初めてのカードローン…疑問・審査…不安な方へのアドバイス


何らかの理由でお金を借りる必要性が出てきたとき、まずは親や兄弟、親戚などから借り入れをする事を考える人も多いでしょう。しかし、 「今月ちょっとお金が足りない」「今月急なことがあり、どうしてもお金を用立てたい」という場合、多少の利息は掛かっても、手軽に借りられるカードローン を利用する方が気が楽、というケースも考えられます。

 

しかし、始めてカードローンの利用を検討するとなると、いろいろと心配に思うことがあります。



誰でも借りられるのか?


だいたいのカードローンでは、65~70歳くらいまでの成人で、安定的な収入がある人なら借り入れができるようになっていますが、カードローンの系列によって若干条件が異なります。


銀行系のカードローンでは、収入のない専業主婦や学生でも借りられるケースがありますが、指定された保証会社の保証を受ける事が条件になっています。また、会社によっては「○○○万円以上」といった収入の条件を設けている場合があります。


消費者金融系のカードローンは、年齢と安定収入があれば、銀行系のカードローンよりも比較的審査に通りやすく、借りやすくなっていま す。しかし貸金業法の適応下にありますので、総量規制の対象となり、年収の三分の一までしか借り入れできません。したがって無収入の主婦や学生が利用することはできません。(年収が0円なので、三分の一の借り入れ可能額も0円になるため)


 

保証人が必要か?


カードローンの借り入れに保証人は必要ありません。しかし、銀行系のカードローンは、保証人の代わりに、銀行が指定した保証会社の保証を受けなければいけません。保証会社は、アコムやプロミスなどを始め、何社かあります。

 


会社や家族にばれないか?


審査時の在籍確認の電話や、家に送られてくる郵便物から、カードローンの利用がばれるのが嫌だ、という人もいます。しかし、各カードローンともプライバシーを守るために工夫があります。


例えば在籍確認などで電話を掛ける場合は、オペレーターの個人名などを名乗って、ばれないように配慮してくれます。また、明細はネット 管理にしておけば、家に毎月送られてくることはありませんし、仮に郵便物を送る可能性がある場合も、別の会社名を利用してくれる場合もあります。


ローンカードを自宅に送付されたくない場合は、契約機などで発行してくれるところを選ぶか、カードレスのローンを選ぶ方法もあります。

 


昔テレビで見たような怖い取り立てはあるの?


総量規制について定めた2010年完全施行の改正貸金業法では、あまり告知されていませんが、実は厳しい取り立てを禁止する項目も入っています。夜間だけでなく、日中の執拗な取り立てに関しても規制されています。また、テレビドラマで昔あったような暴力的な取り立ては、貸金業者が債権ごと暴力団に売り払っていたからです。


現在では暴力団とかかわりがあると分かった時点で貸金業者 の登録を取り消されますので、貸金業者の登録番号を明記してある大手の消費者金融系カードローンで暴力団が出てくることはありません。

 


もし返せなかったら?


銀行系カードローンでは、一日でも返済が滞ると、新規の貸付が禁止され、債権回収に動き出します。消費者金融系のカードローンの場合は、数日の延滞なら見逃してくれるケースもありますが、その後は高利の延滞損害金が余分にかかってきます。


たまたま今月返せない、というのでなく、完全に返せるめどが立たない場合は、債務整理・自己破産して精算するという方法があります。しかし、信用情報がいわゆるブラック扱いになり、その後の社会生活に影響が出て来ます。

 


カードローンの申し込み方法は?


希望するカードローンのホームページを開けば、申し込みページにアクセスできます。インターネットからの申し込みは24時間可能なので、時間のあるときにとりあえず申込みを行い、営業時間中に審査を含むその後の手続きを行う事が出来ます。

どうしてもWEBで申し込むことに抵抗がある場合は、電話や郵便でも可能ですが、契約機を持っている会社もあります。



初めての人におすすめのカードローンとは?


今までカードローンを利用したことがない場合は、特に審査上不利になる条件が無いケースが多く、希望するカードローンを利用できる可能性が大きくなります。したがって、金利や利便性を考え、自分が使いやすいカードローンを選ぶことが出来るでしょう。


専業主婦や学生の場合は銀行系の専用コースがおすすめできます。審査に不安がある場合、パートやアルバイトでも安定した収入があれば、消費者金融系のカードローン手に入れやすいと言えます。


→カードローンで失敗しないために

http://www.good-life-japan.com/




本文はここまでです このページの先頭へ