ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【「特定疾患(難病)医療受給者証交付件数」が激増~カタストロフの序章】

ライターさん(最終更新日時:2015/11/17)投稿日:

  • ナイス!:

    5

  • 閲覧数:75959

印刷用のページを表示する

【内部被ばくの影響は10年後、必ずでてくる】

(西尾正道・北海道がんセンター院長)

「今後、奇形児が生まれたり、がんが増えたり、そういうことは確実に起こります。」

 

最近の症例)

鷲塚諫氏(シャープ元副社長)進行性核上性麻痺(パーキンソン病関連)で死去(75)

真柄秀一氏(プレス工業会長)筋萎縮性側索硬化症で神奈川県内病院で死去(65)

大木伸夫氏(京都・演歌歌手)間質性肺炎で死去(88)

松井英男氏(礫川浮世絵美術館館長)進行性核上性麻痺(パーキンソン病関連)で死去(83)

酒井秀幸氏(兵庫・旧丹波農協専務理事) 間質性肺炎で死去(84)

吉村芳生氏(山口・美術家)間質性肺炎で死去(63)

鶴谷嘉武氏(群馬・前県医師会会長)間質性肺炎で死去(69)

モデル・高橋メアリージュン(26)潰瘍性大腸炎

天野祐吉氏(コラムリスト)間質性肺炎で死去(80)

村山元信氏(千葉・毎日書道展審査会員)悪性線維性組織球腫で死去(64)

白石貞雄氏(元住友電設取締役)、間質性肺炎で死去(65)

市川七奈子ちゃん(福岡市博多区)2012年10月脳幹グリオーマと診断、2013年8月他界(3)

堤俊作氏(指揮者)多系統萎縮症で死去(66)

(国内作曲界の重鎮)諸井誠氏間質性肺炎で死去(82)

作家・中村うさぎ(55)、ギランバレー症候群の疑い

山田修爾氏(「ザ・ベストテン」名物TBSプロデューサー)特発性間質性肺炎で死去(67)

土橋正幸氏(日本ハム監督)筋萎縮性側索硬化症(ALS)で都内病院で死去(77)

女優・安奈淳(65)、膠原病の再発

木下光男(トヨタ自動車元副社長)筋萎縮性側索硬化症で愛知県内病院で死去(67)

鈴木義久(元双日常務執行役員)間質性肺炎で神奈川県内病院で死去(61)

ソフトバンク・大隣憲司投手(28)腰手術へ全治1年

〔⇒昨年手術した巨人・越智大祐投手(29)と同じく「黄色靱帯骨化症」

住田良能(産経新聞社前社長)多発性骨髄腫で都内病院で死去(68)

松下陽一(元安田倉庫常務)間質性肺炎で死去(61)

菊池恵美(元西日本新聞社編集局長)間質性肺炎で福岡県内病院で死去(62)

今野東氏(前民主党参院議員、前副復興相)特発性間質性肺炎で死去(65)

女優・鷲尾いさ子(46)(数年前~)原因不明の難病〔専門医:「やがて歩行や会話も困難に」〕

タレント・菊池桃子(45)(2012年1月前~)シェーグレン症候群

〔⇒2001年10月18日に出産した長女(11)も脳梗塞を患い左手足に麻痺

タレント・山田まりや(33)難病IBD(クローン病)の疑い

〔⇒約10年前~原因不明の嘔吐や発熱、貧血〕

~参考~

IBDとは、大腸や小腸に原因不明の炎症を起こす難治性の炎症性腸疾患の総称で、

潰瘍性大腸炎とクローン病の2つの疾患を指す。

 (広島県・江田島市出身)

声優・後藤 邑子(37)自己免疫疾患を理由に休養

俳優・安岡力也2006年6月ギラン・バレー症候群、2012年4月心不全で死去(64)

〔2011年2月以前〕

和田アキ子2011年2月シェーングレン症候群の可能性

女優・大原麗子2009年8月6日不整脈による脳内出血で死去(62)

〔1975年にギラン・バレー症候群〔自己免疫疾患〕⇒1999年再発〕

小松千春(女優)2009年7月2日「ギラン・バレー症候群」ブログ告白

女優・釈由美子2009年2月22日「ギラン・バレー症候群」ブログ告白

長嶋亜希子(長嶋茂雄夫人)膠原病&闘病中、2007年9月心不全にて死去(64)

安倍晋三(政治家〔自民党〕)17歳の時に潰瘍性大腸炎、2007年8月再発

川口順子(政治家〔自民党〕 )2007年3月ギラン・バレー症候群

EXILEのMATSU〔松本利夫〕(ダンサー)、2007年1月フジTV番組内でベーチェット病告白

タレント・若槻千夏2006年11月に「神経性胃炎および 潰瘍性大腸炎

女優・池波志乃2006年9月に、フィッシャー症候群

岩城宏之(指揮者)1987年頸椎後縦靭帯骨化症、2006年5月心不全にて死去(73)

絢香(歌手)、デビュー翌年(2006年)膠原病(バセドウ病)、2009年活動休止、2011年復帰

林家こん平(落語家)2005年多発性硬化症

柴田章吾投手(巨人)2004年ベーチェット病

徳田虎雄(医師&政治家)2002年4月筋萎縮性側索硬化症(ALS)〔現在も闘病中〕

佐藤寿人(サッカー日本代表FW、サンフレッチェ広島)2002年ギラン・バレー症候群

徳永英明(シンガーソングライター)2001年5月モヤモヤ病(ウィリス動脈輪閉塞症)

安奈淳(宝塚出身女優)、2000年膠原病の一種である全身性エリテマトーデス(SLE)
芦原英幸 (空手家)、1992年筋萎縮性側索硬化症(ALS)、1995年急死(51)
「ピンク・レディー」のケイ(増田惠子)、1991年頃、膠原病(バセドウ病)
女優・藤田三保子、1978年頃、膠原病の一種である全身性エリテマトーデス(SLE)
木田俊之(演歌歌手)、30歳の頃筋ジストロフィー〔現在も闘病中〕
山中登志子(編集家)、16歳の頃アクロメガリー(先端巨大症)〔現在も闘病中〕

アクロメガリー(先端巨大症)とは?~突然、顔が変わった

川島雄三(映画監督)、1944年頃筋萎縮性側索硬化症(ALS)、1963年肺性心で急死(45)
 疾患名

平成22年度

増加数

 

件数

平成23年度

増加数

 

件数

ベーチェット病       -403 17,290 1,161 18,451
多発性硬化症 265 14,492 1,648 16,140
重症筋無力症 189 17,314 1,695 19,009
全身性エリテマトーデス(SLE) -999 56,254 3,299 59,553
スモン -128 1,628 -20 1,608
再生不良性貧血 -62 9,417 731 10,148
サルコイドーシス 118 20,268 1,893 22,161
筋萎縮性側索硬化症(ALS) -86 8,406 586 8,992
強皮症、皮膚筋炎及び多発性筋炎 585 42,233 3,600 45,833
特発性血小板減少性紫斑病 -633 22,220 1,571 23,791
結節性動脈周囲炎 415 7,600 1,328 8,928
潰瘍性大腸炎 4,549 117,855 15,688 133,543
大動脈炎症候群 -134 5,438 391 5,829
ビュルガー病 -444 7,147 135 7,282
天疱瘡 91 4,648 437 5,085
脊髄小脳変性症 57 23,290 1,757 25,047
クローン病 761 31,652 3,069 34,721
難治性の肝炎のうち劇症肝炎 -56 210 39 249
悪性関節リウマチ -158 5,891 411 6,302
パーキンソン病関連疾患 2,237 106,637 9,899 116,536
 1)進行性核上性麻痺 - - - -
 2)大脳皮質基底核変性症 - - - -
 3)パーキンソン病 - - - -
アミロイドーシス 86 1,505 231 1,736
後縦靱帯骨化症 356 29,647 2,396 32,043
ハンチントン病 2 798 48 846

モヤモヤ病

(ウィリス動脈輪閉塞症)

107 12,992 1,473 14,465
ウェゲナー肉芽腫症 64 1,671 163 1,834

特発性拡張型

(うっ血型)心筋症

-11 22,123 2,263 24,386
多系統萎縮症 -23 11,096 701 11,797
 1)線条体黒質変性症 - - - -
 2)オリーブ橋小脳萎縮症 - - - -
 3)シャイ・ドレーガー症候群 - - - -

表皮水疱症

(接合部型及び栄養障害型)

-14 315 23 338
膿疱性乾癬 44 1,679 144 1,823
広範脊柱管狭窄症 232 4,218 523 4,741
原発性胆汁性肝硬変 242 17,298 1,756 19,054
重症急性膵炎 -53 1,132 455 1,587
特発性大腿骨頭壊死症 160 13,476 1,204 14,680
混合性結合組織病 12 9,028 911 9,939
原発性免疫不全症候群 -15 1,147 139 1,286
特発性間質性肺炎 215 5,896 1,169 7,065
網膜色素変性症 -656 25,296 1,638 26,934
プリオン病 68 492 14 506
肺動脈性肺高血圧症 288 1,560 409 1,969
神経線維腫症 122 3,112 302 3,414
亜急性硬化性全脳炎 -8 87 4 91
バッド・キアリ(Budd-Chiari)症候群 -16 232 29 261
慢性血栓塞栓性肺高血圧症 183 1,288 302 1,590

ライソゾーム病

(ファブリー(Fabry)病含む) 

30 760 108 868
副腎白質ジストロフィー -3 173 14 187

家族性高コレステロール血症

(ホモ接合体

- 120 21 141
脊髄性筋萎縮症 - 514 105 619
球脊髄性筋萎縮症 - 686 202 888
慢性炎症性脱髄性多発神経炎 - 2,328 658 2,986
肥大型心筋症 - 2,239 540 2,779
拘束型心筋症 - 18 8 26
ミトコンドリア病 - 764 181 945
リンパ脈管筋腫症(LAM) - 335 104 439
重症多形滲出性紅斑(急性期) - 48 10 58
色靱帯骨化症 - 993 639 1,632

間脳下垂体機能障害

(PRL分泌異常症、

ゴナドトロピン分泌異常症、

ADH分泌異常症、
下垂体性TSH分泌異常症、

クッシング病、

先端巨大症(アクロメガリー)、

下垂体機能低下症)

- 11,764 3253 15,017
合計 27,385 706,720 71,458 778,178

http://www.nanbyou.or.jp/entry/1356

平成22年〔2010年〕度(平成22年4月1日~平成23年3月31日)

平成23年〔2011年〕度(平成23年4月1日~平成24年3月31日)

とほぼ全ての「特定疾患(難病)」において「医療受給者証交付件数」が激増。

(注)平成22年度(平成22年4月1日~平成23年3月31日)は
東日本大震災の影響により、
宮城県及び福島県が含まれていない。

⇔逆に言えば、

平成23年〔2011年〕度(平成23年4月1日~平成24年3月31日)

の急増は、 宮城県及び福島県の疾患数増加の寄与度が

それだけ著しいと言う事。 

 

更に

約6500万人~第二次大戦以後、放射線被曝により命を奪われた人の数

年間1mSv(法定の限度線量)でも2500人に1人は晩発障害で死亡

F1事故前でさえ
自然放射線に加え、広島&長崎原爆、大気圏核実験、チェルノ原発事故
等の人工放射線の影響によって、日本人全体で年間約5万人は晩発障害で死亡
しているわけで、既にF1事故に起因して何人が亡くなったか、
あるいは潜在的、深刻な被曝疾患に罹病したかお分かりになりませんかね?
あと数年後以降にマスコミも事実を隠蔽できなくなるでしょう。

5種のがんの診断から5年後の生存率を全国28の病院別に公開

F1事故前ですら

 国民の2人に1人ががんにかかる時代
〔特に、男性では3人に1人、女性は4人に1人がガンで死亡〕
3分の1の患者が5年未満生存。
という厳しい現実を熟知しておかなければ
なりません。

更に、(史上最悪なレベル7クラスの)F1事故後、
今後、東日本を中心に日本国民全員に降りかかるであろう
特に慢性被曝の影響によって、
ガン罹病率は100%、ガン死亡率(特に5年未満生存)は
3分の2に急上昇するのでは?

【チェルノブイリ事故発生から25年間の健康被害まとめ】
【5人に1人が先天障害や慢性疾患~26年目「チェルノブイリ2世」〔遺伝的影響〕】

  

【現在でも
200万人の子供達が
放射能被害で治療を必要としている
~チェルノブイリ26年目】

(現EU議会環境委員会・副委員長コリーン・ルパージュ氏)

現実には、チェルノブイリの被害は終わっていない。
そして、今後何世代にもわたって、
私たちはその影響に悩まされ続けなければならない。
現在200万人の子供達が放射能による被害で起きた病気への治療を必要としている。
しかし(被害者の数は今後も増え続けることが見込まれることから)、
2016年までは最終的な放射能による重病患者の数を確定することができない。

これらの被曝による被害者達は、
白血病、脊柱や肺への癌、膀胱癌、腎臓癌、甲状腺癌、乳癌といった
放射線障害に苦しめられている。
また、
被曝によって通常より多くの人が亡くなっている。心臓や血管への疾患が発生するからだ。
放射能に汚染されたある地域では、80%にも上る子供達が
心臓疾患、肝臓障害、腎臓病、甲状腺疾患、抗体への異常を抱えている。
また、
母親の子宮の中にいる内に被曝を受けて生まれてきた子供達の中には、
脳の発達停止、白内障、遺伝子の突然変異、先天性の奇形、
神経系異常や水頭症などの疾患が発生している。

*

最も深刻な影響を被っているのは、今日、汚染地域に生活する子供達である。
例えば
チェルノブイリから30キロ以内に位置するイワコフ地区では、
5600人の子供の中でチェルノブイリの放射能汚染による
健康被害を受けていない子供は40人しかいない。

 

      【 障害に苦しむインドウラン鉱山労働者の子供達】 

【若くして老化が急速に進む早老症 「ウェルナー症候群」の原因】

 〔チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト〕

第2章第4節 チェルノブイリ大惨事の影響で加速する老化
老化の加速化は、電離放射線による被曝がもたらす、
よく知られた影響の一つである。
この現象は、チェルノブイリ由来の放射性核種に
汚染されたすべての人びとにおいて、
程度の差こそあれ、はっきりと見てとれる。

チェルノブイリ大惨事によってもたらされた
放射線による老化の影響は、既に数十万人に及んでいる。
そして将来も、この問題は数百万人の人々に関わってくるだろう。

 

当代の僅かな判断ミスが、

当代のみならず数世代に渡って被害を拡大する事に
多くの日本人が気づいていないわけですよ。
(露ヤブロコフ博士によると、この傾向が約7世代〔約300年〕に渡って続く模様。)

 

【高線量地域でも低線量地域でも深刻な世代的遺伝子損傷】

(仏ミッシェル・フェルネクス博士)

「難病」等の遺伝性疾患が何世代目に顕在化するかが、

死角となりやすい「劣性遺伝」の最も怖い所です。

 

特に

【やがて訪れるカタストロフの真相】

と今回の「特定疾患(難病)医療受給者証交付件数」と

対比しながら、未来の日本を思い描いてみてください。

 

今後更に、

「特定疾患(難病)医療受給者証交付件数」が爆増し続ける

事は言うまでもありません。

 

【日本の約50年後・・・バンダジェフスキー博士の疫学的予言】

50年を待たずして、

福祉国家としての社会保障制度の破綻はもちろんのこと、

日本民族の滅亡シナリオがリアルに見えてくるでは?

 

【秋山豊寛氏(2012/6/14)たねまきJ】

約15分~

「ただ問題は内部被曝の問題。
これは政府もなかなか、研究も進んでいないらしいしね。
水や食物を通じて体内が汚染されている問題。
体内に取り込まれた放射性物質自体が、
射程距離は短くてもね、ずっと体内で放射し続ける。
直ちに健康に影響は起こさないでしょうけれどもね、やっぱり数十年後。

もっと怖いのは

染色体〔人体設計図〕の異常

(⇒特に性染色体の転座のリピート)

が発生することですよ。
例えば、

私自身がチェルノブイリで見てきたウクライナの病院標本の所に

ものすごい数の、体内で被曝して、

まともな形にならずに死産した子供達の標本

ですよ。

日本では取材したけれど、そういうのは残酷だという事で放映できませんでしたけれどね、
僕の眼にはしっかり映っていますね、未だに、目をつぶれば浮かんできますよ。
これがやがて福島で起こる可能性があるという、
残酷な話ですよ。

  

チェルノブイリ写真1 

〔⇒写真2~写真7はリンク先参照〕


【米、(親族の同意なく)広島・長崎の被爆赤ちゃん1200人研究利用 ~サンシャイン計画】  

『広島と長崎への原爆投下の数年後に、
被爆者の親から死産したり、生後すぐ亡くなったりした赤ちゃんのうち、
臓器標本やカルテが米国に送られ放射線研究に利用された人数が
1200人以上に上ることが2012年4月21日、分かった。』

 

ABCC(原爆傷害調査委員会)は何をしたか

~2.岡村ヒサさんの証言~
「私は昭和20年当時、尾長町で産院を開業していました。
41歳でした。その頃はまだ家庭分娩が多うございましたが、
だんだん少なくなりまして、昭和30年頃には、皆産院に吸収されました。
何も記録は持っていませんが、奇形がたくさん出ました。
当時はABCCへ、皆報告しなくてはいけないシステムになっていました。
奇形が出ましても、報告するのを嫌う人もございましたので、
しなかったこともあります。

 

【死の灰の正体-無脳児、単眼児の出産も】

人間の形をしていない物体 昭和26年 長崎 1480m 三菱工場跡

 2012031506.jpg2012031507.jpg

2012031508.jpg

 

〔世界は恐怖する「死の灰の正体」(1957年)〕


【湾岸帰還兵251世帯中67%に奇形~「劣化ウラン」の影響でさえも】

「米帰還兵局の報告ではミシシッピ州在住の湾岸帰還兵251世帯
で湾岸戦争後に生まれた子供のうち、67%が目の奇形
あるいは目や耳が欠落して誕生しており、
その多くは血液感染症や呼吸器障害を伴っていた
と発表」

 

【ファルージャで激増する奇形児-BBC放送から】  (イラク)
【劣化ウラン弾でさえも凄まじい胎児&子供への影響 】 (アフガニスタン&イラク) 

苦難の先住民~インド・ジャドゥゴダ・ウラン鉱山

〔ジャドゥゴダでの健康被害〕
「現地先住民たちにさまざまな疾病。
特に子どもたちの先天的障害は深刻な様相。
鉱滓池から1kmの範囲内に7つの村があり
そこでは47%の女性が月経不順に悩み
18%の女性はここ5年以内に流産あるいは死産を経験。
女性の3分の1は不妊であり、住民の間には皮膚病やガン、
先天性異常などが多発。

 

「顔面裂」とは:

生まれつき組織の一部が裂けた状態を裂と呼び、
母体内で受精卵から顔が形成される過程において何らかの
組織の障害や癒合の不全によって生じると考えられています。
代表的なものは唇裂ですが、これ以外にも顔では様々な裂異常があり、
これらは総じて顔面裂と呼ばれています。
しかし唇裂に比べて発生頻度は圧倒的に少なく「稀な顔面裂」とも呼ばれる。
顔面裂といってもすべてがナイフで切られたように顔が裂けているわけではなく、
単に凹んで見えるだけのものもある。
また、変形の程度も目や鼻などの微妙なズレによって判別できるものから、
顔の骨にも高度の裂が存在するものまで様々。

 

bf5e5e48fc0c679e736ecf1904488267.jpg

1041dcb00d031ca80409c48e25e598d3.jpg

8c018d25.jpg

131816198269613207774_malformed_children.jpg

20120710173652.jpg

「放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで、
栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり
、だいたい2、3回通りましたよね、
あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろうと。
結婚をして子どもを産むとですね、
奇形発生率がドーンと上がる
ことになっておりましてですね、
たいへんなことになるわけでございまして」
(「日本生態系協会」会長)

5673.jpg

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:1-3

tamikotea2さん

ピックアップ

Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
【完全版】ああすんなり!頭に...
   5 1 0, 0 0 0 H I T! 閲覧して下さりありがとうご...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
本文はここまでです このページの先頭へ