ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

『初心者向け』遊戯王 デッキの組み立て方 強いデッキの作り方

ライターmrbomajat528さん(最終更新日時:2012/4/6)投稿日:2012/1/17 アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

だれもが人生に一度はハマってしまうもの
それはカードゲーム
遊戯王なりヴァンガードなりたくさんあります。

その中で自分は遊戯王のデッキについて書かせてもらいます
遊戯王をやるにおいて必要不可欠なもの、
それはデッキです。
遊戯王のデッキは最低40枚というルールがあります
40枚であれば基本は60枚までらしいです
(60枚までというご指摘を頂きました。ありがとうございます。
 僕は何枚でも大丈夫と思っていたのですが、個人で確認を御願いします)

このルールを最低限に考えてデッキを作ります

1:40枚以上とりあえずカードを集める

これはほぼ必須の作業ですね。
てかこの作業をしなきゃ出来ませんし。
カードを集める手段としては
5枚1パック150円ほどのパックを買ってかき集めるもよし

もう構築済みのデッキなんてものも1000円ほどで販売されております。

最初から集めるってのも大変でしょうから
1枚もカードがなくて1から始めたい!!っていう方は
この構築済みのストラクチャーデッキを買うのが無難でしょう。
そっからデッキを改造するのもありですし。

そして昔やってたけど、懐かしいなぁ。またやろうかなって人は
昔のカードを掘り起こしたりしてカードを集めましょう。
でもそれじゃあデッキにならないので

2:その中で紫の融合モンスターや白のシンクロモンスター、
  黒のエクシーズモンスターをのぞく

このモンスターたちはエキストラデッキという部類のデッキに入り
15枚と決まっています。
主のデッキには黄色のノーマルモンスター、オレンジの効果モンスター
緑の魔法カード、ピンクのトラップカードで構成されます

これでとりあえず形だけは完成です
 
これであなたのマイデッキが完成した訳ですね!

でもそれなりに戦えるデッキを作りたい方はここから!

3:禁止カードをのぞく持ってるカードの中で軸にしたいカードを選ぶ!
  
モンスターを選びましょう
かっこいいカード、強そうなカード、個人的に好きなカード
なんでも大丈夫です!

禁止カードはちなみに強すぎるため使ってはいけないと規制されたカードです
 
4:そのカードが強いか、またどんなカードと相性がいいか調べる

wikiなどを見るとこのカードを使ったデッキはこんなデッキに入っている。
このカードと組み合わせることで簡単に出せる、強い効果を発揮する
などがたくさん書いてあるので(サブカードになっちゃうこともありますが)
いろいろ参考になると思います!

5:必須カードを調べてさらに相性などを考える。

死者蘇生やリビングデッドの呼び声といったものなどですね。
それが要らないデッキもなくはないですから

6:デッキに必要だと思われるカードを集める

これが遊戯王の醍醐味でもありますし、
一番疲れ、大変な作業でもあります

7:カードをたくさん入れず40枚ほどに削る 
 
これはほぼ必須の作業といってもいっても良いでしょう
最初にデッキを作るとなると カードを多くしちゃいがちですが
間違いです。
なぜなら必須となり軸となるカードが一枚デッキに入っていたとして
40分の1とたとえばデッキが80枚ある80分の1 では引く確率が
圧倒的に変わるからです!
だから出来る限りデッキは40枚ぐらいにした方が強いです!

8:必須カードや軸となるカード、サブカートの枚数のバランスを
  考えて整える

これはそのまんまですね。
レベルの低いカードを生け贄にして
最終的にレベルの高いカードを召喚して倒すデッキに
低いカードをほとんど入れず、 レベルの高いカードばっかり入れたら
話にならないからですね、そして軸となるカードは基本的に三枚ですね。
遊戯王は基本的に同じカードは三枚まで入れることを許されています
なので必須系カードや軸になって動くカードを
引く可能性を高めるために三枚いれます!
デッキが増えちゃうから二枚とかにするのもありです。

ですがデッキに入れていいのは一枚だけの制限カード
二枚だけの準制限カードがありますので

よく公式HPなどを見ておいてくださいね。
禁止カードなどものってるので。 
これであなたのデッキでそれなりに戦えるデッキの完成です!

そしてこっから先。
極みへと達する。達したい者はみるべし。
大会などで勝ちたいなどのガチデッキの作り方

9: 今は何が強いか調べる。

これが始まりです。
今はインゼクターなどですかね
 
10:いろいろなガチデッキの弱点、必須カードを調べる
基本的にガチと呼ばれるデッキは
数種類に限られます 。
必須カードを軸としてアレンジしたり、
サイトにのってる通り作ったりなどする訳です。

11:様々なデッキの弱点となるカードをサイドデッキに入れます 
大会は基本的に二勝した方が勝ちです。
その一試合一試合の途中でデッキのカードをサイドデッキと入れ替えることが可能です。
例えば墓地のモンスターが重要になるデッキの場合
DDクロウなどをサイドに入れておくと効果的です
DDクロウの効果は墓地のカードを除外する効果なので相手に刺さります
12:そしてデッキの素材を集める

12と11は逆かもしれませんが
違うデッキを作ったとしてもサイドの内容は
大してかわらないのでサイドから作っても
メインから作ってもかまいません

13:大会に出場する。どういう対処をしたら良いか学ぶ
最後はこれですね。
プレイングを学ぶということです

強いデッキを作ろうとなると
欲しい人が多くなるので手に入りにくく
お金がかかります。

そこら辺も含めて、自分で考えて
がんばって手に入れたデッキで勝てるのは 
とてもうれしいですよ!
ルールを守って楽しくデュエルしようぜ! 

***********************************
途中で出た
融合モンスター、シンクロモンスター、エクシーズモンスター
などは
公式HPで確認ください。 

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2012/04/18 14:12:50

    beat_of_heart_22さん

    こうしたらどう?

  • 送信日時:2012/04/05 16:37:23

    xpdj1731さん

    こうしたらどう?

  • 送信日時:2012/04/04 21:34:45

    kumakumastonetoriさん

    事実と違うかも

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

mrbomajat528さん

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
自動車税で「損」をしないため...
自動車やバイクなどを所有すると「税金」がかかりますが、そ...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ