ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

アスペルガーは独りよがり?

ライターさん(最終更新日時:2013/3/10)投稿日:

  • ナイス!:

    4

  • 閲覧数:2878

印刷用のページを表示する

なんとなく個人の感覚なんですが、アスペルガー・高機能の人は、

書く文章がものすごく長文であることが多くないでしょうか。

 

ブログとかこういう記事見てても、やたら文が長く、言葉が難解で、

かつ改行、行間空けるなどもせず、ダーーーーッッと書きまくった

ような文章であることが多い気がします。そして、とても読みにくい。

「読んだ人はどう受け取るかな」「どうすればすらすら読めるかな」

など、人の立場にたった視点を持つのが苦手・・・こういう点が

「自己中」だの「空気読めない」などの意見の元になるわけですが。。

 

私は、診断のときにアスペルガーとは違う面があると指摘された

ことがあります。それが、この文章の書き方なんです。

 

私も、診断済みの発達発達障害です。確かに文章はすごく

長いですし、テンションが上がってくると難解な文字列を炸裂させ

がちになったりします。自分でもわかるんですが、私の場合

「言葉へのこだわり」がとても強く、間違ってはいけない、誤解させて

はいけないという暗示があるため、限界まで正確に、きちんと、

丁寧に、必ず相手に伝わるように文章を書くことが面白いんです

 

面白いと書きましたが、それは文章を書いているときの気持ちが

「読んでもらえますように」とか「わかりやすいと思ってもらえますように」

というものではなく、「いかに、伝わるわかりやすい文章を完成させるか」

が私の中では重要で、気分的にはパズル遊びのような感覚なんです。

読み手に親切なように見せかけて、実はそういうわけでもなく、単に

いい文章(読みやすく簡潔でわかりやすい)ができたら気持ちがいい

というだけ・・つまり、気を使っているというよりは、楽しんでいるのです。

 

もうすこしわかりやすい例でいうと、ある人が近所に引っ越してきて、

頼まれてもいないのに私は地図を描き、その人にあげました。

生活に使える便利な地図で、バスの乗り場やATMなど、普段

「あれどこだっけ」となりがちな情報をバッチリ集めたナイスな地図です。

それをあげると、「やさしいね~」と言われました。

 

正直私は親切にしたかったのでも、そう思われたかったのでも

ありません。へたすると余計なお世話ですし、そもそも頼まれていない。

なんならあげなくてもよかったんです。そんなことより、そういう機会が

あったから「完璧な地図」を作ってみたかっただけなんですよね・・・・。

なので、結果的には好印象になったんですが、そういうものを

メリットとして捉えることができれば、「思いやりのある人」にもなりうる。

私の場合は別に望んではいませんでしたが、それが嬉しい人もいる。

 

と書いてしまうとやはり「独りよがりじゃんw」となってしまいますが、

心の底では独りよがりだとしても「あ、別に親切でやったんじゃないから」

とさえ言わなければ、その場は和やかムードで終始しませんか?

腹の底で何を思っていても、「余計な一言は言わないほうがいい」と

理解していれば、へんな誤解や無駄な争いに発展もしませんよね。

つまり、日常生活で本人や周りの人が困らなければ、いいのです。 

 

こういうちょっと斜めな観点ですが、一応発達障害でも、興味を持ったり

簡潔に表現するメリットが理解できれば、人の立場にも立てるということ

なんだと思います。こういう障害だから無理なんだ、で片付けるのは

もったいないし、本人も損してるなあとよく思います。文章に関しても

言語力豊かで、言葉もたくさん知って、文章力が高い人が多いんです

意外に一般的な視点とは違った目線で物事を見ていたりもするので、

説得力があったり、斬新だと感心してもらえたりすることがあります。

だからわかりやすければ、多くの人に読んで理解してもらえれば、

本人にとってもメリットがあるということを知ってほしいですね。

 

私の場合は文章だけでなく言葉遣いや表情の分け方なども活用

できるように練習したので、わかりやすく教えなければいけない

小学校の教諭や、空気を猛烈読まなきゃならない百貨店の接客も

できるようになりました。特性で苦手だとしても、できないわけでは

ないんですよ。ただし繰り返しの学習や、失敗、工夫は必須です。

時間も年単位でかかりますし、活用することだってそう簡単な

ことではありません。気長に待ってもらわなきゃならないですが・・・

 

大事なのは「空気を読めば自分も得をする」「独りよがりになりがち

なのを自制すると、思いやりにつながる」など、苦手なことを克服

するよう努力することに対する恩恵・メリットをしっかりと理解すること

です。「働けば給料がもらえる=生活ができる」と同じ意味です。

 

ゲンキンだ、とかご都合主義だとか思われる方もいらっしゃると

思いますが、そういう具体的で明確な理由・根拠などが、私には

自信や確信のある行動につながっていくんです。

 

 

 

毎回、私は自分が書いた文章を読み返します。自分的に簡潔に

スパッと書けていたらいい気分です。今回のは、気をつけたつもりですが

ちょっと腑抜けた文章になりました。理由は、眠いのと、肩が痛いこと。

もうちょっと頭がさえているときに書きたかったです。60点。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ