ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

ゲーム実況動画(プレイ動画)の作り方

ライターさん(最終更新日時:2015/2/16)投稿日:

  • ナイス!:

    107

  • 閲覧数:686007

印刷用のページを表示する

 


「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが、普通の「プレイ動画」や「ゲーム生放送」に関してのキャプチャ方法についても参考にどうぞ。

ゲームの実況動画は大きく分けて2種類あります。
それは、
・PCゲームの実況動画
・TVゲームの実況動画(ゲームボーイ、PSPを含む)
です。
この2つは、作り方が全然違うので、それぞれの作り方を別々に説明します。

 

基本的には生声実況の方法を説明しますが、ゆっくり実況の方法もしっかり説明します。

目次
■ゲームの著作権について
■PCゲームの実況動画を作る方法

■スマートフォンゲームの実況動画を作る方法
■TVゲームの実況動画を作る方法
    ・PS2、PS3、Wii、WiiU、Gキューブ、N64、XBOX、PSP-3000、のキャプチャ方法
    ・PSP-2000のキャプチャ方法
    ・ゲームボーイ系のキャプチャ方法
    ・PS3、PS4、XBOX360、WiiU等をハイビジョンキャプチャする方法
    ・遅延対策(タイムラグ対策)の方法
    ・AviUtlを使わない簡単な方法
■ゆっくり実況動画の作り方
■実況用のマイクについて
■生放送をする場合について



■ゲームの著作権について



まず、理解しなくてはいけない著作権についてです。
ゲームには著作権があり、本来は実況プレイ動画は著作権法違反の動画です。
権利が放棄されている訳ではないので、いきなり実況動画が削除されたりする場合もあります。
しかし、権利者であるゲームメーカーの殆どは、「そういう遊び方も有っていい」という見解の元、動画の存在を許している状態です。
大抵は、ゲームへの尊重が有れば、旧作なら許されているのが現状です。また「新作ゲームは1~2ヶ月の間は動画としてUPしない」というのが、実況者の内での暗黙のルールとなっています。新作をすぐに動画にしてしまうと、ネタバレやメーカーへの営業妨害の側面が出てくるからです。守ってない人も多いですけどね。中にはフライングゲットして実況生放送をして訴えられた例もあります。

 

最近では「ぷよぷよ」や「ドラクエX」などの様にプレイ動画の動画サイトへの投稿を許可しているゲームタイトルも発生してきています。もしかしたらゲームの著作権と動画の関係性は徐々に楽しい方向へ移行しているのかもしれません。

 

全ての権利はゲーム会社にあります。実況動画という存在はそこにお邪魔しているものと肝に命じる必要があります。


■PCゲームの実況動画を作る方法



PCゲームで実況動画を作る場合は、
俗に「デスクトップキャプチャ」と言われるソフトウエアを使います。
これでPC画面をそのまま録画します。

キャプチャソフトは「アマレココ」がお薦めです。フリーソフトです。
※AMVコーデックが必須ですが、”無料”で使えます。ロゴも無料で消せます。


現在、アマレココの機能は、アマレコTVに引き継がれて開発されていますが、

アマレコTVの場合は、無料のままだとロゴが消えません。

アマレココは今後の更新は期待は望めませんが、機能的にも性能的にも大満足だし、バグも無いし、ロゴも消えるので、私は、アマレコTVではなく、アマレココをお勧めします。


↓アマレココのインストール方法と使い方
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21762549
http://www.youtube.com/watch?v=l_Cm6aHZb3Y&hd=1

 



アマレココで撮った場合、動画ファイルは超巨大なAVIファイルと成ります。これはキャプチャに特化させるために動画圧縮を殆どしていない状態のデータです。
これを、ニコニコ動画なり、YouTubeなりにアップロードしやすい形式に、「動画変換」する必要が有ります。
簡易的に変換するならソフトは、「つんでれんこ」がお薦めです。
http://dl.dropbox.com/u/136728/nicoenc.html

つんでれんこは、基本的にはニコニコ動画用ですが、YouTubeにもUP出来ます。


つんでれんこよりも、ちゃんと変換したい、
または、動画編集をしたい場合は、
AviUtlを使うことをお勧めします。
インストールが面倒なソフトですが、フリーソフト使いには御用達なソフトです。
以下を参考にどうぞ。

↓AviUtlの使い方、編集方法
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n2079



 


■スマートフォンゲームの実況動画を作る方法


まず、PC画面にスマートフォンの画面を表示します。

そして、スマートフォン上でゲームを起動してプレイ。
それを、PC画面録画ソフトを使って、録画すれば「プレイ動画」の完成です。
PCにマイクを繋いで、しゃべりながら行えば「実況動画」の完成です。
こちらのページも参考にどうぞ。

 

 

ミラーリングケーブルを使う方法
Androidの場合、「ミラーリングケーブル」というもの使うと簡単に出来ます。

形状は「USBケーブル」に似てますが、全くの別物なので注意。
これで、AndroidとPCを繋ぐと、簡単にPCにAndroid画面が出てきます。

 

アプリUSBケーブルで行う方法
iPhoneやAndroidにミラー用アプリを入れて、
USBケーブルで繋いでミラーする方法です。

アプリは「Reflector」(13$)または、「AirServer」(15$)というのが有名なようです。

英語アプリです。
無料のままでも使えるのですが、使用時間や使用期間などの制限が有ります。入金すると制限がはずれます。

つまりほぼ有料です。

 

 

あとは、録画するだけ!

「ミラーリング」を行うと、スマホの画面がPCにも表示されるようになります。

操作は、PC上でもスマホ上でも出来ます。

 

「録画」の方法は、「PCゲームの録画方法」と全く同じです。
「アマレココ」などを使って録画しましょう。 

 

 

■TVゲームの実況動画を作る方法


ゲーム機大集合 TVゲームで実況動画を作る場合は、
「ビデオキャプチャボード」という機械が必要です。

ゲーム機から出力するビデオ端子の種類によって、使うキャプチャボードの種類が変わります。
ビデオ端子は主に、コンポジット端子、S端子、コンポーネント端子、D端子、HDMI端子が有ります。

普通はコンポジット端子またはS端子を使いますが、ハイビジョンキャプチャをする為に、コンポーネント端子、D端子、HDMI端子でキャプチャする場合も有ります。







PS2、PS3、Wii、WiiU、Gキューブ、N64、XBOX、PSP-3000、のキャプチャ方法



PS2、Wii、ゲームキューブ、N64、スーファミ、新ファミコン等は、以下の方法がお薦めです。
PSPは、タイプが「PSP-3000」ならこの方法で可能です。「PSP-2000」は不可能です。「PSP-2000」のキャプチャ方法については次の項をご覧ください。
PS3、XBOX360、WiiUは、ハイビジョンキャプチャをしないなら以下の方法がお薦めです。ハイビジョンキャプチャをしたい場合は、後述の「ハイビジョンキャプチャ」の項をご覧ください。

この項目は、一般的な方法である、コンポジット端子またはS端子を使った方法について説明します。


お薦めのキャプチャボードはGV-USB2です。
お薦め理由は、ソフトウエアエンコードである事、ネット上に設定例の紹介が多い、そして値段が手ごろだからです。私も使っていて具合が良いです。
その辺を気にしない場合は、PCA-DAV2SD-USB2CUP5PC-SDVD/U2GなどでもOKです。

キャプチャソフトはフリーの「アマレコTV」を使う事をお薦めします。
具体的な方法は↓こんな感じです。
「TVゲームの実況動画を作る方法(アマレコTVの使い方)」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14368080
http://www.youtube.com/watch?v=no5Cr31F1lA

↑この説明動画では動画編集にAviUtlを使っていますが、むずかしいと感じる場合は後述する「AviUtlを使わない簡単な方法」を行ってください。

 

AviUtlを使って完璧に作りたい場合は、以下のページを参考にどうぞ。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n2079



ゲーム機とキャプチャボードとの接続は、ゲーム機に付属しているコンポジット端子でキャプチャ可能ですが(PSPには付属してまいせん)、画質を気にする場合は、別売りのS端子ケーブルを使用することをお薦めします。
PSPの場合は必ず「PSP用S端子ケーブル」が必要です。

※遅延(タイムラグ)が気になる場合は下記「遅延(タイムラグ)対策の方法」をご覧ください。






PSP-2000のキャプチャ方法



PSP-2000は、PSP-3000と違ってゲームプレイ映像をS端子出力する事が出来ません。コンポーネント端子またはD端子じゃないと出力出来ません。ハイビジョンじゃないのに。(プログレッシブ出力しか出来ないってのが理由です)
よってこの様なキャプチャ方法が必要と成ります。

お薦めキャプチャは SD-USB2CUP5(必殺2!捕獲術)です。
コンポーネント端子で接続する為に「PSP用コンポーネントケーブル」も必要です。
これらを揃えることでキャプチャが可能に成ります。

 

あとは、基本的には上記

「PS2、PS3、Wii、WiiU、Gキューブ、N64、XBOX、PSP-3000、のキャプチャ方法」
と、やるべきことは同じです。

SD-USB2CUP5を「アマレコTV」で使う為の設定は、以下を参考にしましょう。
PSP-2000をキャプチャする場合は「D2接続」です。その設定を行いましょう。
http://amamaman.web.infoseek.co.jp/amarectv/manual/kakuninnzumi.htm#SDUSB2CUP4

※遅延(タイムラグ)が気になる場合は下記「遅延(タイムラグ)対策の方法」をご覧ください。






ゲームボーイ系のキャプチャ方法



「ゲームボーイ系」とは、
  ・ゲームボーイ
  ・ゲームボーイカラー
  ・ゲームボーイアドバンス
の事とします。

ゲームボーイ系のゲームを実況したい場合は、ゲームキューブと、ゲームボーイプレーヤーというのを使って、ビデオキャプチャしましょう。

ゲームキューブに、ゲームボーイプレイヤーをセットし、
ゲームボーイプレイヤーに、ゲームボーイ系のゲームソフトをセットします。

なんと!ゲームボーイの本体は必要ありません。

そしたら、あとはゲームキューブのキャプチャ方法と同じです。
上の項目でも紹介した「PS2、PS3、Wii、Gキューブ、XBOX、PSP-3000、のキャプチャ方法」を参考にして動画作成を行ってください。







PS3、PS4、XBOX360、WiiU等をハイビジョン(HD)キャプチャする方法




まずは、ゲーム機からのビデオ出力を、コンポーネント端子、D端子、HDMI端子のどれかにする必要があります。
PS3、XBOX、WiiUはそれらの出力に対応しています。

PS4は、HDMI端子のみに対応しています。

ハイビジョン(HD)キャプチャをする場合はパソコンの種類によって使用する機器が変わってきます。具体的に言うと、デスクトップPCノートPC画面一体型PC、これらで使える道具が違ってきます。
またパソコンの性能によっては、HDキャプチャが出来ない場合があります。主にCPU性能です。パソコンの仕様を確認してみましょう。


 


※ちなみに、PS3のHDMIキャプチャはちょっとだけ困難です。(詳しくは後述)
※XBOXのHDMIキャプチャは普通に出来ます。
※PS3をHDMI以外でHDキャプチャする場合は普通に出来ます。

CPU条件に関して


キャプチャ機器には、ソフトエンコハードエンコのタイプが有ります。


ソフトエンコタイプの方が何かと扱いやすいので、CPUが十分なら、出来ればソフトエンコタイプを使った方が良いです。ただ、
非力なCPUを積んだPCだと、ソフトエンコタイプのHDキャプチャ機器を扱う事が出来ません。非力な場合は、ハードエンコタイプがお勧めです。
PCに備わっているCPUが、Core2Duo、Core2Quad、Corei3、Corei5、Corei7、またはこれらと同レベルのCPUなら、ソフトエンコでのHDキャプチャが可能です。


 


デスクトップPCの場合は、
以下のキャプチャボードがお薦めです。
・DC-HC1(ソフトエンコ
・DC-HD1B(ソフトエンコ
・DM626 H3(ソフトエンコ
・SD-PEHDM-P1(ソフトエンコ

・MonsterX U3.0R(ソフトエンコ
※これらはHDCPスルー出来ます。


DC-HC1 はそのままで万全です。
DC-HD1B、DM626 H3、SD-PEHDM-P1、MonsterX U3.0Rは、PS3のHDMIはそのままではキャプチャ出来ません。ちょっとした作業、またはデバイスドライバーをゴニョゴニョすることで…。
詳しくはこんな感じです

MonsterX U3.0Rのブルースクリーン問題にも言及しています。

 


 


液晶一体型PCの場合、
ノートPCと同じ扱いでOKです。
これはPCメーカーは「デスクトップPC」と宣言してる場合が多いですが、中身はノートPCとほぼ同じです。PC本体とキーボードが離れているノートPC…という認識が正しいです。そして拡張性に関してもノートPC並なので、つまりキャプチャに関してもノートPCと同じ作戦で行ってください。


  


ノートPCで、PCがUSB3.0に対応している場合
・MonsterX U3.0R(ソフトエンコ HDMI)

HDCP信号有りは録画できない。しかし昔のドライバーを使うとアマレコTVでキャプチャ出来てしまうというバグがある。詳しくは・・・
 


デスクトップPCCPU性能が劣る場合、またはノートPCUSB3.0が備わってないノートPCの場合は、


・HD-PVR 2(ハードエンコ、HDMI、コンポーネント)
・Game Capture HD(ハードエンコ、HDMI)


あたりがお勧めです。
ちなみに、PS3をHDMIキャプチャする為にHDCP対策としてゴニョゴニョな対策が必要です。具体的にはこんな感じで行います


これは、ハードエンコなのでキャプチャには遅延が発生します。よってPC画面を見ながらのゲームプレイは辛いのですが、それを回避する為に、テレビ出力を同時に行えるという優れモノです。テレビ画面を見てプレイしてPCはキャプチャ作業だけをする。メーカーは明言していませんが多分、実況動画専用機を想定したハイビジョンキャプチャ機器です。
PC性能が低く、そしてテレビがPCの近くにある場合はこれを使うと良いです。ちょっと値が張りますけどね。

 

 

PCを使わないでゲームをハイビジョン録画する方法
AVT-C285
AVT-C875

いう機器で、PS3やXBOX360をハイビジョン録画することが出来ます。これはPCを使いません。なのでPCのスペックとか関係ありません。
言うなれば、テレビ番組を録画するレコーダの様にゲームを録画する機械です。

HDCP対策の方法は、上記ハードエンコの例と同じです。

 

ゲーム機 → AVT-C875 → テレビ(またはPC) 

 

という風に接続して、録画しながらプレイします。

PCに繋いだ場合はハードエンコの キャプチャ機器として、PCで録画をする事が出来ます。




※遅延(タイムラグ)が気になる場合は下記「遅延(タイムラグ)対策の方法」をご覧ください。







遅延対策(タイムラグ対策)の方法




ビデオキャプチャボードを使用する場合は、基盤タイプでもUSBタイプでも、全てにおいて遅延が発生する可能性があります。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15281462
大抵は↑この程度(0.07秒くらい)なのですが、PC環境によってはかなり酷い遅延が発生することも有ります。

その対策としては、基本的に「ビデオケーブルを分配して、テレビとPCの両方に映像を表示する」という方法しかありません。「ゲームプレイはテレビを見て行い、PCは録画だけする」という流れです。


分配図キャプチャボードを通さなければ遅延は発生しないので、テレビへの表示は普通に出来る…という寸法です。
分配方法には、各端子毎に方法が違います。


コンポジット端子でキャプチャしている場合
コンポジット端子の場合は、コンポジット用の延長アダプタと分配ケーブルだけで分配できます。

詳しくはこちらを参考にどうぞ

S端子でキャプチャしている場合
S端子の場合は、S端子用の延長アダプタと分配ケーブルだけで分配できます。

詳しくはこちらを参考にどうぞ

D端子でキャプチャしている場合
D端子の場合は、分配ケーブル等がないので、スプリッター(分配器)という装置が必要です。値が張りますがSB-RX300Dがお薦めです。セレクターとありますがスプリッター機能も付いてます。D端子を分配するには私の知る限りこれを使う方法しかありません。

詳しくはこちらを参考にどうぞ

コンポーネント端子でキャプチャしている場合
コンポーネント端子は、D端子と互換性があります。なので変換ケーブルを使えばD端子になりますので、上記D端子の方法が使えます。

HDMI端子でキャプチャしている場合
HDMI端子の場合は、仕様上「分配ケーブル」というのが不可能なので、スプリッター(分配器)が必要です。HDMIのスプリッターは安いので安心です。私は「HDMI分配器」を使ってますが、不具合は感じません。

詳しくはこちらを参考にどうぞ
分配図_HDMIHDMI端子S端子に分配する特殊な方法
PS3などのハイビジョンゲーム機からHDMIで出力して、
それをまず、HDMI分配器で分配します。
そして分配した一方をテレビに繋いでテレビを見てゲームをプレイ。
分配したもう一方を、ダウンコンバータを使ってS端子に変換する。
そのS端子をS端子キャプチャボード(GV-USB2など)でキャプチャする。


詳しくはこちらを参考にどうぞ
分配図2






AviUtlを使わない簡単な方法



実況動画作成では、
アマレコTVなどで録画をした後、動画編集でカット編集なりをして、動画圧縮をしなくてはいけません。
また、カット編集が必要無かったとしても、動画圧縮は必ず必要になります。
カット編集が必要無い場合は、AviUtlを使わなくても出来るので、その簡単な方法を紹介したいと思います。

まず、アマレコTVの設定を、行いましょう。

アマレコTVの設定で、
「グラフ2(プレビュー)」の、デインターレースを「自動」に設定。その下のモードは「ロールプレイング」に設定。
「グラフ2(プレビュー)」の、アスペクト比を任意に設定。ワイドなら16:9、スタンダードなら4:3にしましょう。
「録画設定」の、フィルター処理を、「フィルタ有り」に設定。
「高度な設定」の、ビデオレンダラーを、「オーバーレイのみ」に設定。
これでOK。

この設定でゲーム映像を録画しましょう。
これで「インターレースの対処」と「縦横比(アスペクト比)の設定」が出来ます。
※本当はアマレコTVで行うよりAviUtlの方が画質が良いです。AviUtlを使う場合は「フィルター無し」「ビデオレンダラー自動」にします。

そして出来あがったAVIファイルを、「ニコエンコ」という変換ソフトを使ってMP4ファイルに変換しましょう。
ニコエンコは、全自動でニコニコ動画に最適なMP4ファイルに変換してくれるソフトです。
ニコニコ動画に特化したソフトですが、YouTube用としても使えます。
http://dl.dropbox.com/u/136728/nicoenc.html
↓使い方
http://www18.atwiki.jp/live2ch/pages/267.html#id_6ffc7cac
YouTubeにUPする場合は、ニコニコ動画用の設定でも出来ますが、画質を気にする場合は「手動変換」をすることをお薦めします。設定で「動画ビットレート」の値を1000kbps~5000kbps程度にすると良いです。あまり上げ過ぎても無駄なので注意が必要です。




 

■ゆっくり実況動画の作り方

ゆっくり実況動画を作る場合は、

まず、上記各種項目で説明した方法で、ゲーム映像をキャプチャします。
そして、動画編集をどうするか…です。

 

ゆっくり実況動画の編集は、フリーソフトの「AviUtl」と、「ゆっくりMovieMaker」を組み合わせて使うことをお勧めします。

 

「ゆっくりMovieMaker」は、「AviUtl」の支援ソフトです。「AviUtl」だけでもゆっくり動画は作れるのですが編集作業が大変です。それを解決するするために、「ゆっくりMovieMaker」で編集作業をサポートするかたちになります。

以下の動画を参考にどうぞ。

 

↓AviUtlのインストール方法2015、編集方法

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24806762
https://www.youtube.com/watch?v=oh_ASqSweF0

 

↓ゆっくりMovieMaker3のインストール方法、使い方、AviUtl引継ぎ方法等も紹介
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21138380
http://www.youtube.com/watch?v=sgoZNiEnjmc&hd=1




■実況用のマイクについて


マイクに付いて
実況動画を録る場合は、ゲーム音をマイクに入れたくないので、ゲーム音はヘッドホンで聞きながらプレイする事が望まれます。つまり、マイク付きのヘッドホンである「ヘッドセット」が実況動画作成には望ましいです。
また、マイクにはUSB端子のタイプとミニプラグ(ミニジャック)のタイプが有りますが、USBだとゲーム音と実況音声を同時に録れないので、ミニプラグ(ミニジャック)タイプがお薦めです。
HS-NB02SV 、 HS-HP10SV  ← こんな感じの安いのでOKです。


PCによってはマイクとイヤホンの端子が1つに成ってる場合があります。その場合は分配する必要があります。詳しくはこちら


複数人で実況動画を録る場合は、

仕方ないので据え置きタイプが良いのかもしれません。
BSHSM06WH 、 ECM-PC60
または、ミニプラグを分配して複数のマイクを使うという手もあります。
F8Z274 、 IPC-AS
↑これらはイヤホン用として売られていますがマイクでも使えます。

説明するまでも無い事かもしれませんが、マイクプラグは、PCのマイク端子に挿します。






■生放送をする場合について


生放送をする場合、「生放送画面にゲーム映像が表示されない!」っていう事態があります。

それはWindowsのオーバーレイという機能の影響なのですが、それを対処しないと生放送が出来なかったりします。

アマレコTVを使ってる場合と、使ってない場合とで対処方法の例を紹介しますよ。

アマレコTVの設定で、
「グラフ2(プレビュー)」の、デインターレースを「自動」に設定。その下のモードは「ロールプレイング」に設定。
「グラフ2(プレビュー)」の、アスペクト比を任意に設定。ワイドなら16:9、スタンダードなら4:3にしましょう。
「高度な設定」の、ビデオレンダラーを、「EVR優先」に設定。
これでOK。
こうする事で、生放送ソフトでアマレコTVの映像を放送することが出来るようになります。

 

 

「アマレコTV」を使ってない場合は、

ダミーで「アマレココ」を起動しましょう。アマレココの録画機能とかは使いません。

アマレココの機能「オーバーレイをロック」をしましょう。これでOK!

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-2

dakara_exさん

ピックアップ

【パズドラ】無課金プレイで強...
無課金で、あまり無茶なリセマラをせずにパズドラで強くなり...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的なメニュー・操作便利な使い方オススメの使い方 Yahoo!...
Androidの標準ブラウザーでYaho...
 はじめにAndroidの標準ブラウザーの検索窓で、Yahoo!検索を...
本文はここまでです このページの先頭へ