ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

51定番の質問──何気に/なにげに/何げに さりげに

ライターさん(最終更新日時:2015/11/21)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:517

印刷用のページを表示する

 近年、「何気に」(「なにげに」「何げに」も同様)という言葉を見聞します。
「何気ない」から派生した俗語の類いなのでしょう。

■『日本語俗語辞書』から
================引用開始
何気に
何気にとは、何となく、さりげなく及び、実は、本当はといった形容動詞。
【年代】 1986年  【種類】 若者言葉


なにげにの解説

[1] 何気にとは「何気なく」「何となく」「さりげなく」といった意味で1980年代中頃、若者に使われた言葉である。
[2] 何気にとは「本当は」「実は」といった意味で使用する若者言葉である。
================引用終了

 ウーン。なぜ「1986年」に限定できるのかは不明ですが、信頼しているサイトなので、そこはスルーします(笑)。


 〈平成23年度「国語に関する世論調査」〉でも取り上げていました。
================引用開始
〈「なにげなくそうした」ということを,「なにげにそうした」と言う〉ことがある人は、28.9%で、ない人が70.3%だったらしい。ほんとかなぁ。もっと多いと思う。ちなみに平成15年度の調査では、23.5%と75.7%だから、約5ポイント「なにげに」と言う人がふえたことになる。ほんとかなぁ。当方が見聞する限りだと、もっと多いと思う。とくに若い世代には相当普及している。
 どんなに普及しても誤用は誤用、だと思う。しかし、事態はもっと進んでいるらしい。辞書が採用してしまったら、もうどうにもならない。 
================引用終了

 個人的にはまだ俗語のレベルと感じていますが、一部の辞書が認めてしまいました。
 こうなると、「俗語」とか「誤用」とか決めつけるのは無理でしょう。
 まだ注つき?とはいえ、下記の辞書が認めています。 

■Web辞書『大辞泉』から 
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=げに&dtype=0&dname=0na&stype=3&index=20456800&pagenum=1 
================引用開始
なにげ‐に【何気に】 
《「何気ない」の「ない」を取り、形容動詞活用語尾「に」を付けて副詞化した語》⇒何気ない[補説] 
================引用終了 

 ただし、「何気に」は「何気なく」の意味ではなく、「実は」の意味のほうが主流の気がする。↑の『日本語俗語辞書』の[1]から[2]に移行したってこと。

  ついでにメモしておくと、「さりげに」も認められています。
================引用開始
さりげ‐に【▽然りげに】 
《「さりげない」の「ない」を取り、形容動詞活用語尾「に」を付けて副詞化した語》⇒さりげない[補説] 
================引用終了


 まあ、Web辞書にはいろいろ疑問を感じることがあるので、ウノミにはできないけど……。
突然ですが問題です【日本語編11】──Web辞書はどこまで信用できるか 繙く/紐解く しつらい/しつらえ 違和感を感じる ……etc.





【お品書き】よくある誤用・定番の質問

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n118365

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

Androidの標準ブラウザーでYaho...
 はじめにAndroidの標準ブラウザーの検索窓で、Yahoo!検索を...
幼稚園の補助金について -私立...
この知恵ノートについて 私が幼稚園の補助金、「私立幼稚園就...
iphoneのSafariのブックマーク...
iPhoneをiOS6にして以来Safariのブックマークが消えちゃって...
本文はここまでです このページの先頭へ