ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

2013年3月に相互利用を開始した10種類のICカード

ライターさん(最終更新日時:2013/4/24)投稿日:

  • ナイス!:

    9

  • 閲覧数:52404

印刷用のページを表示する

はじめに

電車やバスなどに乗るときに使う「IC乗車券」が、2013年3月23日から10種類のICカードで相互利用が開始されました!この知恵ノートでは、それら10種類のICカードを紹介します!また、特記の無い場合は「交通・電子マネー共に相互利用」です。

この知恵ノートは、Wikipediaを参考に作成しました。

Kitaca (JR北海道)

2008年10月25日に発行されたJR北海道のICカード乗車券。

以前は、Suicaとの相互利用のみができていた。

Suica (JR東日本 ほか)

2001年11月18日に発行された日本初の非接触式ICカード乗車券(定期券は除く)。

以前はKitacaPASMOTOICAICOCASUGOCAはやかけんnimocaとの相互利用のみができていた。

PASMO (関東各社局)

2007年3月18日に発行されたICカード乗車券。

以前はSuicaとの相互利用のみができていた。


注意

  • SuicaPASMO以外のカードでPASMOエリアを利用する場合は十分注意が必要です。なぜなら、2013年3月23日に、PASMO全社局が10種類のICカード相互利用に参加するわけではないからです。言い換えると、これまで通り、SuicaPASMOしか使えない会社があるということです
  • ここに、PASMO社局で10種類のICカード相互利用に参加しない会社を書いておきます。
  • 多摩都市モノレール千葉都市モノレール関東鉄道横浜新都市交通(シーサイドライン)


TOICA (JR東海)

2006年11月25日に発行されたICカード乗車券。

以前はSuicaICOCASUGOCAとの相互利用のみができていた。また、manacoとは交通のみの相互利用のみができていた(2013年3月23日より電子マネーも相互利用になった)。

manaca (名古屋地区各社局)

2011年2月11日に発行されたICカード乗車券。

以前はTOICAと交通のみの相互利用ができていた(2013年3月23日より電子マネーも相互利用になった)。

注意

  • 名古屋臨海高速鉄道(あおなみ線)名古屋ガイドウェイバス(ゆとりーとライン)は、manacaTOICASuicaしか使えません。


 

ICOCA (JR西日本)

2003年11月1日に発行されたICカード乗車券。

以前はSuicaTOICASUGOCAとの相互利用のみができた。また、PiTaPaとは交通のみの相互利用ができていた。

さらに、CI-CA、NicoPa、Hareca、LuLuCa、itappy、hanica、らんでんカード、PASPYのエリアでも交通のみで利用できる

ただし、これらのカードでICOCAのエリアは利用できない。また、CI‐CAなどを使い、らんでんカードエリアなどを利用することなどもできない。

これを、「片利用」という。

PiTaPa (関西ほか各社局)

2004年8月1日に利用開始のICカード乗車券。PiTaPaは他のカードと異なり、ポストペイ(後払い)方式である。そのため、クレジットカードに分類される。(他のカードはプリペイドカード)

後払い方式のため、割引がある場合がある。ただし、PiTaPaエリアのみ。

他のエリア(後述の片利用を除く)を利用する場合はポストペイ(後払い)方式ではなく、チャージをする必要がある

以前は、ICOCAとの交通のみの相互利用のみができていた。

また、CI-CA、NicoPa、Hareca、LuLuCa、itappy、hanica、らんでんカードのエリアでもポストペイ方式で利用できる。ただし、これらのカードでPiTaPaエリアは利用できない(片利用)

PiTaPaは、2013年3月23日以降も、「電子マネー機能」の相互利用は行われない。理由は後述。

注意

  • ICOCAPiTaPa以外のカードでPiTaPaエリアを利用する場合は十分注意が必要です。なぜなら、2013年3月23日に、PiTaPa全社局が10種類のICカード相互利用に参加するわけではないからです。言い換えると、これまで通り、PiTaPaICOCAしか使えない会社があるということです
  • ここに、PiTaPa社局で10種類のICカード相互利用に参加する会社を書いておきます。
  • 鉄道は阪急電鉄、京阪電気鉄道、大阪市営地下鉄、北大阪急行電鉄、大阪モノレール、阪神電気鉄道、近畿日本鉄道、南海電気鉄道、泉北高速鉄道、神戸高速鉄道、神戸市営地下鉄、京都市営地下鉄、静岡鉄道、京福電気鉄道(嵐電)
  • バスは大阪市営バス、水間鉄道バス、しずてつジャストライン
  • また、山陽電鉄は参加しないが、阪神からの直通特急があるため、特に注意が必要である(阪神電車は10種類のICカード相互利用に参加)。

SUGOCA (JR九州)

2009年3月1日に発行されたICカード乗車券。

以前はSuicaTOICAICOCAはやかけんnimocaとの相互利用のみができていた。

はやかけん (福岡市交通局)

2009年3月7日に発行されたICカード乗車券。

以前はSuicanimocaとの相互利用のみができていた。

nimoca (西日本鉄道)

2008年5月18日に発行されたICカード乗車券。

以前はSuicaはやかけんとの相互利用のみができていた。

一覧表

ICカード 相互利用(2013.3.23).png

Wikipediaより。この知恵ノートは大きな青いの枠を元に作成しました。

PiTaPaの電子マネー機能の相互利用を行わない理由

2013年3月23日の交通系ICカード相互利用拡大後もPiTaPaショッピングサービスが相互利用の対象外となった理由が、大阪市交通局より以下のように説明されています。

  1. 他の交通系電子マネーはプリペイドカードであるのに対して、PiTaPaはクレジットカードであること。
  2. そのため、PiTaPaはクレジットカードに準ずる法令があり、電子マネーの相互利用を行うためには、電子マネーにある「資金決済に関する法律」に基づき、発行保証金の供託等や、前払式証票としてのカード券面の表示を追加する必要があり、すでに発行されたカードの交換が必要。
  3. さらに、システム・物販端末の大規模改修が必要となり、莫大な費用となる事が判明した。

(Wikipediaの表記を一部変更して掲載しています)

まとめ

2013年3月23日より相互利用が開始される10種類のICカード乗車券は

  • Kitaca(キタカ)
  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)※一部の鉄道、モノレールを除く。
  • TOICA(トイカ)
  • manaca(マナカ※一部の鉄道、バスを除く(ただし、manacaとTOICAとSuicaに限り可)。
  • ICOCA(イコカ)
  • PiTaPa(ピタパ)電子マネーを除く。一部の鉄道とほとんどのバスを除く。
  • SUGOCA(スゴカ)
  • はやかけん
  • nimoca(ニモカ)

です。

終わりに

ここが変だよ!とかあれば、アドバイスください。感想もお待ちしております。

manacaは何色?

  • このノートを編集して思ったのですが、manacaの文字は何色がよいでしょうか。これまでは黄色(レモンに近い色)にしていましたが、chie_goldoceanさんから、「背景が白なので、文字色が黄色だと見にくくなってしまいます。」というアドバイスを受けました。そのため、現在は一時的に濃い黄色にしています。また、これから灰色にする可能性もあります(カード本体の文字が灰色のため)。これに関しては考えていきますので、アドバイスお願いします。

2013年2月18日、閲覧数が1000件を突破しました。

2013年3月24日に、知恵ノートデイリーランキング(閲覧数)に載っちゃいました!(ランキング対象日は2013年3月23日)

こちら↓

 

デイリーランキングに載った(2013.3.23).JPG

 6位です。閲覧数が1日で3859もあるなんて、びっくりしました。

2013年3月25日、閲覧数が10000件を突破しました。

 

 

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:3-1

abcs04kiさん男性

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ