ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

貸したお金(220万円)を、元従業員に返済させる方法を教えてください。会社への不満の長文と、「今更借りた金は返せない、生きて行くのが精一杯の生活です・・・」との手紙は手元にあります。

ライターさん(最終更新日時:2012/9/19)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:3824

印刷用のページを表示する

金銭消費貸借契約は、諾成契約(借ります、貸します、という意思表示)であり、『かつ』、要物契約(実際に金銭が受け渡しされた事実)の2つの契約が両方成立しなければ、なりません、

会社への不満の長文と、「今更借りた金は返せない、生きて行くのが精一杯の生活です・・・」
→この手紙で、両方成立しているものと、考えられます、


よって、「この手紙」により、「差し押さえ」でも「裁判」でも可能です、てっとり早いのは、元従業員の自宅を見つけ、テレビなどを差し押さえるという方法があります、

念のために、「内容証明」のみでは無く、「配達証明付」内容証明で、話し合いを求め、それでも話合いに応じない場合は、裁判所に相談の上で、「差し押さえ」を実行すれば良いと、思われます。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

sun_king_ken_16さん男性

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ