ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

{ノンシリコントリートメント}ノンシリコンシャンプーには、ノンシリコントリートメントじゃなきゃいけないのか?

ライターさん(最終更新日時:2013/10/4)投稿日:

  • ナイス!:

    3

  • 閲覧数:7095

印刷用のページを表示する

タイトルの答えは、ノーです。

シリコーンは、髪を保護するコーティング剤として優秀です。
コンデショナーやトリートメントには多少入っていて良いと思います。

でも、最近は、
シリコンは、髪にビルドアップ(蓄積)される言うデータが有りますので、
次のシャンプーで一旦は、落とす必要が有ります。
{入っていても良いと言っても大量では落ちずらいので
成分表記で前から3番までにシリコンがはいてるのは避けましょう}

トリートメントまでも、ノンシリコンが多くなってきたのは、
素人の方は、ノンシリコンシャンプー使ったらトリートメントも
ノンシリコンじゃなきゃ意味無いと勘違いする人が多いし、
流行りで、{シャンプーもトリートメントもノンシリコン}とした方が
素人さんに分かりやすく売れるからだと思います。

栄養分ではなくコート剤ですので蓄積しないような使い方が良いと思います。

その為にはシャンプーにはシリコンあまり入って無いほうが良いと思います。
また、シリコーンの質によりどれだけ水に溶けやすいかが
違います。解けずらい物は入って無い方が良いです。

 シャンプーの場合シリコーン入りかノンシリコーンかは
美容室專売品ではあまり気にしなくて良い事だと思います。
美容室專売品で目安として500ml当たり4200円以上のもでは、
シリコーン入りは少なくなります。入っている物でも
市販品のようにどっさり入れる必要がないのでホントに少しです。

シャンプーは、バランスが大事で自分に合ってるかどうかです。
1つの成分にこだわり過ぎたり、日本のあいまいなオーガニック
にコダワリすぎると本質を誤ります。
シャンプーはノンシリでトリートメントはシリコーン、サロン専売品は元々この組み合わせが多いです。


 
ノンシリコンと言っても、その代わりのコート剤を入れてる場合も
あります。例えばポリクオタニウム-10は、
ヒドロキシエチルセルロース(天然植物繊維)から作られた
セルロース系カチオンポリマーで入っていても良い物だと思いますが、
数字の部分が変わりポリクオタニウム-11になるとアクリル系ポリマー
だと思いますのであまり入って無い方が良いと思います

入っていても良いと思うポリクオタニウムは、
-7・-10・-24 とリピジュアと言われる-51・ -61・ -64 ・ -64です。

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

azzurro671さん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
本文はここまでです このページの先頭へ