ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

トリマーが犬を上手に扱えるわけ

ライターさん(最終更新日時:2012/8/24)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:4046

印刷用のページを表示する

a.jpg

 



①台を使う

トリミング台は利にかなったものです。
あの高さがあると犬は緊張します。あの狭さも逃げ場をなくして大人しくするしかなくなるのです。

②嫌がっても逃がさない
一度逃げることが出来ると犬は「嫌なら逃げよう」となりますが,トリマーの手にかかればそうはいきません。
逃げれないことが分かった犬は諦めます。

③怖がらない
犬に噛まれても引きません。
恐怖心は犬になめれる原因になりますが,トリマーは噛まれても立ち向かってきます。

④経験
これを言ってしまえば元も子もありませんが,経験は大切です。
トリマーはこう嫌がったらこう対処する,というノウハウを経験により知っています。


このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

yomogi_daofikufukuさん女性

その他の知恵ノート(1件)
犬とのいい関係を築く上でして...

ピックアップ

Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
結婚してから発覚しました!
                                                         ...
【完全版】ああすんなり!頭に...
   5 1 0, 0 0 0 H I T! 閲覧して下さりありがとうご...
本文はここまでです このページの先頭へ