ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

Kis-My-Ft2デビューまでの軌跡

ライターtai1122123さん(最終更新日時:2012/5/12)投稿日:2011/12/18 アドバイス受付中!

印刷用のページを表示する

今回はKis-My-Ft2(キスマイフットツー)を結成から紹介して行きます

現在Kis-My-Ft2のメンバーは7人

ポイント

K i 北山宏光
S  千賀健永
M  宮田俊哉
Y  横尾渉
F  藤ヶ谷太輔
T  玉森裕太
2  二階堂高嗣
※メンバーの頭文字でグループ名が出来ています
Kis-My-Ft2はローラースケートを履き、歌・ダンスをするグループです
グループ名の由来はタップダンサーのグレゴリー・ハインズが尊敬するサミー・デイビス・ジュニアの「靴にキスをした」という事で、それくらい尊敬されるグループになってほしいって想いが込められています。

Kis-My-Ft2結成は2005年7月ですが、その前の全身ユニットがKis-My-Ft.です。2004年4月4日にKis-My-Ft.がザ少年倶楽部の中で紹介されました。初代オリジナルメンバーは

ポイント

K 北山宏光
i 飯田恭平
s 千賀健永
M 松本光平(増田貴久)
y 横尾渉

F 藤ヶ谷太輔
t 冨田真央       
 その後、Kis-My-Ft.藤ヶ谷太輔 北山宏光 横尾渉 飯田恭平くんが主に活動することになります。

その後、2005年7月、A.B.C.Jr.で活動していた、玉森裕太 
千賀健永 宮田俊哉 二階堂高嗣くんが加入し、Kis-My-Ft2が誕生となります。
当時、飯田くんは2006年春頃までは一緒に活動していましたが、学業休業し、その後脱退しました。「i」の部分は現在は、kiのみっくんが担当しています。

Kis-My-Ft.時代は、太ちゃん&恭平くん、みっくん&ワッターの組み合わせが多く、太ちゃんと一番仲が良かったのが恭平くんです。(恭平くんはKis-My-Ft2では一番温厚だった人)

Kis-My-Ft2が結成され、兄組(藤ヶ谷太輔北山宏光横尾渉)
弟組(玉森裕太千賀健永宮田俊哉二階堂高嗣)と呼ばれるようになります。

Kis-My-Ft2が結成された時は、すでに、藤北が中心になり、オリジナル曲を披露して行きます。

主に活動していたのは、アイドル雑誌、TV少年倶楽部です。事務所の先輩のバックに付いたり、舞台も少しづつ出演していきます。
エイベックスのKis-My-Ft2プロフィールに、メンバーが出演してきたものが掲載されています。

Kis-My-Ft2は2008年にA.B.C-Zとファーストコンサートを繰り広げていきます。その時作られた曲がコラボ曲「Daybreaker」です。ちなみに、Kis-My-Ft.時代からA.B.C.(のちのA.B.C-Z)とはよく絡んでいます。入所時期が近い為絡みも多く、ファンの間では、エビキスと言われています。

その後、2009年からKis-My-Ft2は「Kis-My-Ftに010 逢える de Show」単独コンサート開催して行きます。
2010年には、Kis-My-Ft2写真集・ドワンゴから「祈り」「FIRE BEAT」を着うた配信※その当時1位「祈り」2位「FIRE BEAT」でした。同時期にドワンゴからCMをスタートさせます。
2010年事務所社長のジャニーさんがKis-My-Ft2のデビューを決めた舞台「少年たち格子無き牢獄」がありました。

2011年太ちゃん、みっくんの1月にスタートしたドラマ
「美咲ナンバーワン」の間に2011年2月12日に国立代々木第1体育館にてあの茶封筒が渡され、2011年8月10日に
「Everybody Go」デビューという経緯です。

≪Kis-My-Ft2オリジナル曲紹介≫

2005年
 千年のLove Song(作詞:Erykah、作曲:ha-j&J)
   ローラー全開 元々はK.K.Kityの曲。Kis-My-Ft.時代から歌わ   れてます。
2006年
 Endless Road
   (作詞:くまのきよみ、作曲、編曲:高橋哲也)

   この時に、1度カラーがありました。今とは少し違います
 TRY AGAIN(作詞:久保田洋司、作曲:飯田健彦)  
 祈り(作詞:松田モトキ、作曲:山口寛雄、編曲:CHOKKAKU)       
  名曲!のちに2010年ドワンゴで着うた配信1位になりました
 Ready?(作詞:白井裕紀・新美香、作曲:原田卓也) 
  コンサートでは歌われてるけど全パートはありません。
 Kis-My-Me-Mine(作詞:白井裕紀・新美香、作曲:Takuya Harada・JUNKOO、編曲、JUNKOO)
 初Mステで歌った曲、最初は太ちゃんkissの部分なかったんだけど(ドラマ中に作られた為)現在は千ちゃんの所を太ちゃんがKISSと歌ってます。

※ 2006年は太ちゃんドラマ下北サンデーズが重なり、少年倶楽部では太ちゃ
  パートはせんちゃんが歌ってました。
2007年
Good-bye, Thank you
(作詞:村野直球、作曲:太田雅友、編曲、石塚知生)

この曲を聞くと胸が熱くなります。大切な曲
FIRE BEAT(作詞:村野直球、作曲:velvetronica 編曲:宮永治郎)
この曲でKis-My-Ft2が開花したと言ってもいい曲。
2010年ドワンゴで着うた配信2位にランクイン

2008年
Brand New Season(作詞:漆野淳哉、作曲:尾飛良幸)
出発の曲、これを聞くと前向きに頑張ろうと思える
海賊(作詞・作曲:velvetronica)
ノリが良くて、最初の太ちゃんとわったーから始まる所大好き、ニカのソロも好き
Smile(作詞・作曲: SHUM、編曲、山原一浩)
  聞くと優しくなれる
Daybreaker(作詞:michiko motohashi、作曲:加藤裕介)
又、エビキスで歌ってる所がみたい。A.B.C-Zとのコラボ曲
2009年
Kis-My-Calling!(作詞:横山慶太、作曲:磯崎健史)

コンサートでは外せない曲、ファンとの掛け合いあり
Hair(作詞:白井裕紀/ 新美香、Rap詞:T.F xxx 作曲:STEVEN LEE、編曲:宮永治郎)
2009年8月26日に発売されたPLAYZONEのサウンドトラック「PLAYZONE2009 太陽からの手紙」に収録されてます。初めて音源化されたオリジナル曲 ※ RAP詞・T.Fxxxは太ちゃんのこと、キスマイの魅力が詰まった曲
雨(作詞・作曲:泉典孝)
優しいバラードです
テンション(作詞・作曲:加藤裕介)            この曲で2回目のMステに出演、ファンとの掛け合いあり

2010年
SHOOTING STARS(作詞:成海カズト/NAGAE、作曲:成海カズト)

キスマイらしい、ローラーダンス
Kis-My-LAND(作詞・作曲:浅利進吾)
テーマパークをイメージした曲

永遠のチケット(作詞:トブツバメ、作曲:葛谷葉子)
藤北のハモリを聞きたいならこれ
2011年
No.1?FIRE BEAT
ドラマ・美咲ナンバーワンでオリジナルで作られた曲であり、藤北の曲
My Love(作詞:821R、作曲:江上浩太郎)
3D Girl
(作詞:NAGAE/821R、作曲、編曲:Bryan Steele) 

みんなかっこよすぎる^^
No.1 friend(作詞:821R、作曲:馬飼野康二) 
藤北の曲
Rocking Party(作詞:北山宏光/藤ヶ谷太輔、作曲:ELFGREN STEPHAN MATS JOHN)
藤北が作詞、あの絡みが好き(笑)
※ Kis-My-Ft2がコンサートで歌っている、Winningrunは
光GENJIの曲、Home Party!は滝沢秀明くんの曲です。
みなさんは、どの曲が好きですか?私は多分みんなと同じ
全部大好き^^
***************************************************
これから、Kis-My-Ft2が結成された時期のメンバー様子を少し、紹介して行きます。メンバー個々は前回書いているので昔の事を少し

初めに、Kiのみっくんこと北山宏光くんですが、Kis-My-Ft.時代からメインボーカルでした。運動神経も良くて、当時から、お兄ちゃん的存在、太ちゃんとはKis-My-Ft.以前から、シンメを組んでいましたので立ち位置はすでに、この2人で決まっていました。Kis-My-Ft2では、突っ込みよりボケ(ごめん)が似合う人。ボケた後の表情がかわいんですよ。そして、ボケも滑るケースもある(ごめん)一番年上なのに、ノリもいいし、やる事が可愛いというか、喋り方もかわいいです歌を歌ってる時の顔はかっこいいです。後、みっくんも表情を見ると緊張してるとか、色々分かりやすいです。                                  

S
のせんちゃんこと千賀健永くんですが、Kis-My-Ft2が結成された当時、一番年下ってのもありましたが、口数はそんなに多い方ではなかったです。ただ、せんちゃんが話す内容が天然の為、笑いがおこるのはすでに、この時から

ただし、ダンスは当時から上手くて、目立ってました。当時から太ちゃんとは家を行き来する仲で入所当時にせんちゃん、太ちゃん、せんちゃんのお母さんで旅行に行った事もあります。太ちゃんはKis-My-Ft2の中で一番せんちゃんが面白いっていいます。せんちゃんから見たら太ちゃんは面白いらしく、そんな人から面白いって言われるのが嬉しいっていいます。大人しかったせんちゃんが変わったには、にかちゃんおかげだって^^
                         

のみやっちこと宮田俊哉くんですが、Kis-My-Ft2結成時から、いじられてた人^^太ちゃんが中心にみやっちをいじりだしますが、みんなテンションあがって、
みやっちのことが中心になったりします。みやっちは、ボケ担当で太ちゃんは上手く突っ込んでくれるのでいつも、「ありがとうっ」て思ってるらしいけど、いじられた内容・・書けません(笑)ただ、良く言われてたのは洋服が、やっぱり、オタク系なのか、みやっちの洋服センスは良く話題に出ます。現在も言ってるしね^^自分でKis-My-Ft2の一番人気があるとかかっこいいとか普通に言える人です^^でも、これを言ってメンバーが突っ込むのを楽しんでました。
                       

Y
のワッターこと横尾渉くんは、当時から、几帳面、綺麗好き、良く気が付く人で、Kis-My-Ft2の中では、意外と鋭い突っ込みを入れる時もあります、ワッターは良くキレてました、以前、いきなり太ちゃんに怒って、「もうお前とは口きかない」って言ったにもかかわらず数時間後には太ちゃんに「一緒に帰ろう」って言った人^^

太ちゃんいわく、意味不明ベスト10に入るらしい(笑)
昔から礼儀諸々メンバーに注意する人、弟組が気を使って敬語で話してたのを敬語無と決めた人です。ただ、時と場合で、「えっ今の?」っていう人です(笑)            

Fの太ちゃんこと藤ヶ谷太輔くんですが、(又長くなりそう)
太ちゃんは、サービス精神旺盛で、全てを笑いに持って行こうとする人、やることがかわいいというか、「あの~滑ってるし」って思っても、周りが楽しんでるならって、とにかくマシンガンのようにしゃべる人でした。ただ、少しづつそれを前面に出すことを減らしていきました。ただ、基本の性格は変わらないでしょう(笑)サービス精神は健在です。
 以前、太ちゃんが言ってたけど、周りを楽しくしたいって、落ち込んでる人がいたら、笑顔にさせたいって。太ちゃんは自分から悩みを聞く人じゃなくて自分に相談してきたら、精一杯聞く人、だから、見守るタイプだとおもいます。太ちゃんの目線等見てたら、メンバーを今気にしてるなってわかります。観察するとわかりますよ。表情に出やすいので、太ちゃんは直さないとって思ってるみたいだけど、私は解りやすくて好きです、やっぱり、デビューしたし、これから、変わるのかな??                              

Tのたまちゃんこと玉森裕太くんは、Kis-My-Ft2当時から控えめなイメージ、おとなしいというか、周りがうるさいってのもあるけど、自分から、前に出て話すタイプじゃないから、どうしても、みやっちと同じくらい、いじられる役回りで、最後には後輩にもいじられて、本当大丈夫?って思ってたけど、意外に切り返し方覚えて笑いに変えだし吹っ切れたのかな?最近は玉ちゃんをいじってるのは聞かなくなったけど、
太ちゃんいわく、玉ちゃんの反抗期みたいなのがあったらしくて、その時は「ほっといた」とか、メンバーみんな、丁度年齢的に反抗期はあったと思うけど、そうやってみんな成長するんだね!
                             

2
のにかちゃん事二階堂高嗣くんは、Kis-My-Ft2結成前から(笑)元気にかちゃんでした。全然今と変わってないかも^^

玉ちゃんいわく、初めてにかちゃんに会った時、かかわらない人って思ったらしい。玉ちゃんとにかちゃんって性格が「動」と「静」だからね!だから、太ちゃんやせんちゃんとは一緒にいると楽なんだろうなとおもいます。やっぱり、当時からかわいらしくて、甘えん坊って感じです。ちなみに、あの仲のいいせんちゃんに、いきなり千賀ではなく百賀って言い、俺千賀だしって切り替えされた人(笑)兄組に敬語禁止
って言われ一番先に敬語使わなくなったのもにかちゃん


              Kis-My-Ft2が結成された時の思い出
北・・・・グループに入る事が目標だったから、「このグループでがんばらなきゃ」って思った、ただ、メンバーの顔ぶれ見て、正直「こいつらでいけんの~?」って気持ちもあった(笑)
千・・・・嬉しい気持ちより「え」って気持ち、最年長の北山と最年少のオレ、年齢差5歳って当時の子供にははんぱなかった。仲良くやっていけるかなぁーって不安だった。
でも、キスマイ結成で、二階堂と出会ってから、おとなしかった自分がどんどんやんちゃに強くなったの!二階堂には「勇気」を教えてもらった気がする。

宮・・・・結成後から雑誌のページ数が増えたり、掲載写真が大きくなって、それが嬉しかった(笑)
渉・・・・玉森の事が大嫌いだった(笑)だって何言っても「はい」ばっかりでコミュニケーションも取れなくて、なかなか仲良くなれないし嫌だった。だけど、「2006年滝沢演舞城」でメンバー内敬語禁止令をオレが考えたんだ。それから、玉とは仲良くなれたよ。
太・・・・結成当初は、正直この先どうなるか見当もつかなかった。キスマイで頑張って行こうって強く思ったのは、(07年滝沢演舞城)キスマイの看板背負うわけだし責任を持って取り組んでいこうと思ったんだ。
玉・・・・結成当初は正直このグループでやって行けるのかなって不安だったの。オレ人見知りだから、最初はみんなとなかなかうちとけられなくてさっ、なじめたのは初めての舞台「06年滝沢演舞城」がきっかけ、ローラで出るタイミングが遅かったのが原因でワッターに超怒られて、オレは逆切れ(笑)でも、その衝突のおかげでワッターと仲良くなれたんだ。キスマイが好きになったのもそのケンカがあってから
二・・・・・ 社長に「ローラー出来る」って言われて「できます」ってそれから、毎日練習、靴づれなったり、ローラー脱いだら靴下に血がにじんでた。みんな頑張ってた。

Kis-My-Ft2はKis-My-Ft.から数えると7年でデビューしました。Kis-My-Ft2は個々が自由ってよく言ってるけど、その中でも似てるメンバーっているんですよね
そして、個性的な人が揃ってると思います。

以上でKis-My-Ft2の紹介をおわります・・・

編集
2012年4月12日
Kis-My-1st(初回生産限定盤)(DVD付) を購入された方で
Kis-My-Ft2 History を見られた方は一瞬「えっ」と思われた方もいるかもしれませんが、茶封筒のくだりです
デビュー発表が2011年2月11日となってます。エイベックスに問い合わせたところ、こちらのミスですと言われました。正確には上記の通りデビュー発表は2011年2月12日ですので念の為記載しておきます。
今後、エイベックスサイトにて訂正表示がされるかはわかりません。

2012年 4/25 一部オリジナル曲の編曲者追加
________________________

注意

※ Kis-My-Ft2の諸々を紹介していますが、性格等は、こちらの主観によるものです、Kis-My-Ft2は結成からとても長いです
その間に色々な事ありました。書く必要がない事は書きません。
最後まで読んで頂きありがとうございました^^
役にたったらポチってしてくれると嬉しいです^^
dkii.jpg

アドバイス(このノートのライターへのメッセージ)を送る

このノートはどうでしたか?  いいと思ったことや、こうしたらもっとよくなるといったメッセージを送りましょう! ノートの内容やライターについて質問がある場合は、Q&Aから質問してみましょう

アドバイスを送るには、
Yahoo! JAPAN IDでのログインおよび
Yahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

利用登録ナビへ

感想アドバイス履歴

  • 送信日時:2015/03/25 08:19:46

    gayahidaさん

    感銘を受けた

  • 送信日時:2014/06/20 21:01:58

    ifujikitaさん

    学んだ

  • 送信日時:2014/03/05 23:58:32

    miku309ioveさん

    学んだ

もっと見る

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:3-2

tai1122123さん

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、本...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
【扶養内の働き方】103万の壁と...
何故103万円・130万の壁と言われるか?パートで得る所得は基...
知恵ノートを書いてみませんか?知恵ノートの書き方はこちら

知恵ノートとは?

役立つ知恵情報は、Yahoo!知恵袋公式Twitter@yahoochiebukuroをフォロー
本文はここまでです このページの先頭へ