ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【Android】空き容量を少しでも増やす方法

ライターさん(最終更新日時:2012/10/24)投稿日:

  • ナイス!:

    11

  • 閲覧数:259284

印刷用のページを表示する

はじめに


空き容量を増やす

 スマホが容量低下になると、写メールが空けなくなったり、アプリのダウンロードができなくなったりしていますね。それはTwitterのつぶやきやFacebookの投稿が複数アカウントで沢山溜まっていることに関係あるか、これらを削除したら、少しでも容量軽くなるか?という質問がよくありますね。では、説明しながら、空き容量を増やす方法を紹介させて頂きましょう。


ステップ1 容量の確認
容量確認

 SDカードの容量だけでなく、本体メモリー(内部ストレージ)の空き容量もチェックしてください。

 ※前者は画像・音楽・メールファイル等の保存領域のことで、後者はスマホを動かすためのシステム領域とアプリが保存されている場所になっています。

 確認手順:「メニュー」→「アプリケーション」→「アプリケーション管理」を開き、この画面の下に空き容量が表示されています。

※ちなみに、容量を確認するには、「Moborobo」をお薦めします:http://jp.moborobo.com/ 本ソフトの「ようこそ」画面には、容量の使用状況がグラフで表示される。「携帯」と「SDカード」のスライドで、内部ストレージとSDカードを切り替えることができます。(下図)

Moborobo容量確認

ステップ2 キャッシュを消去する
キャッシュをクリア

キャッシュとは一度開いたページを開きやすくするメモのようなもので、ネットやアプリを使っていると自然と溜まっていきます。消去してしまってもなんら問題がありません。

本体の『MENU』ボタンを押して「設定」画面を開き、「アプリケーション」→「アプリケーションの管理」をタップし、アプリごとに「キャッシュを消去」をタップしていきましょう。

TwitterやFacebookなどのSNSアプリのデータのほとんどは、おそらくキャッシュではないでしょうか。上記のようにTwitterやFacebookアプリの「キャッシュ」を削除すれば、少しでも容量を空けられるのでしょう。勿論、もっと多くの空き容量を確保するためにSNSアプリ自体を削除してしまってもTwitterやFacebookにアップしたデータはそのサイトに保存されているので、IDとパスワードさえ覚えていればなんら問題ないと思いますよ。


ステップ3 「LOST.DIRl」フォルダの中のファイルを消去する
Moborobo「Lost.dir」削除

 「LOST.DIR」フォルダとはアプリのインストールに失敗した際などにできる壊れたファイルの残骸のようなものです。マネージャ系のファイル管理アプリで探して削除してください。
システム系のアプリを間違って削除し、問題が出るという心配があれば、念のために「Moborobo」のワンキークリア機能をお薦めします。それを使えば、「LOST.DIR」フォルダなどのゴミファイルを簡単に削除できます:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n123814
 

ステップ 4 再起動

一度電源を落とし、再起動しましょう。これで改善されたでしょうか。一度お試し下さい。
他の容量低下対策がありますよ:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n85525

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
本文はここまでです このページの先頭へ