ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

RAIDって何?

ライターtkase375さん(最終更新日時:2011/9/25)投稿日:2011/9/25 アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

最近、「RAID」と聞いたり見たりしたことありますよね。
このRAIDって、いったい何なのか、どうやってやるのか、どんなメリットがあるのか記載します。

RAIDとは、複数台のHDD(SSDを含む)を使って、HDDの読み書きのスピードを上げたり、データのコピーをしたりすることをいいます。
RAIDは、単にスピードアップだけを目的としたものと、データのコピーだけを目的としたもの、それらを重ねたもの、トラブル時の対応に適したものなど種類があります。
最近は、PCのマザーボードでもこの機能を持っているので、デスクトップPC(セパレートタイプの拡張性のあるもの)をお使いであれば、利用できるか仕様書やマニュアルで確認してみましょう。(WinodwsのDVDが別にあることが前提ですが)
ただし、RAIDを構築するときは、すべて最初からやり直すことになるので、今までのデータはバックアップしてからになります。
ICH10Rなどという記載があれば、利用できますし、別途、RAIDカード(PCIスロットに接続)でも実現できます。
また、HDDを搭載するスペースも確認しましょう。RAIDによって、実現する最低台数がありますので。
RAIDは、同じHDDを複数台で構築しますので、「同じHDD」を用意する必要があります。


<主なRAIDの種類>
・RAID 0(ストライピング)
 最低2台での構築が可能です。
 2台でRAID0を構築したとき、見た目上、HDDに書き込むデータは、2台に
 分散されて書き込まれ、読み込みの際もそれらを読み込みます。
 HDDの容量は、2倍になりますが、冗長性がないので、1台が故障したときは、
 復旧はできません。
 ただし、分散化により、データの読み書き速度は、向上します。
 Windowsの起動速度を求めたりするときには有効です。
 ただし、1台でも故障したら復旧できないことを忘れずに。

・RAID 1(ミラーリング)
 最低2台での構築が可能です。
 2台でRAID1を構築したとき、見た目上、HDDに書き込むデータは、2台とも
 同じデータが書き込まれます。
 HDDの容量は、1台分なので、2台の総量の半分ですが、冗長性があり、
 いづれか1台のHDDが故障したときに、復旧が可能です。
 書き込み速度などの向上はありませんが、データを守るという点では、
 有効な手段です。
 特に、データ用としたドライブではこのミラーリングは有効で、データの保持に
 威力を発揮します。

・RAID 5(パリティRAID/分散データガーディング)
 最低3台での構築が可能です。
 3台以上でRAID5を構築した時、見た目上、HDDに書き込むデータは、分散し
 障害時に復旧するためのパリティを付加したデータが書き込まれます。
 HDDの容量は、3台で構築しても、3台分よりは少なくなりますが、傷害復旧
 能力が高く、1台のHDDが故障した場合でも復旧できます。
 RAID1よりも、高速なため、サーバ用途では広く使われています。
 ただし、例え5台でRAID5を構築しても、2台のHDDが一気に壊れた場合は、
 復旧できないです。
 データ復旧用のパリティというものを、2倍にして書き込むことで、2台までの
 故障に対応したものが、RAID6というものです。

・RAID 0+1
 最低4台以上。RAID0の構築単位でミラーリングすることです。
 RAID0のアレイ(RAIDの1ドライブの単位)を2組用意してミラーリングします。
 RAID0に冗長性を持たせる為、速度的に有利です。
 ただし、RAID0単位で、それぞれのHDDの故障が発生した場合、
 復旧はできません。

・RAID 10
 RAID0+1の逆の考え方です。RAID1のミラーリングのアレイを、分散化します。
 RAID0+1との違いは、HDDの故障時、RAID1のアレイのそれぞれの1台が
 故障したときでも復旧できるということです。
 RAID0+1も、RAID10も、導入コストとして高価な為、企業やサーバは、RAID5
 RAID6を利用するほうが高いです。

・その他
 RAIDの数字が飛んでいるように思う方もいらっしゃるとおもいますが、
 RAID2、RAID3、RAID4、RAID50も存在します。
 利用価値や、コストから、導入はほとんどありません。
 また、PCで利用するのは、RAID0、RAID1が殆どで、余裕があって、RAID5
 の利用が殆どでしょう。


RAIDの用語について
・アレイ
 RAIDでは、HDDを複数台用いて、1つのアレイというものを作ります。
 このアレイは、RAIDの1つの単位であり、このアレイ1つが1つのドライブと
 なります。
 ただし、複合RAID(1+0や10など)は、このアレイを、もう一度2アレイ以上で
 組んで、1つのアレイとしています。

・ソフトウエアRAIDとハードウェアRAID
 ソフトウェアRAIDとは、OSのアプリケーションやRAIDのアプリケーションで実現
 するRAIDです。RAIDの構築内容は同じですが、ソフトウェアの処理速度と、
 CPUへの負担で、RAIDの能力が決まってしまいます。
 その点ハードウェアRAIDは、専用のコントローラで行う為、CPUへの負担は
 ありません。よって、処理において、OSに負担を掛けたりすることはありません。

・デグレード(デグリ、デグった)
 RAIDの構成が確保できなくなった状態を、デグレードといいます。
 RAID1でミラーリングしていたが、エラーが出た。
 こんな状態をデグったともいいます。
 問題のあるHDDを交換し、再構築(リビルド)することで、解決します。
 なぜ、こうなるかというと、RAID1で言えば、データを2台のHDDに一気に書
 込みますが、1台のHDDの不具合で書き込めなくなったため、
 このような状態になってしまいます。

注意

  • RAIDはRAID0以外、冗長性を確保していますが、完璧ではないです。RAID6でさえ、3台のHDDが故障したときは、復旧できません。
  • RAIDだから安心という考え方だけは無くしてください。
  • また、HDDである以上、突然の電源OFFはクラッシュの可能性が高いです。
  • ですので、UPSなどの設置をお勧めします。

 

ポイント

  • これからRAIDを構築したいと思っている方は、データ用HDDとして構築してみましょう。

 

ヒント

  • 自作でPCを作られた方は、RAID機能があるけど、どうやるかわからない。
  • そんなときは、マザーボードのマニュアルをみましょう。
  • PCの起動は、次の通りです。
  • 1,BIOS(POST画面)←RAIDを使う設定に変更
  • 2,コントローラ起動(RAID、USB3.0等)←RAID画面に入って構築です
  • 3,OS起動

  

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

tkase375さん男性

天下統一は大変な仕事です。 毎日毎日、夢見る平和。 日々精...[続きを見る]

その他の知恵ノート(2件)
Macのトラブルでまずやってみる...
マザーのBEEP音のパターン(起...

ピックアップ

チャーハン 醤油こげこげ味 作...
                          チャーハンは、二つ秘訣がありま...
スマートフォンの料金を極限ま...
※2015/3/8 久々更新。っていうかプロバイダ増えすぎだろ・・...
Twitterでブロックする/される...
ブロックする/されるとどうなるかご存知ですか?Twitterについ...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ