ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

舞妓さんになるには

ライターaoi199907さん(最終更新日時:2012/6/7)投稿日:2012/4/12

印刷用のページを表示する

舞妓さんとは

芸妓になるための修業中の女の子のことです。
お客様にお座敷で舞を見せ、お酌やお話をするのがお仕事です。
他、様々なイベントに出演することもあります。
置屋(京都では屋形)と呼ばれる家で、おかみ(おかあさん)、先輩芸舞妓さん(おねえさん)達と共同生活をします。
上下関係が厳しく、24時間監視されるような生活です。
相撲部屋や軍隊に例えられます。

仕込みさんとは

舞妓さんになるための修業中の女の子のことです。
置屋(京都では屋形)と呼ばれる家で、おかみ(おかあさん)、先輩芸舞妓さん(おねえさん)達と共同生活をします。
おかあさんやおねえさんのお手伝い、雑用をこなしながら、日舞や鳴り物のお稽古をします。また京ことば(花街ことば)や礼儀作法も覚えなくてはなりません。
置屋によっては毎日怒鳴られるような生活です。
また、寝る部屋がない(お座敷や廊下で寝る)ような、衣食住を欠くような置屋も存在します。
トイレに行く事も、水を飲む事も自由にできなかったり、食事をきちんと食べさせてもらえない置屋も本当に存在します。

祇園甲部、先斗町では仕込みの期間は1年。宮川町では10カ月。祇園東、上七軒は半年。

大変厳しい生活のため、仕込みさんの半分はやめていきます。

京都五花街とは

祇園甲部、上七軒、先斗町、祇園東、宮川町の5つの花街のことをいいます。
それぞれの街の特色については、インターネットで検索すれば、様々なことが書かれていますので割愛します。
ただし「どこそこの花街はいじめがなくなごやか」などといった書き込みは嘘です。厳しい女の世界でいじめがないわけがありません。

舞妓さんになるための条件

置屋さんによって条件は変わります。
・心身ともに健康であること(アトピー、アレルギー、喘息、他持病がある人にはお勧めできません。ストレスで悪化する可能性もあります)
・13歳~18歳くらいまでの未婚女子(中卒15歳が一番好まれます)
・身長160cmくらいまで(どんなに高くても165cmくらいが限界)
・親の承諾があること。親と一緒に面接に来られること。
・ある程度容姿端麗であること。
・厳しいしきたり・修行に耐えられる忍耐力があること。
・体力があること(非常にハードな仕事です)
・髪と肌が丈夫であること。
・太りすぎまたは痩せすぎでないこと。

置屋さんに入るには

1.親を説得する。
舞妓さんとはどんな仕事で、自分はどうなりたいのかをしっかり親に説明できるようにしておきましょう。
特に中卒で行く場合、学歴のこと、やめた後どうするのかなど、親御さんは非常に心配されます。

2.ツテやコネがないか探す。
日舞などの習い事をしている人は、お師匠さんにツテがないか聞いてみましょう。
もちろん親や先生にもツテやコネがないか聞いてみましょう。
京都にある老舗の舞妓変身所などは、本当に花街とつながりがある場合があるので、遊びに行く機会があれば、ぜひ聞いてみましょう。

ツテやコネが見つかれば、それを使って置屋さんを紹介してもらいましょう。
以下はツテやコネがない場合です。

3.舞妓募集をしている置屋さんを探す。

ネットで募集をしている置屋さんは以下があります。

中里(以下の置屋は上七軒)
http://www.nakazato.net/
〒602-8381 京都市上京区北野上七軒


http://www.ichi-kyoto.jp/

梅乃
http://www.kyoto-umeno.com/information.html

しげ森(以下の置屋は宮川町)
http://ochaya.kyo2.jp/e94911.html

たけもと
http://takemoto-miyagawacho.com/tkm_p06000.html

よし富美
http://www.kyoto-hotline.co.jp/yoshifumi/mailto.html

川久
http://www8.ocn.ne.jp/~kyotoweb/bosyuu.htm


置屋さんではなく、組合に応募する方法もあります。

祇園甲部組合
祇園東お茶屋組合
宮川町お茶屋組合
先斗町お茶屋営業組合
上七軒お茶屋組合 

その他の応募先

宮川町舞妓募集/東山女子学園
先斗町歌舞会
おおきに財団



また「京都五花街」という本では、すべてのお茶屋置屋の電話番号が載っています。ネットで募集をしていない又は、住所や電話番号がわからない置屋さんへ問い合わせをしたい人はこの本を買って調べてみましょう。



4.置屋さん又は組合へ問い合わせの電話をする。

各花街が忙しいをどりの時期はさけて電話しましょう。
電話をする時間は午後1時~4時くらいが良いでしょう。

電話での会話例
「お忙しいところすみません。私東京在住の○○と申します。おかみさんはいらっしゃいますか?」
「私東京在住の○○と申します。舞妓になりたいと思いお電話差し上げました」

年齢、身長などを聞かれるでしょうからはきはきと答えましょう。
年齢や身長だけで断られる場合がありますが(高卒とか身長160cm超え)
「書類だけお送りしてもよろしいでしょうか?」と言ってみましょう。
書類だけならみてみましょう、と言ってもらえる可能性があります。
すぐにあきらめないこと。

おかみが不在で話せない場合もあります。大きい置屋では電話番の方がいて、実際はおかみがいても「おかみは不在です」と言う決まりになっているところもあります。
書類審査の申し込みだけなら、電話番の方にお話してもいいです。
できればおかみと話しておいた方が良いので、「不在」といわれたら「何時頃にお帰りですか?その頃にお電話してもよろしいですか?」と聞いてみるか、日を改めて電話します。

また組合へ電話をかける場合は、電話に出た人と話すことになります。組合長さんかもしれませんし、ただの電話番の方かもしれません。
この場合も「書類をお送りしてよろしいでしょうか?」と言って了解をとります。


5.書類審査

☆必ず4番の問い合わせの電話をしてから、書類を送りましょう。いきなり書類を送りつけるのは失礼にあたります。
いきなり書類を送った場合返事がもらえないことが多々あります。


書類審査で落とされるほどもったいないことはありません。
しっかりとした書類を用意しましょう。

書類審査に必要なもの
履歴書(市販のもので可。身長、体重、足のサイズ、視力、血液型、お稽古ごとも書きます)
手紙(挨拶と自分がいかに舞妓になりたいかということをPRしてください。その季節に合った便箋を使うなど工夫しましょう)
写真(顔写真と全身写真。明るくきれいに写っているもの。実物とあまりにかけ離れているものはNG。洋服は制服かワンピースが良いでしょう)

以上をクリアファイルに入れそれから封筒に入れます。

書留や速達で送ります。(これは郵便事故を防ぎ、やる気を見せるためであえて普通郵便では送りません。)


書類審査の結果を待ちます。
1か月待っても連絡がない場合は、電話で問い合わせましょう。
普通書類審査に合格していれば1~2週間で連絡がきます。


☆「1か所にしか応募してはいけない」と勘違いしている人がいますが、複数に応募することが可能です。
ただし、同じ花街の置屋さん2つに応募する、ということはやめましょう。
祇園甲部と先斗町に応募する、といったように別々の花街に応募すれば問題ありません。

6.面接

書類審査に合格すると面接にくるように言われます。
親と一緒に面接に行きましょう。
服装は制服が良いでしょう。制服がない場合は女らしいワンピースが良いでしょう。
超ミニなどはNGです。
ピアス、マニキア、アクセサリーは外し、爪は短く切ってから行きましょう。

面接ではなぜ舞妓さんになりたいのかと聞かれる場合が多いのでしっかりとした答えを用意しておきましょう。
「格好が綺麗だから」では無理ですよ。

面接は和室で行われるかもしれません。畳のへりは踏まないように、ふすまの開け閉めは膝をついて、くらいの基本的なマナーは実践しましょう。

面接は合格の場合、その場でいつから来るか?などといった話になります。

7.体験入門

一部の置屋さんでは、実際に入門する前に「体験」として入門する場合があります。
これも選考の一部です。
口答えをせず、なんでも「はい」「はい」と素直に言うことをききましょう。
また置屋の衣食住の状態、生活環境、生活時間をよく観察し、本当に自分がそこでやっていけるか確認しましょう。
寝る部屋がない(お座敷や廊下でねる)ような置屋さんだった場合、残念ながらハズレです。
衣食住にも欠くような置屋さんに入ってはいけません。他を探しましょう。
また、舞妓さんの部屋を見る機会があると思いますが、部屋が汚く物が散らばってぐちゃぐちゃになっているようだったら要注意です。基本的な生活の躾もできないハズレの置屋さんの可能性が大です。
食事は3食、決まった時間にきちんと栄養バランスの取れたものを毎日食べさせてもらえるかも確認しましょう。信じられないかもしれませんが、まともな食事すら与えてもらえない置屋さんがあります。
体験入門はあくまで体験です。体験の時には怒鳴られたりいじめられたりすることはありませんが、実際に入門すると怒鳴られたりいじめられたりは当たり前です。

8.入門


ここまでの道のりをへて晴れて入門となり、厳しい生活がはじまります。



Q&A

Q
高卒なのですが、舞妓さんになれますか?
A
高卒だというだけで断られることがありますが、高卒舞妓さんは多々いらっしゃいます。あきらめず色々な置屋さんをあたってみましょう。
ただのお客さんなのに異常に花街に固執している方々など(花街マニアさん)は、「高卒では舞妓になれない」というかもしれません。が気にしないように。
高卒舞妓さんは年齢詐称をしていることがほとんどなのです。20を過ぎているのに、お客さんには「18どす~」などといいます。お客さんはこれを信じて「舞妓さんは中卒なんだ」と思い込んでいるのです。
私がいた花街では8割が高卒舞妓さんでした。そしてお客さんには年齢詐称をしていました。

Q
身長が160cm以上あります。
A
165cm以内ならとってくれる置屋さんがあるかもしれません。あきらめず色々な置屋さんをあたってみましょう。
祇園東、上七軒は古い置屋さんが多くサイズの小さな着物しかない場合がほとんどなので、この2つの花街以外がお勧めです。

Q
大卒(or社会人)なのですが、舞妓さんになれますか?
A
過去、大卒の舞妓さんがいたことはありますが、通常コネなどがないと不可能でしょう。舞妓さんではなく芸妓さん志望として応募してみたらいかがでしょうか?
芸妓さん志望として入ってから(入る前に相談しても通常は断られてしまうので、入ってからにしましょう)「できれば舞妓からでたい」とおかみに相談することをお勧めします。

また、現在の舞妓志願者多数の状態では考えにくいことですが、舞妓さんが足りなくて急きょ舞妓に、という可能性もないわけではありません。

重要なことはとにかくあきらめないことです。色々な可能性にかけてみましょう。

Q
携帯電話は持てないの?

A
一部の置屋さんでは仕込みのうちは携帯電話を持つ事を禁止しています。が全体としてみれば携帯電話可の置屋さんが多いようです。

Q
実家には帰れないの?

A
厳しい置屋さんでは仕込みの1年間。舞妓になってから1年間実家に帰れないところがあります。しかしそれは少数で普通は夏休みとお正月休みに実家に帰らせてもらえます。

Q
いじめのない花街(置屋さん)に入りたいです。
A
いじめがないところはありません。嫌なら入らない方が良い世界です。多少いじめられるくらいの方がやる気が出るというような人が向いています。

Q
仕込みさんをやめさせられることってあるの?

A
あります。
まず、おかみ(おかあさん)に嫌われると、なんらかの理由をつけてやめさせられます。
いじめを気にするより、おかあさんに嫌われないように十分気をつけましょう。

やめさせられる理由として多いのは、病気・お稽古事が上達しない・太ったなどがあります。
おかあさんに好かれていれば、病気になっても(よほどの重病でなければ)療養させてもらえますし、お稽古事が上達しなくても、仕込み期間を延長してもらえます。太った場合はもちろんダイエットですね。

「舞妓に向いていないからやめさせられた」とよくいわれますが、「おかみに嫌われてやめさせられた」というのが実態の場合が多いです。十分気をつけましょう。

Q
舞妓さんはお酒を飲むの?

A
舞妓さんはお酒を飲みます。仕込みのうちから宴会(お座敷)の手伝いなどでお酒を飲む事もあります。
下の写真は舞妓さんがお客さんと一緒にビールの一気飲みをしているところです。表の写真もありますが、それを公開することは控えさせていただきます。
また、お客さんのHな話につきあったりすることも多々あります。

一気飲み 

Q
ヤバイ置屋に入ってしまったようなのですが。

A
ヤバイ置屋(ハズレ置屋)は確実に存在します。
例えば
・寝る部屋がない(お座敷や廊下で寝る)
・一日中怒鳴りまくられる
・何時間も説教をされる
・暴力をふるわれる(現在は稀でしょうが、万一暴力をふるわれたら即ハズレ置屋と判断しましょう)
・トイレに自由に行かせてもらえない
・水さえ自由に飲めない
・食事をきちんと食べさせてもらえない
・部屋がぐちゃぐちゃに散らかっている
・壮絶ないじめがある
あなたの入った置屋がこんなところだったら?
それはハズレ置屋です。
そんなところで半年~1年我慢できますか?
我慢できて舞妓になれたとしても、もっとハードで辛い生活が5年も続くんです。
普通の人は病気になるでしょう。
簡単に治る病気なら良いですが、精神を病んだり、完治が難しい病気になったりしたら?
そうなる前に、やめて家に帰りましょう。
舞妓になる夢があきらめられないなら、東京六花街など京都以外の花街を含め、他の花街へ移る事を検討しましょう。

Q
ハズレ置屋を見分けるにはどうすればいいのですか。

A
面接時に以下をチェックしておきましょう
・タクシーの運転手さんに置屋さんの評判を聞く。
往復2回タクシーを使う事になると思いますので、2人の運転手さんに話をきけます。はっきりとは答えてくれないかもしれませんが、例えば「あそこのおかあさんはなぁ・・」などと言葉を濁したりしたら要注意!ハズレ置屋さんの可能性大です。はっきりと「あそこのおかあさんには力がないから」などといった情報が聞ける場合もあります。
・部屋があるのか聞く
「お部屋はおねえさんと相部屋ですか?」などと聞いてみましょう。
一人部屋があるのがベスト。二人部屋で同期と一緒になると言われたらよし。おねえさんと一緒とか、みんなで雑魚寝と言われたら結構キツイと思いましょう。部屋がない置屋はハズレ置屋です。
また、なるべくお部屋を見せてもらいましょう。
・芸舞妓さん、仕込みさんが何人いるのか聞く
あまりに多数の芸舞妓さんを抱えている置屋さんは、いじめの標的になる可能性も高くお勧めできません。
置屋さんの中を見せてもらう
「お家の中を案内してもらうことはできますか?」などと聞いてみましょう。または親にいってもらっても良いです。心地よく置屋の中を案内してくれればOK。「今はゴタゴタしていまして」などといって断られたら要注意!見せられない何かがあるのです。
・置屋さんのまわりを見てまわる
面接終了後、置屋さんのまわりをぐるりとまわって見てみましょう。建物の大きさを確認し、窓の数などからだいたいの部屋数がわかるはずです。

とりあえず最低でも上記のチェックは忘れずに。
自分がそこに住むことになるかもしれないのです。部屋を借りる時のような入念なチェックが必要です。
主に衣食住の「住」の部分のチェックですね。住環境が良いと、衣食も良い可能性が高いです。

Q
舞妓さんをやめた後はどうなるの?
A
年季奉公(通常5年)が終わった後は、花街に残るか別の道に入るか決めなくてはいけません。
別の道とは結婚、進学、自分でお店を経営するなどです。
寿退社が一番多いとされている世界ですが、実際は水商売に流れていく人が一番多いとか。そういったこともよく考えましょう。

Q
年季の途中でやめると違約金が取られるとは本当ですか?
A
一部の置屋では本当に取られるようです。400万とか600万といった噂があります。が、この違約金制度自体違法ですので、実際にそのようなことになった場合は弁護士さんに相談しましょう。
「弁護士さんに相談しています」というだけで、京都の人はたいてい引きさがります。(物事をおおごとにするのを嫌がるため)

Q
中卒になることに抵抗がある。

A
確かに現代社会で中卒の学歴になってしまうのは、大きな問題です。
まずは高校に進学しましょう。
高校生活を送りながら、自分は高校生活や学歴を捨ててまで舞妓さんになりたいかよく考えましょう。
「やはり高校生活は自分の望んだものではなかった。舞妓さんになりたい」と思ったら、その時点で置屋さんを探し、見つかれば高校を中退して入門すればいいのです。
「あれ、やっぱり高校生活っていいかも?」と思ったら、そのまま卒業まで高校ライフを楽しみましょう。
高校卒業後でも、あなたに舞妓としての素質があれば、受け入れてくれる置屋さんは必ず見つかります。

反対に言えば、中卒であろうが高卒であろうが、素質のある人は入門でき素質のない人はどんなにやる気があっても入門できない世界です。

また、素質もやる気もあっても多数の人が病気になってやめていきます。(それだけ厳しい生活です)

置屋に入れたものの、学歴が中卒や高校中退になってしまい舞妓さんにはなれなかったという最悪の事態も考えておきましょう。
定時制や通信の高校に通いなおす、高認をとり専門学校や大学に進学する(高認は学歴とは認められません)といった、人生のリセット方法も頭にいれておくこと。

また、他の花街にうつるという方法もあります。
その際、京都だけではなく東京六花街など京都以外の花街も視野に入れておくとよいでしょう。
京都は気候も厳しく、その他すべての面においてハードです。

Q
舞妓さんは水商売なんですか?

A
水商売です

Q
水揚げってあるんですか?お客さんと性的な関係を持つことってあるんですか?

A
現在、水揚げはないと言われています。
(われしのぶからお福に髪型を変えることを、水揚げと呼ぶことはあります。昔は髪型が変わることが旦那と性的関係をもったことの印だったのです。)

ただし現在でも旦那(スポンサー)の制度は残っています。
旦那がつけば、当然その男性と性的な関係を持つことになります。
旦那をもつのは通常芸妓さんになってからですが、舞妓のうちに旦那がつくこともあります。

Q
知恵袋で「舞妓さんにはなれない」「諦めろ」といわれた。

A
無視しましょう。
舞妓さんへの適正があるか判断するのはおかみです。他にそれができる人は誰もいません。
また、知恵袋などで質問する場合には「花街との関係を書いてください」と書いておくことをお勧めします。花街とどんな関係があるのかわからない人に悪く言われて傷つくのはあなたです。また、間違えたことを教えられる可能性もあります。
花街との関係を明かせない人の言う事は、特にきかないようにしましょう。

実話(ハズレ置屋さんに入ってしまった私)

お部屋はなく廊下やお座敷で寝ました。すごく狭い置屋なのに芸舞妓の数は多くて住環境は最悪。
ご飯は1日1食夕飯はお手伝いさんがつくってくれてきちんと食べられましたが、朝昼はご飯がなかったり、カップめん1つだったりコンビにおにぎり1つだったり・・。1週間で4キロも体重が落ちたこともありました。
常に人に見張られていて水すら自由に飲めず、トイレにも自由には行けませんでした。
さらにおかあさんが説教好きで、毎日朝方4時5時まで説教。睡眠時間は4時間くらい。
いじめと思われる事もありました。私は怒鳴られました。それも毎日、1日中。先輩芸舞妓やおかあさんに。他の仕込みは、先輩芸舞妓全員に完全に無視されていました。
血尿がでました。
私はこれが普通というか修行なのかと思っていたのですが、後から聞いたらそこまでする置屋は珍しいそうです。
優しい置屋さんだと、あいている時間はコンビニに行ったり、近所を散歩したりすることもできるそうです。 また怒鳴ったりもめったにしないそうです。

どうしても舞妓になりたくて我慢していたのですが、見習いがはじまる寸前に過労とストレスからくる難治性の病気になってしまいました。

舞妓さんにはなれないと言われてしまったのですが


年齢の問題で舞妓さんになれない場合、芸妓さんからでる方法があります。
その場合25歳くらいまで入門可能です。
得意な事がある人(英会話やパソコンなど)が好まれます。
選考の方法は舞妓の場合と同様です。また仕込みの期間も舞妓さん同様あります。
三味線がひける場合、もっと年がいっていても可能です。

京都ではなく東京六花街で半玉さんとしてでる方法があります。
京都ほど厳しくはなく、仕事の内容は同じ、通常最初から給料がもらえます。
京都にくらべれば江戸っ子らしくすっきりしていて、京都ほど裏表がなく、案外楽しく働けるかもしれません。
年齢は18歳以上(高卒以上)です。

浅草には振袖さんという会社組織になっているところもあります。

近所に花街はないでしょうか?全国各地に花街はあります。家の近くの花街に入れれば自宅通勤なんてこともできます。


東京六花街のHP一覧です。
京都の舞妓さんに固執しすぎず、東京の花街も検討してみましょう。

東京新橋組合
http://www2.odn.ne.jp/shinbashikumiai/kumiai/

東京赤坂組合
http://akasakakai.jimdo.com/

神楽坂組合
http://www.kagurazaka-kumiai.net/

芳町
HPは見つかりませんでした。現在数名しか芸者さんがいらっしゃらない様子です。

向島墨堤組合
http://mukoujima-kenban.com/

東京浅草組合
http://www.asakusa-kenban.com/



全国の花柳界のHPへのリンクがあります。自宅近くに花柳界がないか調べてみましょう。
ざ・花柳界



■長文をお読みいただきありがとうございました。
舞妓志望者のお役に立てればと思い書きました。
映画やドキュメンタリーを見て、舞妓になりたいと思ったあなた。またユーチューブの動画などに憧れてる方。
映画やTV用に作られた世界です。
本当の舞妓の世界は、いじめありしごきありひいきありいびりあり、きつく理不尽なことばかりです。
よっぽど何かが好きでないととても続けられる物ではありません。

■花街との関係不明の50代(多分男性)から、大変不愉快やQAをいただきました。
どんなQにもお答えしたいと思いますが、必ずご自分と花街との関係を書いて下さい。

■このノートは約5年前の私の仕込み体験を元に、主に置屋に入る方法を書いたものです。
それ以上のことについては、最低限のことしか書いていません。
その際にはネット上の様々なサイトを参照させていただきました。参照サイトにつきましては、暇をみてまとめたいと思いますのでお待ちください。


参照および引用サイト(加筆中)
http://www.shokugyou.net/shoku-kawatta/maiko.html
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/芸妓

参考および引用文献(加筆中)
京都舞妓と芸妓の奥座敷
舞妓の反乱
おもちゃ
未知の京都 舞妓と芸妓
ぎをん桔梗家ものがたり
東京六花街 芸者さんに教わる和のこころ 新橋・赤坂・芳町・神楽坂・浅草・向島+八王子
夫婦で行く花街花柳界入門
日本髪の世界 舞妓の髪型編
祇をん 舞妓の四季
祇園のうら道、おもて道 女の舞台、一流の事情
祇園の教訓 昇る人、昇りきらずに終わる人
舞妓のお作法
女藝者の時代
祇園の舞妓
舞妓はんになってみませんか 京都宮川町の舞妓姉妹、君香さんと君晴さん 
京都・祇園流格別のおもてなし作法
祇園 粋(すい)な遊びの世界
花柳界はこんなところでございます。 お座敷の楽しみ方から芸妓とのつきあい方まで
京舞妓歳時記 溝縁ひろし写真集
すっぴん芸妓―京都・祇園のうっかり日記
お茶屋遊びを知っといやすか



☆このノート自体、加筆中です。時々見に来てください。ご意見・ご感想・間違いの指摘・花街情報などがありましたらお教えください。その際にはご自身と花街との関係を教えてください。

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2014/12/19 16:03:45

    komatsukidosuさん

    解決した

  • 送信日時:2014/09/30 10:44:02

    enuwai77さん

    感銘を受けた

  • 送信日時:2012/06/10 18:01:03

    zoosubozzさん

    学んだ

もっと見る

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

aoi199907さん

ピックアップ

妻のパート勤め、いくらまでな...
 はじめにパートやアルバイトの年収って、いったいいくら稼ぐ...
お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ