ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

交通事故での弁護士費用

ライターさん(最終更新日時:2012/11/29)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:2022

印刷用のページを表示する

被害にあって弁護士費用特約に入っていればおそらく300万円までは補填されるので活用するといいです。
入っていない人は自腹でも委任する価値はあるので調べるといいです。
法テラスばかり主張する人はあまり経験がないのだと思います。
事故専門の事務所がいいですが、そうでない場合でも力のある弁護士は親身にやってくれます。
逆に高齢で一人弁護士でやってるところは堅物になってまともに相手しない弁護士もいるので要注意です。
基本的に着手金は返金されないのがほとんどなので30万以内の出費は覚悟です。
着手無料のところもあるのでいいと思います。
着手で15万くらいで実は何もしない弁護士もいたりするので安さにも注意が必要です。
また、地元にいなくても大丈夫です。
県外だろうが関係ありません。
最低でも5つは事務所を比べたほうがいいです。
相談するのも前提ですが事務所に行ってみるのもいいです。
人間の最低なタイプもいれば高学歴をみじんも感じさせない優秀な若手弁護士などもいます。
着手で30万前後、成功報酬が金額に応じて10%程度から18%や20%など設定されているのが多いと思います。
500万の示談金の場合300万から交渉で200万増額なら200の20%で40万といった感じに。
もしくは500の20%になったりもすると思います。
支払いに関しては相談に応じてくれる事務所もあるので聞いてみるといいです。
弁護士というと素人にはなじみが無いですが関わっていくと味方にいると心強い存在になります。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ