は欲しいところ。
そこで、クレジットカードを使ってATMなどで現金を引き出せるキャッシング機能を試してみることにしました。

この機能は、海外のATMでも使うことができ、簡単に現地通貨を引き出すことができます。

キャッシングには基本的に手数料がかかりませんが、その代わり、年率で18%程度の「利息」を請求されます。年率は18%ですが、ほとんどのクレジットカードの引き落としが2ヶ月以内ですので、

日割りすれば利息は1.5~2.5%程度。

1ポンドが170円とすれば、4円程度と、こちらも十分に魅力的な数字です。当然ATMは英語表記、日本とは多少違う部分もありますが、それさえクリアできれば一番手軽な方法かもしれません。


注意

  • 筆者は経験がありませんが、海外のATMでは、カードを呑み込まれる(返ってこない)こともあるようです。当然ATMに記載されている電話番号などに連絡すれば返してもらえますが、英語が苦手な人にはキツイかもしれません。。。
  • カードによっては、このようなときに日本語対応してくれるヘルプデスクがありますので、出国前に連絡先を調べておくと安心です。



 結論
 ショッピング
 手数料 ◎ 銀行での両替の半額程度
 手間   ○ ほとんどの店で使用できるが、小さい商店では使えないことも

 キャッシング
 手数料 ◎ 銀行での両替の半額程度
 手間   △ 対応していないATMもある。英語が苦手だと操作に迷う可能性も  




番外編

  裏ワザ!!三越でお買いもの


厳密には「両替」ではないので、今回の方法からは外しましたが、非常に便利、かつ面白い方法なので裏技として紹介します。

海外の主要都市には大体「三越」が存在しています。この三越ではなんと、

日本円で買い物をし、お釣りを現地通貨で受け取ることができます。
しかも手数料がクレジットカード並みに安いです。

まあ、あくまでも「お釣り」ですので、大きな金額を両替することはできませんが、旅の終盤、ちょっとした現金が足りなくなってしまったときなどに便利ですので、知っておいて損はありません。

ただ、筆者が利用したロンドン三越は残念ながら撤退してしまいましたが。。。。



 まとめ

 両替表.png

ネット上ではFX口座を利用した両替がやたら目に付きますが、結果としては微妙です。結局はクレジットカードを利用することが一番賢いやり方でしょう(クレジットは偉大なり)。
もちろんクレジットが使えない店もありますから、少額の現金は必要です。

①基本的には現地でクレジットを利用。

②現金は出発前にチケットショップなどで1~2万円ほど両替しておき

③足りなくなったらクレジットキャッシングか、三越でお土産を買って補う

というのが賢いやりかたと言えるでしょう。

補足:海外・国内旅行保険が付くカードについて



このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【パズドラ】無課金プレイで強...
無課金で、あまり無茶なリセマラをせずにパズドラで強くなり...
Androidの標準ブラウザーでYaho...
 はじめにAndroidの標準ブラウザーの検索窓で、Yahoo!検索を...
幼稚園の補助金について -私立...
この知恵ノートについて 私が幼稚園の補助金、「私立幼稚園就...
本文はここまでです このページの先頭へ