ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

民主党:玄葉光一郎前外相秘書と中国人スパイの死ぬほど怪しい接触

ライターさん(最終更新日時:2013/1/27)投稿日:

  • ナイス!:

    2

  • 閲覧数:1401

印刷用のページを表示する

安倍がどこの国とずぶずぶなのか知ってたらこの手のノートは書けないと思うのですが。 いつから、タブーになったのでしょう」damlndajgさんのアドバイス)
…何故玄葉の時事ネタで安倍の話になるのでしょうか?アドバイスの趣旨が分かりません。
そしてこのノートは面白いと思ったブログ様の
時事ネタを勝手に紹介しているだけです。

某ブログ様から抜粋転載します(一部表現に修正あり)。

スパイ疑惑の中国元書記官、前外相秘書が接触
>玄葉光一郎前外相(48)の男性私設秘書(43)が昨年9月、外国人登録法違反容疑などで書類送検された中国大使館の元1等書記官(45)(起訴猶予)と北京市内で接触していたことが分かった。

 当時、元書記官の刑事処分は決まっておらず、「身分を偽ってはいない」などと無実を主張したという。現職外相の秘書が、スパイ活動の疑いを持たれていた容疑者と現地で接触するという外交上、不適切な事実が明らかになった。

 元書記官は外交官の身分を隠して外国人登録証明書を取得したとして昨年5月、警視庁から出頭を要請されたが、応じることなく帰国した。当時の玄葉外相は記者会見で「中国側に抗議した」と説明。同庁は「元書記官はスパイの可能性が高い」と発表していた。

(読売新聞)

まず昨年の10月ですが、一人の中国人スパイ・李春光が不起訴となりました。
東京地検によると、

・ウィーン条約上の外交官特権が認められた期間内の行為だから
・既に帰国しているから

といった理由で不起訴(起訴猶予)としています。
しかし李春光は2008年4月、外交官であることを隠して「東大研究員」と身分を偽り、葛飾区役所に虚偽の書類を提出し、外国人登録証を不正更新しています。

で、

この男(李春光)と、玄葉光一郎の私設秘書が会っていた

というのだから驚きです。
読売の記事によると両者が会っていたのは2012年9月。
つまりその翌月(2012年10月)に、李春光の不起訴の決定が下されているわけです。

中国人。
元大使館の一等書記官。
スパイ。
民主党。
玄葉(外務大臣)の私設秘書。
2012年9月に密会。
翌10月に不起訴。
反日暴動の真っ最中。


これで「何も怪しくない」「玄葉は白だ」と思う人はどうかしています。

このことについて玄葉光一郎の事務所は、

・各種会合に月1回程度代理出席してもらっていますた
・秘書ではなくボランティアのお手伝いという認識ですた
・秘書の訪中については全く知りませんですた


と説明しています。
つまり中国人スパイとの会合についてのコメントではなく、私は知りません、あの人とは関係ありませんという話です。そういう「関係ない」はずのボランティアごときを外務大臣の代理として指名し、各種会合とやらに出席させていたのだから驚嘆すべきことです。
焼肉屋をやっている韓国人BBAを大臣の部屋に入れ記念写真を撮っていた前原誠司も凄まじい危機管理感覚でしたが、民主党というのはこのように全く不要なところでのみガラス張り体質であり、必要なところは徹底した隠蔽体質なのだから、本当に恐ろしい連中です。

ちなみにこの私設秘書は関係ないどころか、玄葉の私邸に住み込みで働いていたこともありますので知らないどころの話じゃありません。
そこらの一般人だって、他人を雇って自分の家に住まわせる場合は、多少は根掘り葉掘り素性を確認しますよ。だって危ないだろ。当たり前じゃん。その点、玄葉は一般人ではありません。日本の国会議員であり、外務大臣だったわけです。そんな立場で、自宅にいた人間が中国のスパイと会っていたのに「知らない」で済ませるなんてのはキチガイもいいところです。
さらに言うと、当時は中国人による反日暴動のまっただ中だったのですが、日本の外務大臣の秘書という立場の人間によく査証が出ましたね。さぞ尾行や盗聴のたぐいが満載の「訪支」となったことでしょうね。

細野といい玄葉といい、民主党は頼もしい若手が確実に育ってきているようです。(微笑)
こうして、これからも民主党は民主党であり続けるのでしょう。従って二度と政権に関わらせてはならないということです。これは今まで二度ほど書いた記憶がありますが、クズは死ぬまで野党であるべきです。もちろん国政自体に関わらせないのが最善ですが、そう簡単にはいかないのが民主主義です。だって選挙区で玄葉光一郎に投票する人というのは、あの被災地・福島ですら107,737人もいるのだから。

さて、この「私設秘書」本人が何を言っているかというと、

・北京市の研究機関から招かれた
・その際、以前から知り合いだった元書記官と「友人として」会った
・何も頼まれていないし、玄葉には何も報告していない

とのことで、玄葉に手が及ばないよう口裏を合わせています。まぁ当然の対応です。
しかしクドいようですが、反日暴動のまっただ中において、日本の外務大臣の名代であり、しかも外務大臣の私邸に一時住み込みで働いていたような人物を、北京市の研究機関が招待するなんて死ぬほど嘘くさいです。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:3-3

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ