ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

オーガズムに関するうそ?本当?

ライターさん(最終更新日時:2014/7/26)投稿日: アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

男女のオーガズムの神秘を探ります。


ポイント

  •  オーガズム・オルガスムス・エクスタシー・絶頂・アクメ・イク・気をやる・・・数々の表現がありますが、古今東西、医学書も含めて多くの箇所で女性の方が男性よりも数倍から100倍もの快感を得るものと言われています。
     そして、それは男性器の挿入で得られなければならないと・・・。果たしてそれは本当なのでしょうか?
  •  男性側からすれば、羨ましくてしょうがないはずです。さらに女性は、男性の一度きりのオーガズムではなく、数度、あるいは十回以上も連続してイケる。夢のようなお話です。

オーガズムの男女差

 男女のオーガズムについての研究が海外で行われています。その結果は、驚くことに「男女差が確認できなかった」というものでした。医学者や心理学者により行われた確かなものにもかかわらずです。
 『オルガスムスのウソ』という単行本に記載されています。世間一般に思われているほど、男女の快感には差がないということです。
 受精時には、もともと同じ身体だったのですから、大きく違うこと自体、おかしいのです。知恵袋でも、女性の快感は男性の10倍、いや100倍。男の快感は射精の一瞬だけだが、女性は何倍もの長さだなど、平気で回答されています。なぜ、このようなデマがまかり通っているのでしょうか?

g4.jpg

    一般的に言われてきた、男女のオーガズムのグラフ(赤が女性、青が男性)

女性のオーガズム

 女性は、膣で(すなわち男性器の挿入)によってイクことで、真のオーガズムを得られると言われることが多く、女性自身もそう思っていらっしゃることが多いようです。
 クリトリスでイクのは、まだまだ幼稚で幼く、快感も小さいものだと世間では受け入れられています。そして、挿入でイク事が出来ないと多くの女性が(男性も)悩んでいます。
 そして、潮吹きについては、「潮吹き≠オーガズム」ということがやっと認識されつつあるようです。少なくとも、AVでの潮吹きシーンは強制的な排尿であることは間違いありません。オシッコと成分が違うとか、色も匂いもないと反論される場合もありますが、性行為中であり普段の排尿時と異なっていても何らおかしくありません。オシッコ自体、排尿直後は雑菌もなく綺麗なものです。


男性のオーガズム

 男性のオーガズムは、基本的には射精と同時に生じるためイッタかどうかが、目で確かめられます。そして、ほとんどの男性は亀頭部への摩擦により容易にオーガズムを得ることが可能です。
 種の保存のためには、射精は不可欠であり、性交(セックス)や自慰(オナニー)をせずとも、夢精という強制的に近い排出行為によりオーガズムに達してしまいます。このため、男性のオーガズムは女性のように神格化されることもなく、軽く扱われるように思います。

ヒント

 

行為中の喘ぎ声

 「あっ、あっ、いい、いい、う~っ!、いい、いい、おお~、イクイク、イク~!」
性行為における喘ぎ声は、殆どが女性のものです。男性はイク時に「うっ!」と一声発するだけ。これをもって、女性は性行為中に、男性の射精時のような快感を感じ続けているということが言われる場合があります。
 しかし、女性が喘ぎ声を出すのは、男性ほど興奮しにくいというハンデをなくすために、自ら喘ぎ声を出すことで、自分はこんなに感じているのだと、言い聞かせるために出すものということです。気持ちいいから出るのではなく、気持ちよくなるために出すというのが本当のところなのです。

 また、声を出すことで相手に対して気をひかせて守ってもらおう、庇護してもらおうという本能も働いているといわれています。

 

 

オーガズムの男女の反応

 オーガズム時には、男女とも0.8秒間隔の痙攣が数秒間生じるそうです。男性はこの時射精を伴います。女性は何も出ません。(笑) 
 潮吹きがオーガズムだと思っていては、女性に相手にされなくなります。
 また、女性のオーガズムの痙攣も男性と同様に外に放出する方向の痙攣が生じるそうです。女性がオーガズムに達すると、精液を吸い上げるように痙攣するなどとまことしやかに語る方がいますが、真っ赤なウソです。
 また、元々女性にはオーガズムは存在せず、長い進化の過程で獲得できたのだという説もあります。動物の交尾のように、雄の射精で性行為が終了するのなら、女性がオーガズムを得ることは非常に希です。これを、手や口による前戯によりオーガズムに達したり、喘ぎ声を出すことでより興奮させたりすることで、徐々に獲得できたというものです。

Gスポットはあるのか

 女性の膣内は感覚器官ではないので、入り口近く以外に快感を得ることはないはずです。多くの女性が(男性も)、挿入でイケないことに悩んでいます。それでも、挿入でオーガズムに達する女性がいるのも事実です。
 その多くは、挿入に伴い間接的にクリトリスなどへ刺激が及んでのものと考えられます。そして、膣内にはGスポットがあり、これを刺激することがオーガズムに繋がるという、Gスポット神話が強力に広まっています。
 しかし、Gスポットなどは存在しないという学説も根強く残っているのも事実です。これは、Gスポットはあると主張する一部の強硬な学説に引きずられているだけともいわれます。挿入でイクのが真の女性のオーガズムであるとしておけば、男性としては安心していられるわけです。レズビアンの方に対するコメントで、「男と(俺と)すれば、もっとイカせてやるのに。」、「女同士なんてもったいない。」などは、挿入オーガズムを過信する意見でしょう。
 女性自身も、「最後は、やっぱり挿入がないと。」と言う方もいらっしゃいますが、挿入オーガズムに踊らされているのかもしれません。

ポイント

  • ・オーガズムには、男性に射精が伴うこと以外に大きな男女差はありません。
  • ・挿入で女性がオーガズムを得にくいのは、身体の構造上、やむを得ないことです。

 それでも女性の方が・・・


注意

  •  女性は、イクと「頭の中が真っ白になる」、「宇宙に飛び出したような、天にも昇る感じ」、「ジェットコースターで真っ逆さまに落ちるような感じ」、など男性以上の感覚がある。
     男性はイッて失神することはないけれど、女性は真のオーガズムで失神することがある。
     オーガズム時には、男女とも脳にθ波が現れるが、女性の方が範囲も時間も男性を遙かに超えるものである。
  •  男性が女性と同じ快感を得たら、脳波の状態からみれば死に至るなど、あり得ないことが書かれていたりします。
     これらをもって、女性の方がオーガズムの感覚が大きいという意見は、知恵袋内でも多く見かけます。 

 オーガズムによる失神

 真のオーガズムは男性器の挿入による失神である。これを得ないうちは、オーガズムに達したとは言えない。結構この手のことを信用している男性(女性も)は多いようです。
 男性は射精で失神することはありませんが、確かに失神する女性は存在するようです。
 失神はコンサートなどでも見かけます。ほとんどの場合、女性です。男性がコンサートで失神、という話しは聞きません。まあ、男性が失神するようなコンサートというのも、考えにくいですが・・・。
 性行為中、女性は喘ぎ声を出すことや過呼吸になりやすいということがあります。また、男性のような腹式呼吸が苦手だということも考えられます。

オーガズム時の脳波

 オーガズム時には男女とも脳波にθ波が見られます。そして、オーガズム時のθ波は、女性の方が出る範囲も時間も長いそうです。これを持って、女性の方がオーガズムの快感が大きいと結論づけた学者もあり、結構指示されてきました。
 しかしこのθ波は、座禅などの瞑想時にも男女にかかわらず多量に発生します。性行為においては、女性は基本的に受け身になり目をつぶって快感を得ようとすることで、座禅のような瞑想状態に陥りやすいといえます。男性はこの時の女性の顔や声を見て聞いて興奮することから、瞑想状態にはなりにくいといえます。θ波の大小で快感の大小が決まるということではありません。
 別の例でいえば、オーガズム時には男女とも血圧は急上昇しますが、男性は女性よりも上昇がはるかに大きいですが、これだけで快感が大きいとは誰も言わないのと同じです。

頻回オーガズム(マルチプルオーガズム)

 男性は一回の行為中、射精一回きりですが、女性の場合、数回ないしこれ以上のオーガズムを得ることがあります。これを持ってすれば、女性の方が数倍ないしそれ以上の快感であることは明白です。ただし、男性も射精を伴わないドライオーガズムであれば、女性と同等な頻回オーガズムは可能といわれています。回数だけの比較ではないということです。
 

なぜ女性の快感が大きいといわれるのか

 古今東西、女性のオーガズムが大きいとは言われてきたことです。これについて、前掲の『オルガスムスのウソ』の翻訳者(女性)は、その多くは男性が発したものであり、その理由が分からないと後書きで不思議であるとおっしゃっていました。確かに、女性の方が快感が大きいというのは、AVが発達した現在だけでなく過去から言われてきたものであり、日本だけではなく海外でも言われてきたようです。

 これは私見ですが、女性の方が快感が大きいと言っておいた方が、男性にとって有利だったということがあるのではないでしょうか。

 まず、男性は女性器の挿入により容易に快感がえられるので、ペニスの挿入により得られるオーガズムが最高のものと信じ込ませれば、女性がイカなくても相手の問題にすり替えやすいです。

 その気になりにくい女性に対して、性に対しての興味を持たせることで性行為に持ち込みやすくなります。「女性は男より何倍も気持ちいいそうだぜ。俺が気持ちよくさせてやるよ。」とか言っているのが、想像できませんか?

 

 また、女性のオーガズムを神格化することで、男性は自虐的に興奮できることもあるのではないでしょうか。男性のほうがM傾向が強いのかもしれません。

結論として

 基本的には、オーガズムに男女差は、存在しないのだと思います。人類の進化により、女性ははじめてオーガズムを獲得し、その表現により男性を繋ぎ止めようとし、男性はその表現に酔い、女性をオーガズムに導くことを一つの目標とし、今日に至っているのではないかと思います。
 個人的意見ですが、男性はフェラチオをしてもらうよりも、クンニリングスで女性がよがりオーガズムに達するのを見届ける方をより好みますが、女性はフェラチオでイカせるよりクンニリングスで自らの痴態を見てもらうことに喜びを見いだしているように思います。
 お互いに 
        〈もう少し続きます〉


参考文献

オルガスムスのウソ (文春文庫)  ロルフデーゲン著

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書) 中野信子著
































アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2015/03/16 17:23:41

    saya75873434さん

    助かった

  • 送信日時:2013/08/26 16:52:12

    taka10109502さん

    画像がほしいな

  • 送信日時:2012/07/21 10:45:56

    bd_st_marcel_parkさん

    ここが気になった

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:2-1

カテゴリマスター

taktak2877さん男性

これまでに、100キロマラソン1回、フルマラソン10回完走しまし...[続きを見る]

その他の知恵ノート(4件)
性に関する話題
通信制大学について
Yahoo!知恵袋でBAを効率よくも...
法事におけるお布施の額

ピックアップ

【裏技】レンジでできる!フレ...
 はじめに「浸す時間無しでフレンチトーストが食べたい!」そ...
自己流‼︎スマホケース
大体の大きさを測ります。 こんな感じに…(^ ^)左右対象になる...
iPhoneを持って海外に行く時の...
はじめに最近はこの知恵ノートを御覧頂き良く質問も受け付け...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ