ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

発達障害でよかったこと

ライターさん(最終更新日時:2013/3/2)投稿日:

  • ナイス!:

    9

  • 閲覧数:5492

印刷用のページを表示する

前回、発達障害で困ったことを書いたので、逆に良かったことも。

正直そんなに多くはないんですよね、結局障害なので、困ることの

ほうがダントツ多いのです。しかし、文句ばかり言ってても、

得することもないので、この特性ならでは?の良かったことを書く。

 

●美的・芸術センスが伸びた

ある意味「オタク」なわけなんですが、小さいころからひたすら

友達とも遊ばず、お絵かきばかりしていました。もともと自閉的な

部分が強かったので、幼稚園などでみんなで遊ぶくらいなら、

一人で絵を描くか、犬(幼稚園で飼われていた)と昼寝するか

の二択でしたw犬は行方不明事件一歩手前まで発展してしまい、

あまり犬のところには行かせてもらえなくなりました。なので、

絵ばかり描くようになりました。

 

小さいころから極端にこだわりが強く、絶対に馬しか描かない時期

が数年続き、次は鳥、人を描くようになったのは小学校入るころ

だったでしょうか。徹底的に馬が好きでしたので、馬ばかり描いてました。

色にもこだわりがあり、グラデーションや、組み合わせを作るのが

とても好きで、ピンク×紫がブームの時期は、クレヨンやマジックなど

その二色しか絶対に使いませんでした。オレンジ×水色の時も

ありました。ハマッた色は、その芯やインクがなくなるまで使いました。

 

学習面でかなり偏りがひどく、成績もよくわからない感じでしたが、

芸術分野は大学進学にかなり役立ちました。勉強のほうは

もう本当にわけがわからなくなり、偏差値も30台と酷かったのですが、

進学雑誌などを読みあさり、「穴場」を自分で探し出し、実技に重点の

かかる国立教育大学の美術科に合格し、周りを驚かせました。

 

「その頭では絶対に受からない。夢見すぎだ」と教師やクラスメイト

からも言われていたので、合格時には「裏口だ」と噂されたほどです。

頭は確かにアレでしたが、実技(絵画・立体作品・デザイン)の試験

課題はかなりの高得点で、ボーダーラインに100点届かなかった

センター試験の補充が十分できたようです。

 

色へのこだわりは強力で、洋服や持ち物、ありとあらゆる分野に

浸透していました。アパレル関係の仕事をしていましたが、ファッション

分野でもそのこだわりは働き、仕事に役立ちました。やはり、あまり

のこだわりで先輩と衝突することもありましたが、コーディネートや

ディスプレイを見てもらうと、そのうるささも納得してもらえていました。

 

私の場合、知能テストの「知覚統合」という分野が秀でていて、

IQが115~120ほどあります。なので、トータルコーディネートなど

の全体のバランスを見極めたり、広い視野で差し引きなどができます。

 

コーディネートの訓練というのがあって、規定時間内に、マネキン

2体のコーディネートを提案するという課題があります。基本的に

先輩が新人などの後輩にさせることが多いです。私のときもあり、

同僚が何分もかけてああでもないこうでもないと悩んでいる中、

1分以内に全身のコーディネートができあがります。考えなくても

自動的に「これにはこうしてああする」みたいな構図が瞬時に浮かぶ

ような感覚で、あまり考えませんが、説明もほかのバリエーション

もすぐに出てきます。そして、先輩からダメ出しなどを食らうのですが、

全く食らわず「OKです」と言われます。

 

ひとつ問題なのは、記憶力IQが飛びっきり低いので、「あのスカート

どこにあったっけな」とかで探し回って手間取ることは多かったです。

 

このように、美的感覚は良かったです。絵画などはオタク扱いされる

だけで、なんもいいことないと思ってましたが、受験だけはありがたい

と思うようになりました。ただし、芸術関係といっても、書道は酷く、

歌は音程はいいんですが、音符読めないし楽器も無理です。

 

●文章能力・・微妙なとこですが

こちらも、言語理解(120)・統合(115)面のIQのおかげなんですが、

文章を書くのがとても好きです。文を読むことは苦手です。

 

語彙力というんでしょうか、芸術面でもなんですが、リアルでしゃべったり

人と向き合うと本当に素直におしゃべりできない状態なんですが、

視覚や文章で何かを表現するのは、普通の人より得意なほうかも

しれません。自閉気味の人はものすごく文章が長く、硬い言葉遣い

になりがちですが、私も果てしなく長くかけますし、言葉遣いも

難しくすることもできなくはないんですが、この辺は「それじゃあ

読んでもらえないのだ」と学習したので、極力わかりやすく表現

できるように工夫しています。(でもわかりにくかったらすいません)

 

行間を空けるのも工夫のひとつです。下手すると・・テンションあがると

ひたすら「読みやすさ」とかガン無視で書き続けます。あまりよくない。

改行の字数もかなり意識しています。へんな場所で改行すると、

全体を見たときに美しくないからです。そのへんもこだわりです。

改行しすぎでポエムみたいになってる文章とか、詰まりすぎでまとまり

がなくなっている文とか、変な位で改行のある文は、汚いと思います。

 

とにかく、話すよりもはるかに言葉を使いやすく、表現しやすいので

文章は得意です。学生時代の小論文や、大学卒業時の卒論など、

半年かけて作るものなのに、私は3日、ものすごく集中して仕上げました。

しかもそれが通りましたwwさすがにこれは無理だろと思ってたので、

まさかでしたが、「私は文章書くのが好きだなあ」とそのとき思いました。

 

ただ、私の文章は基本箇条書き方式で、物語には向きません。

ですので、フィクションや物語は苦手です。考えるのとか空想

とかが億劫で、よほど気が向いたときにしか考えません。ただ、

「泣かせる手紙」などを書くのは実は得意です。ただし、自分が書いた

文章を見て「なっが・・・誰が読むねん」と思います。ブログなどで

私の文を読んでくださる方は、すごいなと思います。

 

なので、自分は文を書くのが好きなんですが、客観的に見ると

やはり長いしもっとうまくまとめられないものかと思うので、微妙です。

文を書くのは好きだが、文がうまいとは思わない、といった感じです。

なので、「得意だ」というとうまいという意味も含まれそうで、ちょっと

躊躇します。いくつか書いてると思いますけどww

 

あと、紙に書くのもPCに打つのも好きなんですが、字を書くときの

「かっかっ」ていう芯の音や感覚が好きだったり、タイピングのパチパチ

が好きで、敢えてそのパチパチがしたいがために知恵袋に投稿

したり、こうして記事を書いてタイピングしまくるのもあります。

そのため、PC選びはタイピングしてうっとりするものにします。

 

●孤独に強い

これは、私が自閉傾向であることと、一人っ子であることも関係

しているかもしれません。

 

とにかく通知表では「協調性がない」と散々書かれてきたので、

自覚もしています。やはり変子でオタクだったので、結構いじめにも

あってしまいました。しかし、それほど気に病まないというか、たぶん

意外に平気というか、いや悲しかったですけど、教室や帰り道、

一人でいることに妙に開放感を覚えたのも確かです。いじめは

嫌でした、もちろん。しかし、それによる孤立は、そこまでこたえな

かったなあと思います。いちいち誰かと約束して一緒に帰るとか、

内心めんどくさいと思っていたような気がします。

 

上に少し書きましたが、幼稚園のころから一人が好きで、みんなで

お遊戯しましょうとかで、無理やり踊らされて、それが嫌過ぎて

ある男の子と逸脱していたら「廊下にたってなさい」と怒られました。

私は「よっしゃダンス脱出!外で遊ぶぜ」と思ってすぐに廊下に出た

のに、その男の子は号泣しだしました。「何で泣いてんの、つまらない」

と思い、うざったかった記憶があります。私だけ廊下に行きたかった。

 

そういう性質はずっと変わらず、いまだ飲み会とかなんとかの会

とか、徹底的に逃げまくります。一般的にこの社会ではあまり

いいことではないというのももう知っているのですが、極力

波風立てぬよう、こっそり逃げます。それでもしも「あの人感じ悪い」

とか陰口たたかれても、傷つかないのです。なんならそう思って

くれるほうが、今後集会に参加しなくて済むので、それはそれでいい

と思うほどで、孤独を感じて涙する、ということはあまりないです。

 

個人的に「一人じゃないよ」とか流行ってる言葉は、地味に謎です。

「だったらなんなんだろう、一人じゃないなら、何人なの?で、

数名いたらどうなるの」と言いたくなってしまいます。それを聞いて

感動してる人の気持ちはわからない。感動する言葉なのだ、普通は

一人でいるのは寂しいものなんだそうだ、という認識しかないです。

そういう意味ではそんな自分は少し寂しいかもなという気もします。

でも、まあいいです。考えるのめんどくさいって思っちゃう。

 

これは良い点ではないですが、人が多すぎると吐きます。

 

 

●感情的にならない

上の項目から引継ぎになりますが、とっても理屈っぽく、

空想世界とかたとえ話とかが苦手です。目に見えるものとか、

結果を重視してしまうので、メルヘンな面があまりありません。

私は女なのですが、女性っぽさ?なんというのか、感情的な

やり取りが本当にできない。好きなのに「嫌い」とか、ほんとに

意味がわからなくて、正直女の人と関わるのは億劫です。

 

言葉を字面どおりに受け取るのは発達障害の特性なんですが

その面はやはり健在で、以前仕事なのに寝坊してしまい、先輩に

「すみません寝坊しました」と電話をしたら「じゃあ、来なくていいです」

と切られてしまいました。私は「ウホ、ラッキー」と二度寝してもうた。

気持ちよく寝ていたら鬼電・・「馬鹿!!こういうときは急いで来い!」

と思いっきり怒られて、驚いて飛び起き、職場に走っていきました。

 

ぜんぜん悪意はなかったんですよね、「来なくていい」と言われたので

従ったまで・・・。まさかその裏に「ダッシュで来い」という意味が潜んで

いるだなんて、思いもしませんでした。今はこんな失敗はしませんが、

こういう怒りに任せて裏言葉?使う相手は本当に苦手です。

「急いできてください」と言ってくれたら、すぐに行ったのにな。

遅刻したくせに「私はあんたの彼氏じゃねえよ」と思ったけど内緒。

 

と、いろいろあるんですが、本当にこちらは感情の起伏がありません。

オンオフの切り替えも機械のように切り替わります。(間にコーヒー

を挟まなければ切り替われないのですが。)なので、日によって機嫌が

変わるとかありえないし(体調はありますよ)、揉めても派手な乱闘なんか

に発展することはほとんどない。叫ぶとかすごいしんどいので・・・。

 

感情的にぎゃーぎゃー言う人とかは、ほんとうに苦手です。

なんでそんな元気なの、と思います。けんかなんて気分の悪い

時に、そんな元気だせるって、どういうことだよと思ってしまいます。

気が滅入るのに大声なんか出せません。逃げたくなります。

 

言ってる事の筋が通ってないとか、本題から逸れているとか

そういうのに気づくと、中断して去ったり、電話ならば予告なし

に切ったり、メールであれば「もう終わり。返事しないからね」で

終わらせることがあります。怒るというよりは、めんどくさくなります。

気持ちはカッカせず「はー・・・なんだこの人・・変なの」という感じです。

 

なので、こちらが意見を言うときや、何か文句があるときなどは

キーーとかならず、ひたすら淡々と要点をまとめて淡々と話します。

「わたしは~なので、~してほしい」とか「それは~と思うので困る」

とか言うだけで、泣き叫ぶことはほとんどありません。

 

もちろん感情自体はあります。泣くこともあります。しかしだいたい

人前では出しません。泣くにしてもシクシクと一人で静かに泣く。

かっこつけているというより、「自分の問題で、他人は関係ない」

と思うことが多いからでしょうか。もちろん関係あるものであれば

きちんと伝えますし、怒りもぶつけます。その辺を分別している

気がします。ある意味、冷静なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
これが基本! 金魚すくいの金魚...
これが基本!金魚すくいの金魚の飼い方、育て方 ~失敗しない...
結婚してから発覚しました!
                                                         ...
本文はここまでです このページの先頭へ