ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

iTunesでオリジナル音楽CDを作成する方法

ライターfushaku_shinmyoさん(最終更新日時:2014/6/1)投稿日:2012/4/17 アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する


★はじめに
iTunesのライブラリに登録されている曲から自分の好きな曲をCD-Rに録音する方法(ステップ1~5)を紹介します。使用したパソコンはWindows7で、主としてiTunes10.6.1(一部iTunes11.0.4.4.※以降Ver11と略します)で説明しています。


・ステップ1 光学ドライブの確認 
・ステップ2  CD-Rメディアの準備
・ステップ3 プレイリストの作成
・ステップ4 ディスクへの書き込み設定
・ステップ5 ディスクへの書き込み

ステップ1 光学ドライブの確認

お使いのパソコンの機種により、CD-Rに書き込むことのできないタイプもあります。
光学ドライブに記載されているロゴで書き込みができるタイプかどうかの確認ができます。

確認方法はこちらを参考にして下さい
http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/cd_dvd.html

書き込めないタイプと判明したとき

  • ・内蔵もしくは外付けの光学ドライブを購入しましょう。
    内蔵タイプは2、000円、外付けタイプは3000円ぐらいから購入することができます。
    http://kakaku.com/pc/dvd-drive/ 

  • ・光学ドライブは、DVDまたはブルーレイドライブへ移行しているため、CD専用ドライブは市場からなくなりつつあります。

  • ・DVDまたはブルーレイドライブでも書き込みのできるドライブなら、CD-Rへの書き込みも可能です。
 

ステップ2 CD-Rメディアの準備

日本製のCD-Rが高品質です。
特にCD-Rを開発した太陽誘電製のものは、書き込み失敗のリスクは殆どありません。
4906915506735.jpg

CD-R選びのポイント

  • ・CD-RWにも書き込みが可能ですが、CD-Rをお勧めします。反射率がCD-Rに比べて低いので、CD-RWの対応を謳っていないオーディオ機器が多いためです。

  • ・容量の違いで700MB、650MBの2種類のタイプ、さらに用途の違いでデータ用、音楽用の2種類のタイプがあります。パソコンでは音楽用/データ用どちらのタイプも使用することができます。
    データ用700MBのものを選びましょう
    700MBの方がより多くの曲を記録することが可能であり、データ用が安価であることがその理由です。

    ・外国産または100円均一ショップのメディアは品質が今ひとつのものが多いので避けた方が賢明です。

ステップ3 プレイリストの作成

  1. 書き込みたい曲のプレイリストを作成します。
    iTunesを起動し、画面左下にある+ボタンをクリックします。

    注意

    • Ver11の初期状態ではこのボタンが表示されません。
    • 表示させるには、2つの手順を踏んでください。
    • ・手順その①
       i画面左上にある画像赤枠部をクリックし、
    •  無題.png
    • ”メニューバーを表示”をクリックしてください。
    •  無題.png
    • ・手順その②
    •  手順①を実行して表示されたメニューバーにある”表示”メニュー>”サイドバーを表示”の順にクリックしてください。
       無題.png
    • そうすると、画面下左に+ボタンが表示されるようになります。Ver11では、表示されるアイコンが2つになりました。
    • 無題.png

  2.  [無題のプレイリスト]が作成されますので、好きな名前(この例ではベストセレクション)に変更します。以降iTunes10.6.1画像を使用しています
    _.png
  3. [ライブラリ][ミュージック]を選択します。
  4. [ライブラリ][ミュージック]から今作成したプレイリストの名前に好きな曲をドラッグ&ドロップします。
    iTunes無題.png
  5. 追加したい曲を同じ手順でプレイリスト(ベストセレクション)へドラッグします。
  6. 作成したプレイリストを選択すると、あなたが選曲した曲が表示されます。これでプレイリストの完成です。
    iTunesPlaylist.png

      ポイント1
     画面下中央部にプレイリストに登録した、曲の再生時間、ファイル容量が表示されます。
     

      ポイント2
     オーディオCDで作成する場合、1枚のメディアに記録できる時間に制限があります。
     700MBのメディアは約80分、650MBのメディアは約74分が最大です。


ステップ4 ディスクへの書き込み設定

  1. CD-Rをドライブに挿入します。

      注意

    • ・何も書き込んでいないCD-Rを挿入して下さい。
    • (一度書き込んだCD-Rへの追加書き込み・削除はできません)
     
  2. 作成したプレイリストを右クリックし、[プレイリストからディスクを作成]を選択します。無題.png
  3. [ディスク作成設定画面]が表示されます。ディスク作成設定画面

    ・各項目の説明
    [ディスク作成機能] -CD-Rに書き込むドライブを指定します。複数のドライブがある場合には、右端の”▾”をクリックしてドライブを選択して下さい

     

    [推奨速度]-通常は最大のままでかまいません。音飛びとか、ノイズが入るようでしたら、4倍以下にすると改善できることがあります。

     

    [ディスクフォーマット]-オーディオCDにチェックを入れて下さい。

      注意

    • ”MP3 CD(M)"、"データCDまたはDVD(D)"にチェックを入れると一般のCDプレーヤーでは再生できません。

     [曲の間隔]-通常は2秒でかまいません。お好みに応じて調整して下さい。


    [サウンドチェックを使う]-チェックを入れるとCD-Rに書き込むファイルの音量を揃えることができます。

    [CD-Textを含める]-チェックを入れると、CD-Textに対応したプレーヤーでは、曲のタイトルなどが表示されるようになります。

    CD-Textとは、http://www.sophia-it.com/content/CD-Text

     

     

ステップ5 ディスクへの書き込み


[ディスクを作成]
-クリックするとCD-Rへ書き込みを開始します。
無題.pn1g.png

あとは、書き込みが終了するまで待つだけです。

※これで、iTunesでオリジナル音楽CDを作成する方法の解説を終了いたします。
あなたの音楽ライフをサポートするのに役立てば幸いです。
 また、このノートがお役に立つた場合は、下の「ナイス」ボタンを押していただけると励みになります。 

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2014/04/08 08:42:56

    q29i3_7さん

    解決した

  • 送信日時:2014/03/31 00:56:55

    momonohana321さん

    ここが気になった

  • 送信日時:2014/02/08 06:13:42

    riehitomiさん

    解決した

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

スマートフォンの料金を極限ま...
※2015/3/8 久々更新。っていうかプロバイダ増えすぎだろ・・...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
【扶養内の働き方】103万の壁と...
何故103万円・130万の壁と言われるか?パートで得る所得は基...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ