ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

偽物の守護霊に騙されない方法

ライターさん(最終更新日時:2015/9/30)投稿日:

  • ナイス!:

    2

  • 閲覧数:251

印刷用のページを表示する


はじめに


ご自分の守護霊を知りたい守護霊からメッセージが欲しい思った事はありませんか?

しかし、世の中には偽物の守護霊が非常に多いと思いますので、本物と偽物の相違点をご紹介します。



水波霊魂学で定義する守護霊とは


○幽質の世界(一般的な死後の世界)では上位の存在。


○守護霊と人間では霊的な差が大き過ぎる為に、直接交流する事は困難。

その為に、守護霊と人間との間に補助霊という人間の霊的レベルに近い存在を介している。


○人間は何度も地上に生まれ、様々な経験や記憶を有しており、こうした潜在意識が今回の人生に影響を与えている。これを水波霊魂学では霊的カルマと呼んでいる。

歴史を振りかえれば分かるように、時代や生活環境も異なり、人それぞれ異なる霊的カルマを持っている。そのため、霊的カルマを解消するに相応しい守護霊が選ばれている。


○先祖や死んで間もない霊魂では力不足。


○人間が地上に生まれる少し前には決まっており、生まれて地上を去り、死後も少しの間、担当する人間の霊的な成長、カルマの解消の為に活動される。


以上のように、本物の守護霊は非常に高級な存在です。

 

注意


  • 本物の守護霊を一般的にいわれる霊視で直接見たり、直接メッセージを受け取ろうと思えば、霊的トレーニングをこなし守護霊と同じくらいに成長していなければ不可能です。

    霊能力者によっては、人間と同レベルの霊魂と交流し守護霊ではない何かを見たり聞いたりして「守護霊からのメッセージ」等と言っている方も多いです。


 

未発達な霊魂に騙されないために

なぜ高級霊である守護霊が地上の人間を援助するのか考えてみて下さい。

霊的な成長に繋がらない場合は偽物です。

例えば、受験に合格出来たとか、軽い事故、病気で済んだとか、お金が増えたとか、そうした目先のご利益ためだけに活動しているのではありません。


先祖が守護霊になるという人もいますが、死んで間もないお祖父さんやお祖母さんが守護霊になる事は有り得ません。

通常の場合、死後の世界でも長い間修行をして、やっと守護霊の仕事を任されます。

どなたでも身近な先祖に親近感を持ちやすいものですが、騙されないように気をつけて下さい。


霊的な成長の為には、純粋な信仰心を持つことや守護霊などの高級な存在に対して援助を求めたり、高級な霊魂の働く団体があれば最良です。

感謝や愛情は生き方や指針として大事なことかもしれませんが、霊的成長とは無関係です。本当に大事な事からそらそうとする場合も偽物です。

 

守護霊等の高級な霊魂は人間の自由意志を何よりも重視しています。つまり、本人の自由意思が霊的な成長を求めない限り、何も出来ません。


貴方が生まれてから何年経つでしょうか?今まで霊的な成長を考えたことがありますか?

守護霊やその部下ともいえる補助霊がいつまでもそばにいるでしょうか?

このままでは霊的に後退するのではないでしょうか?周りの人はどうでしょうか?


これを機会に真剣に本物の守護霊や霊的な成長を考えて頂けたらと思います。




偽物を見抜くために必要な水波霊魂学 概要


霊魂学(れいこんがく) とは

  •  人間の根本としての霊魂の探求を考えた上で、広く霊的な事柄を探求する学問 


1.水波霊魂学


水波霊魂学(みずばれいこんがく)は、霊媒である水波一郎師が高級な霊魂から受けた通信内容を 表したものである。 



2.水波霊魂学 概要


霊魂、死後の世界といった霊的な事柄を探求することを目的とし、霊媒が霊魂との交流を行い、知り得た情報をまとめ独自の霊魂学を持つに至る。魂全体の進歩の為に、霊的トレーニングである「神伝禊法」「神伝鎮魂法」といった各種行法、霊的治療、祓いなどを指導している。 


また、書籍出版の他、水波一郎師が主宰する「契山館」では、霊的集会(トオゥ・ライ・シェイ)で霊言講演も行われている。


3.死後の世界の分類


死後の世界は非常に広大で、死後の世界の法則によって上下高低がある為に、様々な世界が無数に存在する。しかし、それぞれの質の違いによって、大きく分けて3つの世界に分ける事が出来る。


○幽質界


幽質の世界で、幽体を使用する。人間が地上を去ると、幽界に入る。人間にとっては一番相応しい世界で、死ぬ事もなく、食べる必要も寝る必要もない。 幽質の世界にも法則によって上下高低が無数にあり、上は守護霊等が暮らす高級な世界から、下は地獄と呼べる程に苦しみだけの世界もある。


○霊質界


霊質の世界で、霊体を使用する。幽質の世界よりも高級な世界で、霊体で活動する高貴な存在がいる。


○神質界


神質の世界で、神体を使用する。霊質の世界よりも更に高級な世界で、神霊と呼ばれる高級な存在がいる。


4.霊的な身体

 

○幽体


幽質の世界で使用する身体。地上の人間も幽体を持ち、肉体とだぶっている。


○間気 


物質に作用する霊的な気。この間気が肉体と幽体を繋ぎ止めている。間気が完全に無くなり、肉体から幽体が完全に離れると、肉体は死ぬ事になる。   


○霊体


霊質の世界で使用する体。人間にも霊体があるが、ほとんど成長していない。   


○神体 


神質の世界で使用する体。人間にはない。神霊と呼ばれる高級な存在が使用する体。   


5.物質の世界の人間に関わっている霊魂の種類

  

○神霊 


神霊が直接人間に関わる事は、通常はない。


○守護霊 


幽質の世界では上位の存在で、地上の人間を指導する霊魂。しかし、人間とは霊的な差が大きい為に、補助霊という存在を介し指導を試みる。


○補助霊 


守護霊の指示に従う人間と霊的レベルの近い霊魂。


○指導霊 


守護霊と同レベルの霊魂。守護霊からの依頼によりそれぞれに得意な分野を指導する。     


○未発達な霊魂 


人間にイタズラをして楽しんだり、人間たちの霊的な成長を妨げたりする霊魂もいる。未発達な霊魂は高級霊とは違い、人間の意思など無関係に寄って来る。


6.過去世

人間は何度も物質の世界に生まれ変わっている。したがって人間には、今回の人生よりも前の人生(前世)があるが、さらにそれ以前にも前世があり、何度も繰り返している為、それらをまとめて過去世という。

幽界の霊魂のほんの一部が新たな胎児の中に入り、新たな人間となる為、再生と呼んでいる。

一般的に考えられている幽界の霊魂がそのまま肉体に入るような生まれ変わりはない。また、肉体の脳には今回生まれてからの記憶しかないが、幽体は過去世の記憶があり、それらが今回の人生にかなり影響を与える。

7.霊的トレーニング

水波一郎師が現代人向けに改良した霊的身体の発達や成長を目的とした修行法。

8.関連書籍・参考文献


著書に『大霊力』(大陸書房発売)『霊魂学を知るために』(ライブ出版発行)『禊・神秘の法』(史輝出版発売)があるが、いずれも出版社倒産につき、現在は絶版中。


アマゾンにて新刊発売中。


 『死後の世界で恋をして』


 『真実を求めて- 悪魔の霊言を知る


『神伝禊法』


『霊魂は居ると思いますか?』


『幽体の悲劇』


『神体』


『霊魂イエス 上・下巻』


『神伝鎮魂法 - 幽体の救い』


『指導霊 - 死後の世界から人々のために-


9.外部リンク


○「 霊をさぐる」


http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/


○「たましいの帰り道」


http://web3.incl.ne.jp/kaede/


○「霊を知って人を知る 水波霊魂学」


http://www.kouhou-keizankan.jp/index.html


 


修行法に関心のある方は以下をご覧ください。


○「霊的トレーニング」


http://www.interq.or.jp/mercury/w22525/training.htm


 




このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:1-2

kabosu_ponzu01さん女性

信州の片田舎で暮らす百姓です。 腰はイタイものの、土や草の...[続きを見る]

ピックアップ

大学生のバイト、稼ぎすぎると...
大学生のみなさんも、学費や生活費、さらには旅行費用などに...
Android向けアプリ Yahoo! JAPA...
Yahoo! JAPANウィジェットとは?Yahoo! JAPANウィジェットは...
女子が陥りやすい、混んでいる...
はじめに毎日の通勤ラッシュ、つらいですよね。ただでさえ人...
本文はここまでです このページの先頭へ