ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

TBCでの美容電気脱毛の料金体系と、医療レーザーとの違い

ライターさん(最終更新日時:2014/5/11)投稿日:

  • ナイス!:

    2

  • 閲覧数:13550

印刷用のページを表示する

TBCでの美容電気脱毛の料金体系と、医療レーザーとの違いに
ついて、お伝えしたいと思います。

TBCの公式サイトの右上に、ごく小さな字で、
「価格表」とあります。その目立たなさから、TBCの公式サイトを
訪れた人は、他の部分にばかり目が行ってしまい、
とても重要な情報に気づかない可能性が大いにあるので、
私はTBCの美容電気脱毛の料金体系を、多くの人に
知ってほしいと思いました。

TBCのコースメニュー価格表(TBC公式サイトより)

スーパーフラッシュ 10分 
ビジター料金 8500円  メンバー料金 7500円

フラッシュ 10分
ビジター料金 8000円 メンバー料金 7000円

ローインテンシティ 10分
ビジター料金 7500円 メンバー料金 6500円

ブレンド 10分
ビジター料金 7000円 メンバー料金 6000円

つまり、TBCで脱毛の契約を組み、入会金を支払った上で、
メンバーとなり、メンバー料金でスーパーフラッシュの脱毛の
施術を受けると、以下の料金がかかるということです。

7500円(10分)×6= 45000円(1時間)
45000円×20時間=900000円

例えばの話ですが、TBCで一回2時間の、
スーパーフラッシュの脱毛の施術を受け、
それを10回続けると、90万円は無くなってしまいます。

その他にも、入会金もかかりますし、患部を冷やすためと言って、
おそらくローションなども売りつけられることでしょう。

私は、十数年前、TBCの池袋東口本店で、
100万円を支払い、脱毛の契約を組みました。
そして、約70万円分のチケットを使い果たした後、
「あとどれくらいの料金で、全身脱毛が完了するか。」と
聞いたところ、「全身脱毛するには、数百万円かかるんですよ。」と
TBC池袋東口本店のエステティシャンに言われました。
脱毛の契約を組む時は、全身脱毛を完了させるには、
料金にしていくらくらいかかるかと聞いたところ、
「それはお客様の毛量やなんやによる。実際に施術してみないと
分からない。」と曖昧なことを言っていましたが、
約70万円を使い果たした後に、このようなことを
言ってきました。私は、即座に残りのチケット分の代金を、
返金してもらいました。

上のような私の体験は、TBCの料金体系が、
どのようなものであるかを知る一助になるかと思います。

また、TBCなどのエステサロンでは、本来の意味での
脱毛はできません。
脱毛とは、あくまでも医療行為であり、
医師もしくは看護師が、医療レーザーを使用して
行うものです。 

脱毛に使うレーザーは、アメリカなどの海外からの輸入が
大半ですが、輸入した器械を国内に持ち込むためには、
税関検査をパスすることが必要です。
国内に搬入するには、厚生労働省の許可証(これを
薬監証明といいます)が必要です。
レーザー器械は、医療機器なのです。
ですので、海外で使われている薬や医療器械を個人輸入して、
他の患者さんの治療に使う場合、他の書類と共に、
医師免許の提出を求められますので、公的な医療免許証を
持っていないエステティシャンが、それを使って治療をすると、
医師法違反(ニセ医者)になって、処罰されてしまいます。
実際、数年前に、大阪のエステサロンの経営者が、
医療レーザーを使って治療したために、医師法違反で逮捕され、
懲役刑の判決が下されています。
(日本医学脱毛協会のサイト「脱毛の知恵袋」より抜粋)

エステサロンにあるレーザーは、ほとんどがIPL(Intense Pulsed Light)やフラッシュランプとヤグレーザーと呼ばれるものです。
いずれも脱毛効果が弱いためクリニックではあまり使われないのですが、もしこれらの器械を永久脱毛に使おうとすると、医療器械ということになり、輸入したり国内で販売したりする際に、厚生労働省の許可が必要になります。 これらの器械は単なる電気製品として、通商産業省(実際にはその下部機関ですが)による輸人許可が出されているのです。つまり人体への作用は一切ない器械として輸入され、実際には永久脱毛用の器械として消費者に宣伝され、使われているわけです。
直接、役所にこれらの事項を直談判しましたが、「認可された器械とほぼ同じかどうかを審査して許可を出しているだけ」という、いかにもお役所的な答えでした。これらの器械でも、脱毛にまったく効果がないというわけでもないので、結局のところは、消費者の選択に委ねられているというのが実情です。
(日本医学脱毛協会のサイト「脱毛の知恵袋」より引用)  

TBCでの美容電気脱毛の料金体系、TBCなどのエステサロンでは、
本来の意味での脱毛はできないということを知った上で、
それでもTBCで脱毛その他の契約を組みたいというお客さんがいて、
もしTBCでの脱毛などに納得できなかった場合は、ここで
解約を受け付けているそうです。

TBC契約事務センター:0120-446-057
受付時間:10:00~18:30 土曜・日曜・祝日も対応しています。(年末年始を除く)                              






























このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

migunadukiさん

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ