ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

交通事故で後遺症を主張したい場合の小さなポイント

ライターさん(最終更新日時:2012/11/29)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:1766

印刷用のページを表示する

後遺症が残ったとしても通院期間が半年を経過していなければ後遺症の申請すら出来ません。
保険会社は6ヶ月を経過する前に症状固定を迫ってくるせこい会社もあります。
利益を出すためには仕方ないけれど、被害者には納得できないですからね。
後遺症が残っているのに、6ヶ月以内に治療費の打ち切りを迫ってくれば自分で医療費を立て替えておけば示談の時に請求できるので問題ありません。
ただ、医師も認める通院でないといけないので詐欺のように通院などしていれば反対に捕まることになります。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
【完全版】ああすんなり!頭に...
   5 1 0, 0 0 0 H I T! 閲覧して下さりありがとうご...
本文はここまでです このページの先頭へ