ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

そのラバーメンテナンス、効果ありますか?【卓球】

ライターさん(最終更新日時:2016/1/15)投稿日:

  • ナイス!:

    23

  • 閲覧数:19354

印刷用のページを表示する

ラバーのメンテナンスはどうしてますか?

各社から、ラバーのメンテナンス用品が発売されていますが、皆さんはどのように使っていますか!?

 

その使い方、メンテナンス方法は、本当に効果があるのでしょうか!?

  みんな大好きラバークリーナー

 


 

そもそも、なぜラバーは劣化するのか。

 

これを理解していないと、効果的なメンテナンスが行えません。

 

 

「劣化原因からラバーを遠ざけること」がメンテナンスの目的であり、これを実行することでラバーの寿命を延ばすことができます。

 

では、ゴムが性能を失う原因について、簡単に説明しましょう。

メンテナンスだけ知りたいという方は、飛ばして2.へ進んでください。



1.ゴムが性能を失うのは

 

ゴムの性能低下には、劣化』 と  『摩耗があります。

 

劣化』とよばれる現象には、酸化、オゾン化、加水分解、熱変化など、いくつかの要因があります。

劣化』とは、1年以上、場合によっては数年の長い目で見たときに起こる性能の低下です。

 

摩耗』はゴムと他の物体が擦れることによって起こる、性能の低下です。

使用状況によって短期間で起こります。






『酸化』が原因?

 

酸化などの劣化も、確かに性能低下の原因の一つではあります。

 

しかし、現在、発売中のラバーのパッケージは、ほとんどが密閉されていません。

わざわざ空気穴を開けているメーカーさえあります。


その状態で何ヶ月、場合によっては1年以上店頭に並んでいても、問題なく、ラバーは力を発揮します。

 

 

練習後、わざわざクリーナーで掃除をしてから、粘着フィルムを貼っていませんか?


これは、劣化防止だけを考えるなら、それほど意味はありません。

多少、ホコリやゴミが付いていても、それが原因となる劣化のスピードは、極めて遅いのですから。

 

※もちろん

「粘着フィルム側に、ホコリやゴミを付けないため」

という、理由もありますから、決して意味のない行動ではありません。







原因は・・・

卓球ラバーは、使用を開始すると、わずか数週間で、どんどん性能が低下していきます。

 

この短期間で起こっていることから考えると、『劣化』ではありません。

 
ラバーの性能低下の主な原因は、『摩耗』です。



色々な物と擦れることで、ラバー表面の性能がどんどん下がってしまっているのです。


裏ソフトと比べると、表ソフトラバーは寿命が長く感じませんか?

それもそのはず。
摩擦力が裏ソフトよりも低いのですから、その分、摩耗が抑えられているのです。







2.『摩耗』からラバーを守るために

さて、本題です。

 


ラバーは、大きく以下の3つの状況で、他の物と擦れています。

 a.打球時にボールと擦れている

 

b.汚れを落とす際に、手や衣服で擦る

 

c.保管中にケース内で擦れている  

 

 

 

つまり、この3つの状況に対する対策を施すことができれば、ラバーの寿命を効果的に延ばすことが可能となるのです。


a.ボール

ラバーは、ボールを擦るために存在するのですから、これを防ぐことはできません。


強いて言うなら「打たないこと」です。使わなければ、性能低下はゆるやかになります。

 

また、インパクトが弱い小中学生や、女子選手は、強い選手と比べて比較的寿命が長くなる傾向にあります。

 

b.手や衣服

ラバーが汚れたとき、手や衣服で拭って汚れを落とす光景をしばしば見かけます。

ラバーを擦っているのですから、当然、これはラバーの表面に負担がかかります。

これを防ぐための用具があります。



ラバークリーナー

 スプレータイプ

専用スポンジ

スポンジ
です。

手や服を使う代わりに、こちらを使用することで、ラバー表面に負担をかけることなく、汚れを拭き取ることができるのです。

 


 c.ケース内

見落としがちなのが、持ち運ぶ際のケース内部との摩擦

 

あまり注目されていませんが、実は、かなり大きな原因の一つです。

 

購入時に入っていた紙をかぶせておくだけでも効果はありますが、できることなら、専用の保護シートを使って、保管中・移動中の摩耗を防ぎましょう。

プレーに使っていない時に摩耗するなんてもったいないですよね。

 保護フィルム





具体的に何をしたら良い?

 


・汚れを落としたいときには、クリーナーとスポンジを使用する



・なるべくボール以外の物に触れさせない(触れる=摩擦が発生します)



・ケースに収納するときには必ず保護シートで覆っておく

 


これらを実行すれば、余計な摩擦を防ぎ、摩耗によるラバーの性能低下を極力防ぐことができます。


特に実行したいのは保護シート。裸のままでラケットケースに入れておかないようにしましょう。


メーカーが苦心して開発した、せっかくの摩擦力。

 

その摩擦力全てをボールを打つために、発揮させたいものですね。

 

 

 



このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:2-3

maekouloveさん

IDを変更しようか迷っています。 しばらく、様子見として、...[続きを見る]

その他の知恵ノート(8件)
卓球「全日本選手権」観戦ガイド
TSPスペクトルの魅力
金魚が突然やってきたら。~水...
卓球の審判用具
卓球における審判資格

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ