ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【遊戯王OCG】初心者向けデッキの作り方講座

ライターさん(最終更新日時:2012/1/26)投稿日: アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

はじめに

「デッキを組んでみたけど、なんかイマイチ・・・」
そんな初心者さんにお送りする遊戯王のデッキの作り方講座です。

注意

  • 遊戯王OCGは自由度の高いカードゲームです。
    この講座ではデッキの構築に困っている初心者の方々に向けてデッキの作り方を教えていますが、必ずこの講座通りにデッキを作れ~とは考えていません。
    あくまでも参考程度に閲覧し、必要な時にふと思い出してくれれば幸いです。

まずはデッキの趣旨を考えよう

初心者の方々が良くやりがちなのが「攻撃もできるし防御もできる!」みたいに、デッキの趣旨をあやふやにしたままデッキを構築することです。
そして結局、なんだかバランスの悪いごちゃごちゃしたデッキになってしまいます。
そこで、まずはどんなデッキにするか、趣旨を考えます。

例として代表的なものを挙げると、
・ビートダウン 戦闘による勝利を狙う、最も一般的なタイプのデッキ
・バーン 戦闘ではなく、効果によるダメージで勝利を狙うタイプのデッキ
・ロック 相手の行動を封じ、デッキ切れ等による勝利を狙うテクニカルなデッキ
・特殊勝利 エクゾディアなどのカードによる勝利を狙う特殊なタイプのデッキ
勿論、これ以外にも様々な趣旨のデッキがあります。
今回の講座では最初の【ビートダウン】を作りながら解説していきたいと思います。

デッキに入れるカードを考えよう

さて、デッキの趣旨も考えたので、次はデッキの入れるカードを考えましょう。
今回は例として【ビートダウン】を作る予定なので、それに合ったカードを。
まず、デッキに入れるカードを考える際はデッキの【軸】となるカードから考えます。
そして、その軸に合うカードを考えていき、どんどん足していくのです。
いわゆる発想を広げる際に使われる「ウェブ」の手法を応用して考えます。

今回の【ビートダウン】の【軸】にするモンスターは、うーん、そうですねー・・・
折角ですし、今回はエクシーズモンスター《No.39 希望皇ホープ》を軸にしてみましょう。
この希望皇ホープはランク4の戦士族。
特にエクシーズ素材に制限はありませんが、できる限り早く場に出したいですね。

折角の戦士族エクシーズモンスターなので、他のモンスターも戦士にしてみましょう。
戦士族でホープをすぐに出せるような戦士族のカードと言えば・・・
レベル4を特殊召喚できる《ゴブリンドバーグ》《切り込み隊長》が丁度良いですね。
でも、エクシーズ召喚だけではつまらないのでシンクロ召喚もしてみたい。
そうだ、ドバーグから呼び出せて速攻でレベル8シンクロを出せる《復讐の女戦士ローズ》を入れて、それらをデッキから手札に加えられる《増援》も入れて・・・
という風にデッキに合うカードをどんどん考えていきます。
ただし、ここで一番重要なのが「発想を広げすぎて趣旨を見失わないこと」です。
ここで趣旨を見失ってしまえば振り出しに戻ってしまいます。

魔法・罠カードの選択

  • モンスターカードはすぐ決まるけど、魔法・罠カードが全然決まらない。
    なんてこと、初心者の方は経験あるんじゃないでしょうか。
    そんな時にオススメなのが制限・準制限の魔法・罠カードです。
    基本的に制限・準制限の魔法・罠カードはデッキ問わず投入できる汎用性の高いものが多く、その効果も非常に強力な為に制限がかけられています。
   入手に手間はかかりますが、是非手に入れてデッキに入れたいカードですね。

 デッキのカード配分を考える

さて、デッキの趣旨も考え、デッキに入れるカードも大体決まったかと思います。
そして、これからデッキを作る上で大事なカード配分を考えることになります。
遊戯王OCGではデッキに同名カードを3枚まで入れられます。
勿論、同名カードの枚数が多ければ多いほど手札に来る確立は高くなるわけです。

例えば《ゴブリンドバーグ》《切り込み隊長》が1枚ずつしか入っていなければ・・・
デッキの軸となるはずの《No.39 希望皇ホープ》が全然出せませんね?
これを3枚ずつ入れれば、《No.39 希望皇ホープ》が簡単に出せるようになりますね。
ですが、それだけでデッキスペースを6枚も圧迫してしまうし、魔法も入れたいし・・・
そう、これがカード配分であり、デッキ構築において一番頭を悩ませる部分なのです。

一応入れるカード枚数の基準としては
・1枚 あまり無くても問題はないし必要性はない、あくまでもコンボや軸の補助的存在。
・2枚 あまり頻繁に手札に来ても困るが、手札に来ないと困るようなカード
・3枚 コンボの起点となるようなカード、コンボに必要不可欠、手札で腐らないカード。

この場合、上記で挙げた《ゴブリンドバーグ》《切り込み隊長》は、
《No.39 希望皇ホープ》の召喚や、《復讐の女戦士ローズ》とのコンボを考えても、3枚デッキに入れてもにしても然程問題はないわけです。

逆に《復讐の女戦士ローズ》は単体では殆ど機能しませんが、コンボに必要なので2枚
程度をデッキに入れる。
このように考えてカード配分を行っていきます。


デッキの起点となるカードは1~3ターンぐらいで手札に加えられるのが望ましいです。
何回もデッキのテストを行い、丁度いい配分を見つけましょう。

デッキ完成、お疲れ様でした!

いよいよデッキの完成です!
ここまで読めば初心者の方々もある程度、デッキの作り方がわかったでしょう。
是非、これから自分の手で沢山のオリジナルデッキを作り出していってください!
お疲れ様でした。

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

mugichc_ssさん

遊戯王好きな厨房、それ以上でもそれ以下でもないです。 まだ...[続きを見る]

ピックアップ

【裏技】レンジでできる!フレ...
 はじめに「浸す時間無しでフレンチトーストが食べたい!」そ...
≪デキる男のスーツ道場≫ネクタ...
 はじめにデキる男はネクタイの巻き方もサマになっています。...
きゅうりのつくだ煮
☆きゅうり 6本くらい(800g)塩大さじ1で、三ミリくらいの輪切...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ