ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

初めてライブハウスへ行く前に!【基礎知識編】

ライターさん(最終更新日時:2016/6/7)投稿日:

  • ナイス!:

    65

  • 閲覧数:253837

印刷用のページを表示する

●ライブハウス初心者=ライブに初めて行く人・まだ慣れていない人のためのノートです。
これを読めば一般的な国内ロック/ポップス
ライブハウスのライブの特徴とライブマナーが大体わかると思います。

なお、当ノートではスタンディング形式のライブおよびライブハウス

について記述しています。

大まかな概要について説明しております。

ライブ当日の具体的な実行面・
細かな注意点などは関連知恵ノート「ライブ当日編」

にて記述しております。

今は結構人気のあるバンドやアーティストでも、ホールではなく
ライブハウス公演を行うことも多いですね。
「椅子のある会場は経験があるけど・・」
「お酒も売ってるの?なんか敷居が高い・・」
と思うかもしれませんが慣れれば全く平気です。



 

ポイント

  • ライブハウスのライブとは・・・
    はじめに大まかにまとめると

    ・椅子がなく、基本的に立ち見である。
    ・チケット記載の整理番号順の入場である。
    ・最前列付近は満員電車状態、後ろに行くほどそうでないことが多い。
    ・入場時に、飲み物代を取られることが多い。
    ・一般的なホールより狭いので、ステージとの距離が近い。

    以上5点です。
     


       
100人程度の小さな会場から千人以上入る大きい場所まで
規模は様々で、椅子は1Fは基本的になし。
ステージとの距離も近いので、
臨場感と高揚感・一体感を楽しんでほしいと思います!



 

注意

  • しかし、ホールのライブと同じような感覚で、何も知らずに
    とにかく前で見たいからと、最前列付近に行くのは危険
    なことがあります。

    なぜなら
    ダイブモッシュというものが起こることがあるからです。


    ・モッシュ=満員電車のずっと激しいもの
    ・ダイブ=胴上げで人が空中に浮かないバージョン
     モッシュの起こっている頭上を人が運ばれていく。

    とお考えいただければいいかと思います。
    ※ただしダイブは激しい曲ばかりをやるバンドなどでないとまず発生しないです。
    行く予定のライブが激しい曲ばかりと予想される場合、
    一応、先輩ファンにライブの様子を聞くとか、
    ライブ動画等を観て確認されることをおすすめします。
  • ※上記の「ダイブ」のような状況は正確には「クラウドサーフ」というもののようですが
  • 日本では本来のダイブと混同・誤用され一般的に通用していますので、
  • 当ノートではダイブとしています。




●服装は?
基本的には何を着ても自由です。

会社帰りにスーツで来てる人もいたりします。

ですが前で盛り上がりたいなら
・Tシャツ
・ジーンズやハーフパンツなどスカート以外の動きやすいスタイル
・ヒール靴厳禁。履き慣れたスニーカーなどの脱げにくくヒールのない靴
・ツアー物販などのタオル


がベストです。
モッシュがあるとかなり汗だくになるので
激しいと予想されるライブなら着替えを用意するといいでしょう。

前に行かなくても、ヒールのある靴は避けた方がいいでしょう。

ツアーグッズのTシャツを買い、ライブ前に着替えたり
リストバンドを首にかけたタオル留めに使ってる人もいます。


●髪型は?
ばさばさ広がったり、頭上にまとめ髪するなどのような
視界を遮る髪型は避けましょう。
モッシュが起きると特に女性は髪型も崩れやすいです。

●持ち物は?
ライブ中の荷物は最小限
を推奨します。
床に荷物は置けません。
上着や購入したグッズ、その他の
かさばる荷物はコインロッカーにしまいます
入場時に持っているのは、
チケット、ティッシュ、タオル
外のロッカーを使用しているなら
ロッカーの鍵
場内のロッカーを使用するなら
ロッカー代も持ちましょう。

激しいライブで最前列付近で盛り上がりたいなら、
タオル以外は手ぶらがベストかもしれません。

ロッカーは会場に用意されています。
ただし、小さいライブハウスだと
ロッカーが少ししかないか、全くない ことがあるので、
近くの駅などのロッカーを利用することも考えておきましょう。

●「ドリンク代別」となってるけど何のこと?
ライブハウスの多くは、ドリンク代別のシステムを取っています。
入場時にチケット代と別に飲み物代として
お金を払って入場
しないといけません。
たいていは500円)
チケットと硬貨を用意しておき、すぐ渡せるようにしておきましょう。
ドリンク代と引き換えに引き換えチケットやコインなどが渡されます。
払いたくなくてもチケットもぎとドリンク代を払うのは同時なので
払わざるを得ないです。
このドリンク代がライブハウスの大きな収入源と言われています。

引き換えチケットは専用のカウンターで飲み物と交換します。
ソフトドリンク・ビール等から一つ選べます。
水やお茶、スポーツドリンクはペットボトルのものを渡されることが多いので
ライブが開始してもフタができますが、
その他の飲み物はたいていは使い捨てのコップへ注がれますので、
開演前に引き換える時はライブ開始前に飲みきるか、
後ろでゆっくり飲んだほうが無難です。

※全くの余談ですが飲料のことをドリンクというのは日本だけだそうです・・
海外では“beverage”です。



●会場に入ったら、どこに立てばいいの?
ライブハウスのライブは
たいていはチケットに記載の整理番号順に並び、
開場時間になるとその順に入場となります。


開場時間に間に合わず、既に自分の番号が呼ばれていた時は、
入り口でチケットを見せればすぐ入れます。
しかし、稀に開場時間に居ても列に並んでいなかったり、遅れてきた人は
一番最後に入場させられる場合もあります。
開場時間に間に合うように来るのが基本です。


入場してからは基本的にどこで見ても自由ですが、
必然的に早い整理番号ほど前に行きやすいことになります。
逆に、
遅い番号だと残念ながら最前列に行くことはかなり難しいでしょう。

無理に人をかき分けて前に行くのはマナー違反です。
また、複数のアーティストが出るライブで、
お目当てのアーティストが出るまで
前で場所取りだけするのもマナー違反です。
ずっと前にいるなら、演奏も聞いて盛り上がるのが礼儀かと思います。


みんなやっぱり前で見たいので、
前方の中央に行くほど人が密集します。
それで、演奏が始まり盛り上がると
自分が押す気がなくても、押しつ押されつの状況となります。
軽いおしくらまんじゅうレベルから、激しい時は肩などがガンガンぶつかったり(=モッシュ)足が踏まれることもあります。
結構危険なのでフェスなどでは禁止されていることもよくあります。

しかしライブハウス内は全部こんな状況なのかというと違います。

左右の脇や、後ろのほうなどはそれほど激しくない
ことがほとんどです。

ほとんどのライブハウスではお酒も提供されているので
お酒片手にゆっくり壁際で演奏を楽しむこともできるのです。

それから、大きいライブハウスでは2階席があることがあります。
2階は1階よりはステージから遠いですが
ステージ全体を見渡せ、椅子があることが多く、ゆっくりと見れます。

・盛り上がりを取るなら1階スタンディング
・1階よりも盛り上がりには欠けるが座ったり全体を眺めたいなら2階
を選ぶのもありでしょう。

ただし、2階は1階に比べると収容人数がかなり少ないので
チケットは早く売り切れたり、抽選の場合は外れることも多いです。


自分がライブをどう楽しみたいか、
また、チケットの番号も考えて、
入場後にどこらへんに行くのかを決めるとよいでしょう。



 

注意

  •  <その他注意点1>

    モッシュは汗だくになるので多少の汗臭さは仕方ないですが
    制汗スプレーなどで最低限のエチケットはしていくことを推奨します。
    最近の制汗剤はどれも優秀です。
    着替えを持っていくのもおすすめです。
    しかし、会場や周辺のトイレなどで着替える際は、
    一般の利用者の迷惑にならないように注意しましょう。


    <その他注意点2>
    アーティストが煽っていないのに、演奏に合わせて歌わないほうがいいかも。
    これは本当に場合によります。
    静かな曲が多い歌手のライブでは特に、
    隣や後ろで歌われると、意外と周囲に聞こえてしまい

    アーティストの歌声がかき消され、迷惑に感じる人が多いようなので
    気をつけましょう。

  • また、曲と曲の間などの声援や声かけも適度なら雰囲気を盛り上げますが、あまりに過剰になると場が白けます。

  • 何度も同じアーティストのライブに通っていると常連アピールしたくなることもあるかもしれませんが、それも同様です。

    <その他注意点3>
    ゴミのポイ捨て

    モッシュなどでフライヤー(会場で配られるチラシ)
    などが下に落ちることは
    よくありますが、
    ペットボトルやその他の意図的に捨てられたゴミは
    とても目立ちます。
    できればでいいのでライブ後に拾ってゴミ箱に捨てましょう。


●その他
以上で述べた事項は一般的な例です。
アーティストによって特殊ルール

(特定の曲での振付けや掛け声、主にアイドルやソロ歌手系でペンライトやその他グッズの使用など
がある場合がありますが
たいていは強制ではなく、やりたい人がやるものと思います。
気になる場合は同じファン同士で情報を集めたり、
知恵袋で検索したりしてみてください。

ライブ当日のことについては関連知恵ノート
【ライブ当日編】で細かく説明していますので
お暇でしたらご覧ください。
長くなりましたが、お役に立てれば幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【扶養内の働き方】103万の壁と...
何故103万円・130万の壁と言われるか?パートで得る所得は基...
編み込みのやり方が分からない...
編み込みは、表編み込み・裏編み込み・ゆる編み込みなど・・...
スマートフォンを海外に持って...
はじめに最近はこの知恵ノートを御覧頂き良く質問も受け付け...
本文はここまでです このページの先頭へ