ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

賢い引越しの仕方

ライターgiluさん(最終更新日時:2012/9/16)投稿日:2012/2/23 アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

どうも、こんにちは。

引越しをしたいけど、どうすればいい?
とかいう質問が目立ちます。

なんか、色々アドバイスをするのも良いですが、同じことを書いているような気がします。

なので、ここで知恵ノートを活用してまとめたいと思います。


業者の選び方


まず、どこの業者にしようかな?
とか、思う人がたくさんいると思います。

引越し会社というのは、たくさんあります。
大手の有名なところから、小さな聞いたことのない会社まで色々あります。

ポイント

  • 大手でも、小さいところでも、やることはあまり変わりません。
  • 荷物を引越し元から、引越し先に無事に届けるだけです。
 
でも、日本人は結構大手を選んでしまうんですよね。
なぜでしょう?

なんとなく安心だから?
対応がしっかりしてそうだから?

注意

  • 引越しは、作業員の面子、その日の天気、状況などで変わってきます。
 

ポイント

  • 引越しは運の要素が高い!!
 
大手の引越し会社でも、小さな引越し会社でもあまり変わりません。
大手でも、失敗して破損することもあるし、小さな会社でも普通に終わることが多いです。

大手でも、新人はいます。
大手でも、バイトはいます。

自社便・自社スタッフでやっています。
と言っている所がありますが、バイトはいます。

社員でも、経験が浅ければ、経験豊富なバイトよりも使えません。

小さい会社でも少数精鋭がそろっているところもあります。

ポイント

  • 大手でも安心は出来ない
 
ということです。

じゃあ、どんな業者がいいの?
と突っ込みを入れたくなると思いますが。

人から、良い業者だよとか、ネットで評判だよとか、評価が良いね。
というのも、参考にしても良いですが。

ポイント

  • 最後は自分の好みで選ぶ
 
もう、自分のニーズに合った会社でも良いですし、リサイクルショップも経営していて不用品を買い取ってくれるからでも良いですし、営業マンが気に入ったという理由でも良いですし、純粋に安かったからでも良いです。

要するに、この会社に任せて、何かあったときでも許せると思う会社にしましょう。



荷造りのコツ


業者が決まったら、業者さんからダンボールを貰うと思います。
大量のダンボールにそれだけで、辟易してしまう方も多いでしょうが、荷造りをしなければ、引越しは出来ません。

もし、お金に余裕のある方でしたら、梱包をやってくれるプランでやってもらえば良いですが、大半の方は、自分で箱詰めをすると思います。

ポイント

  • まず最初は押入れから手をつけろ!
 
よく、目の前から箱詰めをする方が多いんですが、それでは駄目です。
本棚や食器棚など棚に入っている物を箱詰めしたら、棚から出て箱に入った箱がその辺に山積みになってしまいます。

棚に入っているから邪魔じゃないのに、出してしまったら、邪魔になります。
それだと、箱に圧迫されながら生活することになりますので、効率が悪いです。

まず、最初は押入れの中からやるのをお勧めします。
押入れの中を箱詰めしたら、その箱を押入れに入れて行きます。
そうすると、邪魔になりません。

それに、押入れの中というのは、実は不用品の宝庫なんですよね。
だから、いらないものを処分するだけで、押入れが20%減ったという人もいます。
なので、最初に押入れから始めるのをお勧めします。

 押入れの中には布団が入っていて駄目だよ・・・。

という方も、引越しまでみっともないですが、布団は外に出して、その押入れにダンボールを詰めた方がスッキリします。

その後は、ダンボールに詰めたら、箱を部屋の端っこにドンドン積んでいきましょう。
もう、押入れにダンボールで一杯になっていたら、押入れの前に積んでいきましょう。


注意

  • 本や食器など重いものは沢山入れない
 
意外とやってしまうことですが、箱に入るから、どんどん入れたら、とんでもなく重くなる場合があります。
沢山入れると、箱がつぶれたり、最悪ダンボールが壊れたりします。
食器の場合、割れたりします。

なので、箱にたくさん入るとしても、たくさん入れるのは、NGです。
特に食器は、下に衣類(タオルなど)を入れてその上に食器を入れて、最後に上にまた衣類を入れたりすると割れにくくなります。

ヒント

  • 食器は梱包に時間がかかるので、使わない食器から徐々に箱詰めする
 
食器は、使うから最後にと思いがちですが、意外と頻繁に使う食器は限られておりますので、使わない食器は早めに梱包しましょう。

ポイント

  • いらないものは思い切って処分する
 
これは、非常に大事です。
いらないものを処分するのに、絶好の機会です。
ただ、ものを捨てられる人と捨てられない人がいますので、スッキリさせたいのであれば、たくさん捨てることをお勧めします。

物が減れば、荷物も減りますので、引越し代金も安くなりますよ。

ヒント

  • いらないものは、処分も良いですが、リサイクルショップやオークションなどで売るのも効果的!!
 
引越し期間に時間がある場合は、こちらも有効的です。
処分すると、ゴミとして最近は有料になりますが、売ると逆にお金がもらえます。
こんなもの売れるの?というものも、意外と売れることがあります。

オークションは、リサイクルショップよりも高値で売れます。
ただ、何でも売れるというわけではないというのと、出品、発送に手間がかかるので、オークションで処分するときは、早めに手をつけないと、引越し日までに終わらない可能性があるので、注意しましょう。

ちょっとした小遣い稼ぎになりますよ。

ポイント

  • 一番最初に開封する箱を作れ!
 
荷造りをしていて、引越しをした当日に必要なものを色々な箱に入れてしまったら、引越しした日の夜に非常に困ります。
どこに何をしまったのか、わからなくなり、困ります。

そこで、一番最初に開封するダンボールを作ると引越しした日の夜に右往左往することがありません。

具体的にどういったものを入れればいいのかといえば、

翌日の着替え。
お風呂道具。
化粧品類。

などなど、この1箱あれば、他の箱はとりあえず、今日はあけなくて良いよというのを作っておくだけで、違いますよ。


引越し当日の注意点


さて、引越し当日になりました。
引越しは、朝からというのがほとんどだと思いますが、中には午後からとか夕方からとかあります。
終わる時間が遅くなりますが、無事に引越しを終わればそれに越したことが無いですが、引越しした当日でもいくつかアドバイスさせていただきます。

ポイント

  • 間取りを拡大コピーして、大きな家具の配置図を作って、作業員に渡す。
 
この作業は、引越しの前にやることですが、大体新居の間取りというのは、賃貸でも購入した家でも、あると思います。
その間取りを、拡大コピーをして、あらかじめ大きな家具の設置場所を書いておくと、作業員はスムーズに作業できます。

また、部屋に番号を振っておき、ダンボールにも番号を振っておくと、どこの部屋にそのダンボールを置けば良いのか、わかるので、更に作業が効率的になります。

また、開封するときも、適当にダンボールを置かれると、別の部屋のものだった場合、そこまで運ばなくてはいけません。
それも、非常に大変なことです。

注意

  • 自分で運べる大切なものは、自分で運べ。
 
前にも書きましたが、引越しは運ですので、壊れたり破損したりする場合があります。
特に大切な小さなもの(特にパソコンなどの電子機器)は、傷や凹みが無くても、中の部品が壊れることがあります。

基本的に、引越しは外損がないと、弁償をしてくれませんので、ハードディスクが壊れたとか、データが飛んだといっても、まったく保証してくれません。

あと、思い出の皿が割れたとか言うのも、やっぱりショックですよね。
そんな、大切なものや高価なものや、機械類は自分で運んだ方が無難です。


最後に


何度か、書いていますが、引越しは運です。
その日の状況などで、全然変わってきます。
無事に終わって、当たり前。何かあってもおかしくはありません。

特に、3./16から4/8位までは、引越しのシーズンといわれております。
この時期は、一日3回の引越しは当たり前。下手すると、5回とかもあります。

作業員も、連日の引越しでヘロヘロになりますし、この時期は大量のバイトも投入されます。
金額が高くて、作業効率も悪くなる、最悪の時期です。

なので、事故も増えます。

何かしら、破損とかあっても、とりあえずは、引越し業者に電話した方がいいですよ。
どう、対応してくれるかは、会社によって違いますが、泣き寝入りはもったいないです。

ちょっと、思いついたことを色々書いてしまいましたので、参考になるかはわかりませんが、是非役立てていただければ、幸いです。


おまけ


一日で、結構な人が見ていただいたみたいでありがとうございます。
まだまだ、足りないことも一杯ありますので、聞きたいことがありましたら、ドンドン聞いてくださいね。
それにより、内容も追記していきたいと思います。

また、感想もお待ちしております。

長々の文章を読んでいただいてありがとうございます。

そうそう、余談ですが、春に自分の勤めている会社の引越しがありました。
30年以上も動いていなかったので、大変大変。
3週間の準備期間でギリギリ間に合いました。
大量の処分品と、ダンボールの嵐でした。
リニューアルのための引越しだったので、今はもう同じ場所に戻ってきていますが、戻ってくるときは、前日に開けた箱だけを詰めただけで終わりました。
引越しが終わって、すっきりしました。

やっぱり、引越しというのは、面倒ですが、たまにはやったほうがいいかもしれないですね。
でも、本音はやりたくないですけどw

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2014/04/02 23:52:29

    rringo1122さん

    助かった

  • 送信日時:2014/02/23 15:34:14

    octhanaさん

    学んだ

  • 送信日時:2013/03/14 15:39:02

    jrsh_0221さん

    学んだ

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

giluさん男性

どうも、こんにちは。 賃貸と、引越の話に関しては、詳しいと...[続きを見る]

その他の知恵ノート(2件)
賢い部屋の探し方
夏の夜に涼しく過ごす方法

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
【扶養内の働き方】103万の壁と...
何故103万円・130万の壁と言われるか?パートで得る所得は基...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ