ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

PCでSDカードが読めない、書けない(Windows版)

ライターtrendytrendy4848さん(最終更新日時:2014/12/1)投稿日:2011/9/19 アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

はじめに

この説明は、Windows版です。他のOSなど、LinuxなどのAndroidなどとは異なりますのでご注意ください。またMacOSに関しては、別なページに加える予定です。

原因を調べる

ハードウェアの故障を疑う前に、どのような組み合わせの場合に問題がおきるのかをまとめます。PCと、SDカードリーダ、SDカードの3つのうち、1つだけ変えて見て、読めるかどうかを調べる方法です。PC、SDカードリーダ、SDカードともに2つ以上持っている人はこのようなことができ、またこの方法は原因を探しやすくなります。

PC側にありがちな原因

PC側が問題がある場合に以下のような原因が考えられます。OSのバージョンにも大きく依存しますので、今までそのSDカードで読み書きしたことが無いとか、OSのリカバリーをした、OSの再インストールをした場合には必ず確認してみてください。

WindowsXPの場合

XPの場合、SD規格としては、SDHCの規格前にリリースされたもののため、pureなXPではSDHC以上が非対応の場合があります。SDHCとは、SDカードで、4GB以上の容量のもの(32GB以下のもの)をSDHCと呼びます。特に、PC内蔵のSDカードリーダの場合には、このようなことになる可能性が高いので、必ずマイクロソフトからの更新を行う必要があります。ただこれを行っても必ずできるわけではないのと確認は難しいので分かりにくいと思います。updateはここからダウンロードできます。

これにより、SDHCカードが認識できた場合ですが、それでもSDXCへのドライバのアップデートはマイクロソフトからの提供は現時点(2011年9月)ありませんので、32GBまでしか内蔵ドライブでは使うことはできません。このような場合でSDXCを使うには、USB接続タイプのSDカードリーダ(SDHC以上対応)を使う必要があります。この場合は、マイクロソフトからKB955704のupdateを行う必要があります。内蔵カードリーダであってもUSBタイプの場合があります。この場合と、外付けのUSB接続のカードリーダの場合は最後の項目をみてください。

WindowsVista,Windows7の場合

もともと、PCがXPで、それをVista,7にupdateした場合で、その内蔵のSDカードリーダは、SD BUSドライバまたはSD MEMORYドライバが必須となります。これが手に入らないとVista,7ではその内蔵SDカードリーダはつかえないのでご注意ください。ただし、USB接続のSDカードリーダではこの制限をうけません。

Vistaや、Win7の場合は、通常内蔵カードリーダでもSDHCは対応していると思います。ただこれだけですと、SDXCに非対応の場合があります。その場合にはマイクロソフトのこのupdateをPCにいれる必要があります。これによってSDXC対応になります。ただし、OSの再インストール、OSのリカバリーなどを行った場合、内蔵のSDカードリーダに問題が発生する場合があります。症状としてはSDカードが読めなくなることなどがあるのですが、症状はまちまちです。このような場合は、メモリデバイスのドライバをインストールする必要があります。これは、そのPCにそのようなフラッシュメモリのコントローラが使われているかによってドライバがことなります。コントローラメーカとしては、RICOH,O2micro,Realtekなどがありますのでこのドライバが提供されているはず(PCのサポートサイトなどから)なのでこれらをインストールしてください。これによって「SD標準ドライバ」から、それぞれのドライバに変わると思います。内蔵SDカードリーダであってもUSBタイプの場合があります。この場合や、外付けUSB接続タイプのカードリーダの場合は、この最後を見てください。

全Window共通のデバイスドライバの原因

USB接続タイプなどではよくあるのですが、プラグアンドプレイタイプですと、ドライバのインストールが(接続)うまいくかない場合があるようです。これは、PCから、「コントロールパネル」のデバイスマネージャーを開くと、「!」などのアイコンや黄色や赤色のドライバとなっていてドライバが動作していない場合があります。このような場合は、そのドライバを削除して、再度PCを再起動することで、再度ドライバがインストールされるのでそれを待つようにしましょう。

USB接続タイプカードリーダにある原因

USB接続の場合は、そのカードリーダが、SDまでの対応なカードリーダか、SDHCまでのカードリーダか、SDXCまでのカードリーダなのかということで読めるかどうかが決まります。USB接続の外付けカードリーダの場合はロゴ表示で分かる場合が多く、さらにその製品のホームページでそのカードまで使えるかが公開されている場場合がありますのでそれを参照してください。内蔵タイプでしかもUSB接続と推測できるカードリーダの場合は、そのPCの仕様をみて判断するしかありませんので、そこでSDまでか、SDHCまでか、SDXCまで対応なのか判断します。非対応であれば当然ですが読み書きすることはできません。(まれに読み書きできても仕様を考えるとその使い方はやめるべきです。データを壊す場合もありますし、SDカードを壊す場合もあります)

 

注意

  • ※カードリーダで安いものを勧める人がいますがそれは考えた方がいいと思います。100円ショップで買えるとか、1000円以下で買えるとか。。。。問題が起きるようなカードリーダを勧めればもっと問題が大きくなる場合もあります。100円ショップカードリーダではSDカードを読むことができでても書き込みできなかったとか(LOCKスイッチのセンサーが壊れている可能性あり)、SDカードを何をいれても読めなかったとかあることです。買ってはいけないとはいいませんが、1つは必ずまともなカードリーダを持っていることをお勧めします。

 

SDカードにありがちな原因

SDカードには、SDカード正面向かって、左側にLOCKと書かれたスイッチを上下することができます。「上」の状態ですと、書き込み可能で、「下」ですと、書き込み保護状態となります。これはフルサイズのSDカードだけであって、microサイズにはありません。ただし、microサイズをフルサイズのSDカードに変換するSDアダプタにはこのLOCKスイッチがありますのでこの方法ができるのでれあればLOCKして使うことができます。このLOCKスイッチを知らなくて書き込みできないという問題もあるのですが、LOCKスイッチは途中の状態になっている場合もありますのでしっかりと上なのか下に移動させる必要があります。


他、SDカードのデータが一部壊れた場合があります。大体、SDカードに大事なファイル、写真などがあってしまったとなるわけですが、SDカードからこれらのファイルを取り出すには、2つの方法があります。1つは、「データ復旧業者」に依頼することです。検索エンジンで探すといろいろ出てきます。ただ価格は高価と思います。2つ目は、自分でPCと、カードリーダと、「データ復旧ソフトウェア」でデータ復旧することです。これが全くできない場合としては、カードリーダにSDカードをいれてもマイコンピュータに、アイコンが表示されない場合はこの方法では復旧は見込めません。これについては、別途知恵ノートに書きます。


SDカードをPCでフォーマットするには、SD Formatterを使ってください。他は、SDのロゴが表示されたデジタルカメラや、ビデオカメラのフォーマット機能を使ってください。これを使わないと、SDカードの性能を生かしきれない場合があります。

ヒント

  • ※SD Formatter は、SDアソシエーションが無料で提供しています。
  • ここからダウンロードすることできます。(SD Formatter V4.0にしました)

 

あと、他に問題ない状態で、SDカードが壊れた場合の症状は3つのパターンがあります。SDカード以外問題ないと確認できて次の症状となったらSDカードは壊れています。捨てるしかありません。

 

  1. SDカードを上記SD Formatterの「上書きフォーマット」でフォーマットしてください。途中エラーが表示された場合。
  2. SDカードに書き込もうと思っても(LOCKしていない、またはカードリーダが壊れていない、SDカードリーダはそのSDカードに対応している)書き込み保護でかけない。
  3. PCに差してもマイコンピュータでアイコンが表示されない。(特殊なパターンでこの状況でもSDカードは壊れていない場合がありますので、1で確認してください)
となります。2のパターンでSDカードが壊れていないと思う人も多いのですが、この状態であってもSDカードとしては完全に壊れている場合があります。理由として、フラッシュメモリの代替領域を使って壊れたエリアを交換してデータがこわれないようにしています。この代替領域がなくなったら、交換できなくなるので書き込み保護の状態になります。

さいごに

「SDカードが壊れた」という質問がよくあります。上記の方法で調べても結局はSDカードが壊れたということもあるのですが、「SDカードが壊れた」ではなく、「SDカードをSD機器が壊した」という場合があります。SD機器(カードリーダやカメラ、ビデオ、携帯電話など)がSDカードを壊すこともよくありますので、SDカードだけが悪いということではなく、とくにSD規格を守っていないSD機器側に問題もある場合が多いことを知ってもらいたいと思います。



 

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:2-2

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ