ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

宇宙と物質と時間について

ライターさん(最終更新日時:2012/11/11)投稿日:

  • ナイス!:

    10

  • 閲覧数:2106

印刷用のページを表示する

宇宙の誕生は、まだ研究中です、代表的な理論では、「超弦理論」や「M理論」で今も研究中です、
ただ現在の考え方は、宇宙は誕生する前、物質などなくて巨大なエネルギーの状態で、存在していました(これを無と呼ぶかどうかは単なる言葉遊び)、そのエネルギーには揺らぎがあり、あるとき揺らぎが、大きくなりすぎて、宇宙が誕生しました、
極短い時間(何万分の1秒って感じ)で、まずインフレーション膨張(この時宇宙の密度が、たまたま均等化(低エントロピーの状態))したことが今の時間(エントロピー増大の法則による)を作り上げたたあと、ビックバンにより、宇宙は膨張を始めました。

宇宙が誕生したとき、宇宙はとてつもなく高温で、光子と光子がぶつかっては、物質と反物質を作りました、当然ながら、物質と反物質が衝突すると質量が完全になくなり、核分裂や核融合とは比較にならないほどのエネルギーを生みます。光子→物質と反物質の誕生、逆に物質と反物質の衝突→エネルギーと光子の誕生・・・を繰り返しまします、
結果的には、たまたま物質のほうが多く誕生したため、現在の宇宙は物質を中心に構成されています。

なお現在我々が住む宇宙は9次元空間(時間を加えると10次元時空)であることが、わかっています。では、なぜ我々には3次元に見えるのでしょうか?これには主に2つの説があります、1つめは、エネルギー(物質を含む)が3次元の方向にしか動かないために我々には3次元に見えるという説、2つめは、残りの6次元が、とてつもなく縮小(最小の空間単位であるプランク単位まで縮小)しているために、我々には3次元に見えるという説、です。

時間は本当に一方方向なのでしょうか
←一方方向です、エントロピー増大の法則によって、一方方向となっています。現在の研究では、宇宙は平坦で、丸くも(永遠に膨張する)、馬のくら形でも(いずれ縮小する)ないと考えている物理学者が多いです。万が一いつか縮小するとすれば、時間は逆戻りするかも知れませんが、時間が逆戻りするときは、人間はいないと思います。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

sun_king_ken_16さん男性

ピックアップ

ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
女子が陥りやすい、混んでいる...
はじめに毎日の通勤ラッシュ、つらいですよね。ただでさえ人...
本文はここまでです このページの先頭へ