ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

デブの方必見!!

ライターさん(最終更新日時:2013/10/2)投稿日:

  • ナイス!:

    5

  • 閲覧数:9643

印刷用のページを表示する

世の中に存在する様々なダイエットとは!?

ダイエットは男女問わず永遠のテーマですよね。

ただダイエットと言っても

世の中には色々なダイエットがあります。

正しい知識がなければ危険なダイエットもあります。

今からダイエットの正しい知識とダイエット方法を紹介させて頂きます。



なんで太っちゃうの??

 

まずなぜ太るのか!
ダイエットをはじめるに当たって一番大切な事

太る原因を正しく理解することです。
太る一番の原因はやはり食生活にあります。


特にドカ食い、一食抜き、
必要以上の間食、偏食などは
太る原因といわれています。


ここで対策のポイントです。


〜Point1〜

摂取カロリーが消費カロリー
を超えないようすることです。

かなり初歩的なことですがこれは不可欠です。

また、食べる量は少なくても
カロリーが高いものを摂取していると太ります。

日本の食文化は和食から洋食に変化しています。
高カロリーなものが増えると同時に偏った食事になりがちです。
自立神経に影響を及ぼし肥満意外にも冷え性の原因にもなります。


〜Point2〜

太りやすいのは体質にもよります。
幼いうちから肥満気味な人も少なからずいます。


身体の中には「肥満細胞」がありますが、
これは大体幼児期までにできあがるそうです。


子供が欲しがるからといって、
安易に大好きなお菓子やカロリー過多な食品を与えすぎると、
肥満細胞が増えて大人になっても痩せにくくなってしまいます。


〜Point3〜

肥満は肥満でも脂肪のつき方によって肥満の種類が違います。


脂肪はいざという時に備えての貯蓄です。
炭水化物やたんぱく質と並んで、脂肪は、人間の活動に欠かせない大切な
エネルギー源です。

そのため、体内の余分なカロリーは脂肪に姿を変えて蓄積されていきます


しかし、現代は高カロリー食があふれています。
従って非常用に備蓄されている脂肪も過剰在庫になりがちです。

それが、いわゆる肥満なのです。
余分な脂肪が備蓄されているのは、脂肪細胞です。


〜Point4〜

また、太る原因には食べる時間帯も関係あります。
ついつい夜型になりがちな現代人は日常的に夕食が9時や10時に
なっているという人も多いのではないかと思います。

夜遅くに夕食を食べると、寝るまでの間に消化が終わらず、
胃腸が夜中じゅう働き続けることになります。

また、睡眠の質も悪くなるため、
疲労がとれないなどと様々な問題を引き起こします。



注目のダイエット法

 
さて、ここで本題、そんな現代人にオススメする注目のダイエット法をご紹介します。


 ホットヨーグルトダイエット

どこにでも売ってるヨーグルト。

これを温めて食べるというダイエットが流行っています。

ヨーグルトには腸内の病原菌を撃退し、免疫力を保つ効果があります。

またコレステロールや中性脂肪を減らすことでダイエットはもちろん、

容効果も期待できます。


ヨーグルトを温める理由としては、

温めることによってカルシウムの吸収が促進されるのと

腸を冷やさないので、乳酸菌の活動が妨げられないからです。



 巻くだけダイエット


一時期話題になっていたので知ってる人もいるかも。

バンドが付録になっている「巻くだけダイエット」の本はものすごい売上

だったそうです。


このダイエットは股関節や骨盤にバンドを巻くことで

体の歪みを矯正し脂肪燃焼を促すという方法です。


人気の鍵となったのは決まった運動をせずにただ巻くだけで痩せることができるという点です。楽して痩せるとはまさにこのことですね。


矯正バンドで骨の位置を正常に整え、

正しい骨の位置を記憶させることで、

歪みが少しずつ解消され、むくみ改善、

老廃物がたまりにくい代謝のよい痩せやすい体質になるというわけです。



 岩盤浴ダイエット

岩盤浴ダイエットは誰にでも続けられる、手軽なダイエットです。
このダイエットの頻度としては、週に2回から3回行うのが良いと言われています。
毎日してしまうと、大量の汗をかくため、体に負担がかかってしまいます。


岩盤浴は一度や二度通っただけでは、体質は変わりません。

なので、他のダイエットと同様に岩盤浴ダイエットも続けることが大切になってきます。                  


 健康食品

いわゆるサプリメントです。


誰もが一度は考えたことがあるでしょう。

もしくは試したかたも多いでしょう。

ダイエット中の必要な栄養素を手軽に取れる、飲むだけダイエットとして注目をあびています。
食欲を抑制するもの、カロリーカットするもの、脂肪燃焼を促すもの、数種類ありますが、私の経験上燃焼系サプリが最もダイエットに適しているサプリです。

サプリ選びは脂肪燃焼成分が多く含まれるものを選ぶのが最適でしょう。




やってはいけない禁断ダイエット


さて、ここで注意点です。
痩せる痩せないにかかわらず、健康を害するダイエットはリバウンドの元になります。
そんなやってはいけないダイエットをピックアップします。



 減食ダイエット


ダイエットする=食べる量を減らせばいい

こんなことを考えている方が多いと思います。


これは大変間違ったダイエット方法なのです。
減食すると人間は体に蓄えられた脂肪を燃焼してエネルギーを確保します。


しかし、それと同時に摂取エネルギー不足に対応するために、基礎代謝を減らしてバランスをとろうとします。

せっかく食事を減らしても、人体の消費エネルギーも減少してしまうので、体脂肪はもうそれ以上減ることはありません。


また、食べる量を減らすとダイエットをしてもリバウンドしてしまう可能性も十分にあります。



 炭水化物抜きダイエット

こんなやり方ははっきりいって馬鹿です。

炭水化物は生態のエネルギー源で、脳の活動のエネルギーを供給するとともに、脳内で摂食行動や感情状態をコントロールするのに重要な働きをしているセロトニンという神経伝達物質を産生する際の原料になります。


なので、ご飯などの炭水化物を抜くと脳の働きにも影響を及ぼし、うつや気分不安定になります。
炭水化物を抜くとより甘いものが食べたくなってしまい、結局リバウンドを引き起こしてしまいます。

 



 低カロリー食品だけのダイエット

カロリーが高いものを食べろというわけではありません。
極端な低カロリー食のみを厳選して食べることはとても危険です。

たとえばドリンク系のダイエット食品だけを3食続けるようなダイエットは、1日に必要な摂取カロリー量を極端に下回るので、絶食に近い方法です。
最近では軽い絶食は体内浄化作用があると言われていますが、これは正しい知識がなければ非常に危険です。
生理不順や無月経を引き起こしてしまう可能性もあるのでやめましょう。




最後に一番大事なのは気持ちです!! 

気持ちの問題で行なっているダイエット法の効果が倍増するし、半減もする。ですから気後は常に高くもって、日々モチベーションを高めていって下さい!



このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ