フレッツ光「にねん割」の割引額と違約金 - それでも、NTT以外のADSLなら4・5割安い - 狙いは縛り

NTT東日本のフレッツ光「にねん割」は、2年縛りの自動継続。3年目の違約金(解約金)に注目。なんと違約金が復活してくるデメリットがある。


にねん割の違約金の推移

 

Yahoo!BBバリュープランの違約金とほぼ同じグラフの動きになるのですが、Yahoo!BBの割引は、元の価格の約半値1813円にもなる。たった1割ちょっとの735円でこの縛りでは、お得といえるほどではない。割引というより、急増する解約を阻止する為に縛りを掛けようというのが本音だろう。

 

フレッツ光・にねん割

回線使用料等以外に、プロバイダー料や電話料が必要に応じて掛かります。





ADSLより安い?


にねん割を適用した光回線の料金と、ADSLの料金を比較した広告がありますが、NTTのADSL料金は昔の高いままです。Yahoo!やイーアクセスのADSL料金は大幅に下がっています。例えば、イーアクセスのADSLと比較してみます。


にねん割とADSLの料金比較

にねん割とADSLの料金比較

にねん割の違約金

  • にねん割 - 2年縛りの自動更新、違約金9975円



フレッツ光に、2年割を適用しても、ADSLの方が4・5割安くなります。
イーアクセスのADSLは、縛りの違約金も安く自動更新しないので良心的です。




必要な回線能力


普段の通信速度は数メガ以下です。光のような100Mや200Mもの回線能力は要りません。それにも関わらず、普段の通信速度を一切説明せず、回線能力のみをやたら強調した悪徳業者がはびこっているので、騙されないように気をつけてください。


詳しくはこちら。

モバイル回線の発達


モバイル回線が発達してきて、普段必要な数メガが確保出来るようになってきました。電話が携帯で済むようになったように、ネットもモバイル回線で済むようになってきています。料金的にもネットを一本化できるので、光回線を引いている方は、通信費を大幅に節約できます。


詳しくはこちら。

光 vs WiMAX - 速度比較で勝る光を解約、WiMAX乗り換えが流行る理由





NTT西日本のもっと割


「光もっと割引」の割引額と違約金 - 実態は「光もっと縛り、ずっと縛り」
光もっともっと割 - 狙いは、最初から自動継続縛りを掛ける事 




本文はここまでです このページの先頭へ