ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

坐骨神経痛を自分で治す方法 坐骨神経痛の治し方 ストレッチ 座骨神経痛 症状 座骨神経痛 治療 坐骨神経痛 病院 坐骨神経痛の原因 座骨神経痛 ストレッチ 座骨神経痛 治療

ライターさん(最終更新日時:2014/4/10)投稿日:

  • ナイス!:

    15

  • 閲覧数:137996

印刷用のページを表示する

坐骨神経痛を自分で改善する方法につきましては、

田中先生のサイト、

坐骨神経痛を自分で改善する方法 ⇒  http://search.yahoo.co.jp/search?p=331747242.html&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=tospccie3&x=wrt 参照ください

自宅で簡単に坐骨神経痛を改善できると思います

 

 



以下に、坐骨神経痛の概要を記載しますので、参考にしてください

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は、よく耳にする言葉だと思います。普通に「坐骨神経痛」っていう言葉を使っていますが、これは病気の名前ではありません。実は「坐骨神経痛」は病気の名前ではなく、症状に付けられた呼び方です。医学的な特定の病名ではないのです。
「坐骨神経痛」には「坐骨神経」が関係しています。
坐骨神経とは運動神経、自律神経、知覚神経を含めて人体の末梢神経の中で一番太く、かつ長い神経なのです。

「坐骨神経痛」とは、腰から足先まで走っているこの「坐骨神経」が圧迫されることで起こる痛みやしびれを伴う症状の総称です。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛と一言でいっても、その症状は必ずしも一定ではなく、さまざまです。
おもな症状には次のようなものがあります。
・腰、お尻、太もも、足の痛み・痺れ(特に太ももの後ろ側、ふくらはぎ)
・痛くて座るのが苦痛
・仰向けで寝ているとしびれが出てくる
・脚に力が入らなく、スリッパが脱げやすい
・痛くて前にかがむ、身体を反らすことができない
・身体を動かすと痛みやしびれが起こる
・歩行が痛くて困難になる    等々

坐骨神経通は上記のように痛みや痺れを伴ない、場合によっては知覚障害、歩行障害も引き起こします。
また、坐骨神経痛には、体をある一定方向に動かした時に生じる痛みやしびれだったり、天候の変化で症状が強くなる、そしてこれらが常に続いているというのも坐骨神経痛の特徴です。
症状軽い場合だと、我慢できないほどの激痛ではないため、病院に行かずに我慢している方が多いようです。

坐骨神経痛は年齢を重ねるごとに発症の割合が高くなる傾向があります。しかし、最近では若い人でも坐骨神経痛になる人が増えてきています。

症状が起こったら

痛みが急に起こったり、激しい痛みの坐骨神経痛である場合は、まず横になって安静にすることが大切です。痛みがあるときに無理に体を動かすことは、坐骨神経痛の症状をさらに悪化させます。悪化すると、歩行障害、知覚障害を引き起こしかねません。
安静にして痛みがある程度おさまったら整形外科などの専門医の診察を受けてください。

繰り返しますが、決して無理して体を動かさないように。坐骨神経痛の原因はさまざまなのですが、体に無理強いると、椎間板ヘルニアや長期的に治りにくい坐骨神経痛となってしまう可能性が高まります。
体が痛むとは体が「動かさないでくれ」とシグナルを送っているということですから、素直に従っておきましょう。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

pinku_parumuさん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
本文はここまでです このページの先頭へ