交通事故(後遺障害なし)における慰謝料請求のやり方とは?


交通事故の場合の過失相殺

過失相殺とは何か

過失相殺とは、交通事故の際、その全ての責任を事故を起こした側に負担させる事は公平ではないという観点から、 事故が起きた原因が被害者側の過失にもあるのであれば、賠償金の額を決定する際に減額するなどして公平を図っていく考え方の事を 言います。

法律実務上も交通事故の際の当事者の過失相殺が明らかになれば賠償金問題はほぼ決着したと言っても良いかもしれません。

尚、自動車同士での事故の場合には、双方の損害額を過失割合に応じてそれぞれが負担する形になります。


過失相殺の際の「信頼の原則」

交通の秩序というものに関して、車の運転者や歩行者などの交通関与者は、他の交通関与者がきちんと交通ルールを守るであろう 事を原則的に信頼しても良いんです。(原則的にと言うのは、特別な事情が無い限りと言う事です)

よって、他の関与者が交通秩序を乱す(ルールに違反する)事を予想する必要は無く、この結果事故が起こってもその考えを理由に責任負うことは無いという考え方が「信頼の原則」であり、これが過失相殺の理論の根本原理となっているんです。


ADRにおける基準

交通事故の損害賠償請求については,各種の裁判外紛争解決機関(ADR)を利用して,示談のあっせん等をしてもらうという方法もあります。

このADR等については,特に基準は設けられていません。また,強制力があるわけではないので,その合意内容はまちまちですが,裁判基準の8割程度で合意をする場合が多いということです。

ただし,場合によっては,裁判基準に近い裁定がなされることもあるようです。


【示談する前につける交通事故慰謝料の知恵 】はこちらにあります。


交通事故(後遺障害なし)における慰謝料請求のやり方とは?

本文はここまでです このページの先頭へ