ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【遊戯王】新規【征竜】ノート~純征竜と青眼型の違い~

ライターff_ckrさん(最終更新日時:2013/9/19)投稿日:2013/9/19 アドバイス受付中!

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:10244

印刷用のページを表示する

 まえがき

このノートは、《召喚師セームベル》《白魔導師ピケル》のかわいいかわいい2体で《ガチガチガンテツ》をオーバーレイするノートではありません。
あらかじめご了承ください。

関連設定してあるほかの征竜ノートを見てからこれを見ることをオススメします。
基盤となる部分の半分以上はそちらに書いてあります。

 構築

モンスター(25枚)
瀑征竜-タイダル×3枚
嵐征竜-テンペスト×3枚
巌征竜-レドックス×3枚
焔征竜-ブラスター×3枚
伝説の白石(ホワイト・オブ・レジェンド)×2枚
速攻のかかし×2枚
増殖するG×2枚
青眼の白龍(ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)×3枚
幻木龍
幻水龍

ボマー・ドラゴン
ドラグニティ-コルセスカ

魔法(17枚)
竜の霊廟×2枚
竜の渓谷×3枚
大嵐
七星の宝刀×3枚
テラ・フォーミング×2枚
アームズ・ホール×3枚
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)×3枚

罠(2枚)
スキルドレイン×2枚

エクストラデッキ
No.11 ビッグ・アイ
No.46 神影龍ドラッグルーオン
No.74 マジカル・クラウン-ミッシング・ソード
ギガンテック・ファイター
クリムゾン・ブレーダー×2枚
スクラップ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
メンタルスフィア・デーモン
炎魔竜 レッド・デーモン
幻獣機ドラゴサック×2枚
神竜騎士フェルグラント
閃珖竜 スターダスト
蒼眼の銀龍



サンプルレシピ 第9回新宿杯優勝forceさん


 普通の征竜とどう違うの?

根本的な部分は一緒です。

一番大きな違いは一目瞭然《青眼の白龍》《伝説の白石》が入っていることです。

この2種を入れるメリットとは何か、について説明します。


注意

基礎知識として、征竜は"除外するリソースが無くなったら負け"ということを念頭においてください。
一昔前の、一つ前の禁止制限の征竜同士の対決すなわちミラーマッチは、
"ワンキルして殺す"
というのは下手糞がやることが多く、うまい人どうしだと
"相手の征竜が1色でも切れるのを待つ"

という戦い方が主流でした。

もちろん、相手が明らかに事故ハンドだったり、《光と闇の竜》がいたり、圧倒的強ハンドだったり、マッチ戦で1セット取られて時間も後もない状態だったりするとリソースが切れるのを待たずに勝負を決めに行く場合もあります。

昔は、使用済みの子征竜を除外リソースにできる、すなわち、わざわざ他の征竜本体を2体も減らしながら征竜を召喚する必要がありませんでした
(詳しくは、もう一つの現環境征竜ノートをご覧下さい)


今はどうでしょうか。
通常の純征竜において、リソースという点において、子征竜と同じ役目を担うことができているのは《幻木龍》《幻水龍》、各種ドラゴン族チューナーだけです。

《幻木龍》《幻水龍》《神竜騎士フェルグラント》を召喚するのに使いますが、
その打点は2800、ミラーマッチにおいては《焔征竜-ブラスター》と同じ打点であるという理由でいい策であるとはいいがたいです。
そうするとこの場合《幻木龍》《幻水龍》ミラーマッチにおいてはただのドラゴン族でしかないためそこまでいらない、という結論に至るでしょう。

それに対して青眼型征竜。
《神竜騎士フェルグラント》のような制圧力を持つモンスターを召喚するという点においては、《伝説の白石》がシンクロ8の召喚に適しているという点以外では特には何もない。

しかし、《竜の渓谷》《竜の霊廟》《伝説の白石》を墓地に落とすことで《青眼の白龍》をサーチすることができ、
《伝説の白石》1枚で手札・墓地に合計2枚のドラゴン族を確保できるわけです。
すなわち、《伝説の白石》1枚で征竜1体の除外リソースをまかなえる
ということになります。

一方で純征竜、
基本的には征竜で征竜を除外していくため、青眼型にくらべてリソースが尽きるのが早いです。

そうなると、純征竜と青眼征竜が戦った場合、先に純征竜が征竜を切らすため、純征竜が負けることが多くなります。



つまりどういうことかというと、長期戦を考えると、征竜ミラーであれば純征竜よりも青眼征竜のほうが強い
="征竜が多い環境では"青眼征竜が強くなる

ということです。

ただし、ドラグ型は例外で、一気に押し切られる可能性が高いためリソース云々以前の問題となります。

いかに相手に押し切られないかがカギです。


征竜以外と当たる場合どうなるの?

征竜以外、特にヴェルズと当たった場合の問題点です。

純征竜の場合、
そもそも《神竜騎士フェルグラント》自体が【ヴェルズ】への回答であり、
《幻木龍》の打点がATK/100の☆4であるため、
《デブリ・ドラゴン》で特殊召喚することにより、そのまま《ジェムナイト・パール》等の"《ヴェルズ・オピオン》への回答"につながります。

しかし、青眼型は《幻木龍》を入れる構築もありますが《デブリ・ドラゴン》を入れる構築が少ないです。
加えて、《ヴェルズ・オピオン》に対する回答も少なくなります。《焔征竜-ブラスター》を被らせるか、先攻を取った場合にエクシーズ展開する程度で、後者に関していえばマッチ戦1セット目だと相手のデッキバレはほとんどないため落とす可能性がとても高くなります。

水精鱗、炎星はどうなの?

水精鱗について、
とりあえずワンキルされないための死なない場を作ること、展開して一気に倒すことを考えると、普通よりリソースが多い、という意味では戦いやすいと思います。
唯一の欠点としては《デブリ・ドラゴン》を積まないため《氷結界の龍 トリシューラ》が出ない程度で、それは元からそんなにホイホイ出るものではないため総合的に見て戦いやすいと思います

炎星について、
出されるだけで厳しい《幻獣機ドラゴサック》が立ちやすいので基本有利です。
さらに《青眼の白龍》が場にでると、それに対する回答もすくないのでそういった点でも有利です。
ただし、《デブリ・ドラゴン》からの《ブラック・ローズ・ドラゴン》ができないため、丁寧に相手の罠を踏んでいく高度なプレイングが求められます。

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 現在アドバイスはありません

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

ff_ckrさん男性

ピックアップ

スマートフォンの料金を極限ま...
※2015/3/8 久々更新。っていうかプロバイダ増えすぎだろ・・...
妻のパート勤め、いくらまでな...
 はじめにパートやアルバイトの年収って、いったいいくら稼ぐ...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ