ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

これで注射が痛くない!! ~痛みを緩和する方法~

ライターさん(最終更新日時:2012/5/10)投稿日: アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

はじめに  


 ほとんど全ての方が、今までに注射を打たれた経験があるかと思います。

 小児の頃は予防接種など、成人になっても職業上予防接種を受けたり、または仕事を休むわけにいかず注射を一本!(真面目に書いています)という方もいらっしゃるはずです。

 一方で、予防接種なんてしなくていい、どんなことがあっても注射は嫌だと、注射の痛みに対し先端恐怖症にも劣らない恐怖心を持つ方もいらっしゃいます。

 今回述べさせていただく方法では、皆さんが実践できるものと、医療者側の立場からの両方を記したいと思います。

 簡潔に書かせていただくので、気軽に読んでいただければと思います。

ポイント

  • 注射は、針を皮膚に直接刺すために痛みを伴います。
    痛みを緩和するには限界がありますが、できる範囲の努力をしましょう。
 

注射針

 当然、先が尖っていなければ痛いのは当たり前です。

 医療者は、アンプル(薬液が入った、針を直接刺して吸う瓶)などから薬液を吸うとき、アンプルの底にコツコツと針先を当てすぎると鋭利な針先を痛め、針を刺すときに抵抗が生じて痛みが増してしまします。

 注射を打たれる前に「ちょっと、針先大丈夫!?」など、怪訝な顔で伺ってみましょう。


注射の方法

Ⅰ、針の刺入と抜去の速さ


 針は素早く入れ、素早く抜くと痛みが減るといわれています。

 新米看護師の中には、刺すことが怖いためかツンツンと針先を患者の皮膚に当てて、余分に痛い思いをさせてしまうことがあります。

 「刺すなら一回で思い切って刺して!!」と悲痛な顔で叫びましょう。
 
 

注意

  • 「思い切って抜いて!!」は看護師がびっくりして、まだ刺さっている針が暴れるかもしれません。  
 

Ⅱ、刺入する皮膚・筋肉などの状態


 筋肉注射の時には、皮膚を張って、筋肉が弛緩したときに刺します。

 三角筋への筋肉注射なら肘をまげて前腕を腹部の前に置けば三角筋が弛緩し、臀部(お尻)なら足を内股にして伏臥位(うつ伏せ)をとると臀部の緊張が緩んで、少し痛みが和らぐといわれています。

 筋肉注射部位を軽く叩いて緊張させ、その直後に筋が弛緩するのを狙って刺すのも効果的なので、「もっと叩いて!!」と促すのも良いかもしれません。

Ⅲ、注射部位の疼痛感覚軽減法

 
A、圧迫法

 注射をする部位を針を刺す数秒前からかなり強く圧迫しておき、手を放した瞬間に消毒して注射すると、痛みをあまり感じなくて済むといわれます。

 この方法はテレビで取り上げられたほど効果的なものなので、是非看護師にお願いしましょう。                      
   

なんで痛くないの?

  • この方法は、皮膚の圧迫刺激が脳に伝わり、痛みの脳への伝達が一時中断することによっておこるものです。
 

B、  局所麻酔剤の貼付法

 注射の30分ないし一時間前から局所麻酔剤(リドカインテープなど)を貼付しておき、刺入部の痛みを緩和させる方法です。

 どうしても我慢できない場合にお願いしてみましょう。


C、冷罨法

 氷嚢(氷まくら)などで注射部位を冷やし、感覚を麻痺させ、針刺入の痛みを軽減させる方法です。

 ただし、この方法は血管を収縮させるので、静脈・点滴静脈内注射には適しません。

Ⅳ、気を逸らす、リラクゼーション


①息を吐きお腹をへこます

 息を吸った後、お腹をへこませて息を吐いていくときに針が刺さると痛みが緩和されます。

 これはお腹に意識が集中するためなので、”ピーピー”の方はやめておきましょう。


②コミュニケーション

 話をすることでリラックスした気持ちになり、気を紛らわせる方法です。

 馬鹿げていると思われるかもしれませんが、筋を弛緩させることで痛みを緩和させる立派な対処法です。

 
                 要は、気の持ちようです。



③深呼吸


 リラクゼーションと筋の弛緩を狙って、注射前に深呼吸をし、呼気時(息を吐く時)に針を刺す方法です。

 看護師との共同作業です。

Ⅴ、アルコールの皮膚内注入防止


 皮膚消毒用のアルコールが乾かないうちに針を刺されると、消毒効果が不十分なだけでなく、アルコールが針について皮下に入り痛みが増すといわれています。

 したがって、アルコール綿での皮膚消毒後は、アルコールが乾いてから針を刺してもらうようにしましょう。

 乾かぬうちに刺そうとしたら、看護師に顔面パンチ「ちょっと待ちな!」とメンチを切りましょう。



                ご清聴ありがとうございました                                   

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2014/06/18 07:17:57

    obiobitubaさん

    助かった

  • 送信日時:2013/10/24 20:44:15

    kanis_julyさん

    助かった

  • 送信日時:2013/09/04 21:36:48

    e_ema12さん

    学んだ

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-3

sora_v_vbさん女性

ピックアップ

スマートフォンの料金を極限ま...
※2015/3/8 久々更新。っていうかプロバイダ増えすぎだろ・・...
妻のパート勤め、いくらまでな...
 はじめにパートやアルバイトの年収って、いったいいくら稼ぐ...
大学生を持つ親御さん、お子さ...
お子さんも大学生になり、学費や生活費の仕送りに奔走されて...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ