ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

インプラント治療を受ける方へのアドバイス ~激安インプラントはホントに安全?~

ライターさん(最終更新日時:2012/10/22)投稿日:

  • ナイス!:

    3

  • 閲覧数:8343

印刷用のページを表示する

骨と結合が早いAQBインプラント

1.インプラント治療は危険なもの?

 この20年ほどで普及して、今ではどこの歯科医院でも受けられるようになったインプラント治療、入れ歯に代わってますます注目を集めている治療法ですが、雑誌やインターネット上では様々な情報が錯綜して、患者さんには分かりにくくなっているように思います。

「高額なインプラント治療…どこからどこまでがいくらなのか?」
「費用をかけても本当に長持ちするのだろうか?」
「どこのクリニック(先生)を選べば良いのか?」
「手術のリスク(安全性)や術後の痛みが心配だ・・・。」
 など、近頃は多くの患者さんの疑問や不安の声を耳にします。

 治療を受けようと考えていても、良くも悪くも情報が有り過ぎて悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。
  また、先日ニュースになったように、患者さんによってはインプラント治療を受けたものの、トラブルが出て困っている方も大勢いらっしゃいます。インプラントは優れた治療法ですが、盲目的にその効果を信用するのは危険です。手術が必要な治療である以上は、「絶対に成功する」とか、「誰でも大丈夫」というものではありません。私自身の2010年までの治療成績も成功率は97.9%(手術後2年経過して違和感や不快症状などの支障なく使用できいるものを成功とした場合)で、残念ながら100%ではありません。


2.入れ歯は安全だから良いもの?
 逆に「インプラントは危険な治療で、安全な入れ歯にするべき!」という、インプラント全否定論もちがうのではないかと思います。
部分入れ歯

    入れ歯は患者さんに我慢を強いる治療です。入れ歯自体は結構な厚み、大きさがありますので、口の中にかなりの違和感がありますし、慣れるまでが大変です。実際のところ、どんなに上手く作った入れ歯でも、何度か微調整を繰り返し、皆さんなんとか自分なりに使いこなしておられるのです。義足で全力疾走できないと同じで、本当に何でも噛める入れ歯なんてありえません。

 その点インプラントは人工物には違いないのですが、自然に近い噛み心地が得られるため、多くの患者さんから喜びの声をいただいております。
 また、技術的には決して難しい治療ではなく、研究途上・開発途上の治療でもありません、すでに全世界的に多くの検証がなされ、成熟期の治療であることは多くの論文が証明しています。
 不幸にして歯を失った場合、治療の選択肢の一つとして考えていただければと思います。


3.大切なのは・・・
 最終的に満足のいく結果を得るためには、インプラント治療を受ける前にその特性、適否や限界を理解したうえで、納得して治療を受けるということです。また、誠意と責任を持って治療に受け持ってくれる歯科医師を選ぶことが大切だと思います。そのうえで治療の成功や満足できる結果を得るためには、

ポイント

  •  1) 事前に全身の健康状態を含めた、十分な検査や下調べが行われること、
     2) 経験豊富な歯科医師が丁寧に施術すること、
     3) 長持ちするように治療後のメンテナンスを欠かさないこと、


 が治療の成否には重要であり、医師からの指導を守ることなど、何よりも患者さん自身の協力が不可欠ですから、「早く歯を入れてくれ!」という方もおられますが、治療を受ける前に知っておいていただきたいことがたくさんあるのです。


 心構えができたところで、次は、たくさんある情報に惑わされないために、歯科医師やクリニックを選ぶ際に注意したいことを中心にご説明します。


 4.良いクリニックの選び方

 近頃は何でもインターネットで検索し、情報収集してから行動する方が多いと思います。歯科医院探しもそのようにされているかと思いますが、「世の中上手い話には必ず裏がある…」とも言いますから、派手な宣伝文句や「激安」などに惑わされることがないように、慎重に情報を吟味する必要があります
S4161074.JPG

 本来、インプラント治療に限ったことではありませんが、医療において大切なのは、医学的な根拠に基づいた安全性・確実性の高い治療がなされることだと思います。都内の歯科医院中には「インプラント専門歯科」と標榜し、1本10万円以下の値段の安さ前面にアピールしているところもございますが、これは考えものです。優先されるべきは安全性であり、安さではありません。
 また、値段を安くすれば、その分患者さんの数をこなさなければならず、治療が雑になることは間違いありません。全てがダメではないにしろ、インプラント専門=「他の歯の治療はやらない」ということであり、簡単に言えば高額な治療のみをやって、あとは「他の歯医者に行け」ということですから、いわゆる「オイシイとこ取り」です。メンテナンスを行うなどして長期的に責任を持つ、あるいはその後の口の中の変化に合わせて微調整を行うなど、継続的な口の中の健康を保つ努力をしないということです。これは医院の診療方針としていかがなものでしょうか?

 また、医院選びで「診療設備が整っていること」や「通いやすいかどうか」などの利便性も重要かもしれませんが、それ以上に大切なのは、担当医師の器量や人間性でしょう。


5.良い歯科医師の選び方
 インプラント治療を検討中、もしくは興味のある方は、インプラント治療についての様々な疑問を担当医に聞いてみましょう。後でトラブルにならないためにはまずは良く相談することです。「あとは先生にお任せします」という患者さんもおられますが、(信用していただくのは大変光栄ですが…)ご自身の身体のことですので、詳しい説明を納得の行くまで受けることが重要です。

 S4161065.JPG

 医師には患者さんに説明する義務がありますし、医師により診立ては異なります。技術的な事に関しては得意不得意もあります。ご相談にあたっては、事前に予約するなどしてそのための時間を確保しましょう。忙しくしている担当医にゆっくり相談をするのは、時間がなく無理な場合もあります。また、事前に疑問点をよく整理しておき、あとで不安が残らないようにポイントを絞って質問するようにしましょう。

 患者さんから見て、もともと医師の技量は分かりにくく、「上手な先生に治療してもらいたい」と誰でも思うはずですが、これは同業者、プロでないと分からないと思います
 よくインプラント手術の件数の多さを誇らしげに宣伝している先生方もおられます。インプラント治療に慣れていない先生よりはマシですが、大切なのは一人ひとりの患者さんと丁寧に向き合い、慎重に治療に取り組む姿勢が見られるかどうかです。事故を起こしたり、今ニュースで問題になっているクリニック多くがこのような先生の所です。技術的には最高でも人間ですから上手くいかないことだってあるはずです。まずよく話し合って、担当医の姿勢や人間性、自分との相性も見極め、自分に合っている医師を選んで、納得のいくインプラント治療を受けていただくことが一番大切なことなのです。


5.まとめとして・・・セカンドオピニオンも活用しましょう!
 ちゃんと説明してもらえない場合や、納得がいかない場合はセカンドオピニオンを利用し、他の医師の意見を聞くことも良いことです。幸い今は色んなところに相談窓口がございます。all aboutには「Q&A」もありますし、私以外にも経験豊富な先生方の「メール相談」、「対面相談」などがございます。
http://profile.allabout.co.jp/p/ol-110003-130012/

 時間はかかりますが、多くの選択肢が用意されていますので、忙しい方や遠方の先生とも相談できるメリットがありますので、十分に活用されてはいかがでしょうか?
 インプラント治療は本来、急いでやらなければいけない治療ではありません
また、高額な治療な治療ですから、複数の専門家の意見を参考にして、慎重に吟味してください。

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

飯田 裕さんの写真

グレード知恵ノートのグレード:2-2

専門家

yc_allabout_yutiidaさん男性

ウェブサイト:専門家プロファイルからの投稿(外部サイト)

茨城県で歯科口腔外科クリニックを開設しています。 医学的根...[続きを見る]

その他の知恵ノート(10件)
知っておこう!!口内炎の基礎...
誰でも知ってる痛み止め=ロキ...
虫歯予防に効果的?!キシリト...
ご婦人に多い口の中の炎症「口...
歯科治療が苦手な方にオススメ ...

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
本文はここまでです このページの先頭へ