ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

カナダ留学を格安で成功させる方法

ライターさん(最終更新日時:2017/4/5)投稿日:

  • ナイス!:

    37

  • 閲覧数:19136

印刷用のページを表示する

はじめに


私がカナダ留学した経験を踏まえて、誰でも格安で留学できる方法をお知らせします。
留学エージェントにかれこれ20社くらい問い合わせて、自分でベストと思う方法で留学!
今後格安で留学したい人の助けになれば幸いです。

  332.jpg

 

ステップ1  留学エージェントを決める


まずはこれです。 

自分で学校を探すことも出来るけど、留学エージェントの情報量にはかないません。ほとんどのところがカウンセリングは無料でしているのでどんどん質問しちゃいましょう。 日本にしかないエージェントよりも、カナダにあるエージェントの方が最新の情報を持っているしオススメです。 
(因みに私は現地エージェントを使いました。カナダのバンクーバーにある●●●●●●●●です。ココで名前を出して、迷惑がかかっちゃうといやなので、どうしても知りたい場合はメール下さい。メアドはプロフィール見てね) 

日本の留学エージェントを使う場合は、電話番号などは教えない方がベター。
最大手のエージェントとかは毎日のように電話がかかってきます。(-、-;)
気の弱い私は何度オフィスまで行こうと思ったことか。。。断るのが苦手な方は電話番号は
残さないようにしたほうがよいかも。

現地カナダエージェントの場合は、学校の手配料や現地サポートが無料の場合もあるし、現地エージェントしか知らない学校の割引なども教えてくれるのでオススメです。また、急な留学相談にも丁寧に相談に乗ってくれます。 私の場合は出発の2週間前から相談をしてもらって、間に合いました。。。もちろんこれは私の使った現地のカナダエージェントさんの場合です。
どの現地エージェントでも言い訳ではありません!!!
参考までに、バンクーバーだとたくさんエージェントがありますが、

・設立から5年以上経過
・自宅がオフィスではなく、きちんとしたオフィスがある(時間貸しのシェアオフィスでもない)
・オーナー以外にも従業員がちゃんといて、その従業員も長年勤務している
(ボランティアやインターンのスタッフではなく、給料をもらっている従業員!)
というゆるーい条件で検索すると、全22件のエージェントのうち、条件に合致するのはたったの3社!しかないんです。 
※ヒント※3社とも社名にカナダのカタカナの文字が入っています!!

・カナダでカウンセリング暦うん十年って行っても、実際には職を転々としていてそれだけ滞在してたってこともあるので注意! 最近は、中国や韓国の留学エージェントの看板だけ借りて、実績何十年っていうところもあるから注意!


私の場合 
2011年カナダのバンクーバーへ留学
3ヶ月 授業料 約20万円
1ヶ月 ホームステイ 約8万円
航空券 片道で約10万円
留学生保険 日本の保険で3ヶ月3万円くらい
その他 5万くらい お小遣いとか

合計 46万円 (私のときは$1=79円でしたょ)

学校は全校生徒150名くらいの中で日本人は私を含めて2名の、イギリスにメインのキャンパスのあるバンクーバーの学校でした。 本当は学費は高いんだけど、エージェントさんにお願いして学校の特別プロモーションを適用してもらい、激安に。 日本人少ないから、日本人向けに割り引きプロモをしてもらったそうです。。。 日本の会社じゃ出来ないと思う!

なお、こっそり日本のエージェントに同じ条件で見積もりしたら、85万円!!で出発まで1ヶ月かかるといわれた!!! 緊急手配料みたいのかかるって。

日本のエージェントはすぐに相談に行けたりして安心ですが、実際に不安になるのは現地到着後。 日本のエージェントは契約したら後は現地の外注先にまかせっきりでほっとかれることがほとんど。 バイト先で仲良くなったお客さんは最大手の留学エージェントで、学費とは別に手数料を20万円くらい余計に払ってきたらしいけど、現地オフィスにはほとんど行かずに放置状態だそうです。。  とっても不安だからやはり日本のエージェントに、 というかたは、それではあと何度、その日本のエージェントに足を運ぶのか? ということを良く考えたほうが良いかも。 日本でもカナダでも、電話やスカイプやLineで連絡を取るのなら同じ。結局同じ日本人が対応するんだし。 

 

 325.jpg

 


注意

  • 留学エージェントは学校への入学手続きを代行して、学校よりコミッション収入を得、ビジネスをしています。
        たとえば、航空券を買うとき、どうしますか? JALに直接電話します?成田空港の窓口に行きます?恐らくみんな、日本の大手旅行代理店に行くか、オンラインで買いますよね。 正規料金で航空券を購入した人の方が少ないと思います。
        航空会社は販売営業を代理してくれる旅行代理店に通常よりも安くチケットを卸すことで、安定した集客をしています。 
     留学エージェントも同じシステムなので、現地エージェントのほとんどが無料なのです。  だけど、日本の留学エージェントはサービスを有料にしているところがよくあります。

  • ここにも書いてあるけど、エージェントによっては、文書翻訳料、海外送金手数料もサービス費として請求するので注意! 請求書はきちんと明細も確認しましょう。 
    手続きも無事に進み、請求書を見てびっくり!
    海外送金で手数料が1万円!!
    文書通信費で2万円!!!
    総額が100万円くらいだから、少し割り増ししても分からないと思ったのかな~(-、-;) ゆうちょ銀行から送れば2,500円なのに。。 文書通信費って、FAXで送ってもそんなにかからないでしょ。 2万あればシアトルまで旅行に行ってリッチなホテルに泊まれるょ。



   
  285.jpg

ステップ2  学校を選ぶ


  さて、肝心の学校を選びます。 エージェントに任せている場合は、自分のリクエストに従って選んでもらった学校の中から選ぶことになると思います。 進めてもらった学校はYahooなどで検索して、ウェブサイトや評判をチェック! エージェントによっては、自分たちに都合の良い学校(付き合いがある学校や、コミッションの高い学校 しか薦められないこともあるので注意。  パンフレットやウェブサイトがキレイな学校は魅力的に見えるけど、そんなにいい学校ではないこともあります。 

日本語のキレイなウェブサイトやパンフレットがある=日本マーケットに広告費を使える=過去に多数の日本人留学生がいて、今後も可能性があるから予算がかけれる→ 日本人の多い学校という傾向があると思います。

また、大手の留学エージェントなどは比較的規模の大きい、今までのお付き合いの長い学校をすすめる傾向があります。まとめて留学生を沢山送れば、それだけ学校からのコミッションが大きいのでしょう。 でも、バンクーバーだけで100校以上も学校あるのに、どうして3~4校しか学校を紹介してくれないか?  100人留学する場合、3校に30名まとめて留学生を送るほうが、100校まったく別々の学校に個別に送るよりも手間がかからなくてすむからです。

 留学するなら日本人のいない学校!! と思っている方はこの部分をしっかり理解しておくことが必要です。 

因みに私の通っていた学校は、私を含めて全校150人で日本人は2名!!! もちろんクラスメイトに日本人はいませんでした。 ウェブサイトはしょぼいし、パンフも英語のしかないけど、授業もしっかりしていた大正解でした。

友達の学校は日本語できれいなパンフレットがあり、ウェブサイトもすごくキレイで、どこのエージェントのパンフにも載っているすごく大きな学校でしたが、クラスメイトのうち半分は日本人、もう半分は韓国人だったそうです。。

よく、バンクーバーは日本人多いから、なんていう人がいますが、それはダウンタウンのごく一部、学校の密集エリアだけで、それ以外のところには日本人なんてほとんど出会わないです。 毎年沢山の留学生が日本の留学エージェントの紹介する学校に沢山入学し、クラスメイトは半分日本人の環境でホームステイ先にも日本人いたりする環境で毎日を過ごし、本当のバンクーバーを経験せずに帰国して、 やっぱりバンクーバーは日本人多い なんていったりします。  だって、留学生の半分以上が大手の留学エージェントを使っていて、その大手エージェントはたった4校しか紹介せず、みんなその中から申し込む。 そりゃ日本人多いっていう感想を持ちますよね~。

けど、重要だからより詳しく言うと、 日本人が少ないところに行けば英語が出来る?
という質問はちょっと考えたほうが良いかも。 結局は自分しだいなんだけど、たとえば
今日本に住んでいるあなた! 学生でも社会人でも、 一日24時間のうち、親類を含めた知人以外に話しかける時間、話しかけられる時間はどのくらいありますか? 街中に何十万人いたとしても、みんなと話していますか? きっとナンパ師とか営業の人以外は他人に話しかけることはないと思います。 じゃあ、 仮に日本人が街中に多いといわれるバンクーバーに来たら、そこら辺に歩いている日本人すべてに話しかけるでしょうか?  答えはNoでしょう。
では、街中にまったく日本人がおらず、英語をしゃべる人たちだけに囲まれたら、自分から話しかけますか? その答えもNoでしょうね。
では、何で日本人が少ないところに行きたいんでしょうね??

よく喋るかけるであろう、 学校の先生、 クラスメイト、 ホームステイファミリー
この3つが英語圏ならば、きっと一番望んでいる環境が手に入ると思います。
それは都市部では難しいのでしょうか?

極端な考えの子は 都会は日本人多いから田舎に留学しよう! なんて思うかもしれないけど、 たとえばあなたはアメリカ人として
”ワタシハ日本語ベンキョウシマス。 Tokyoはアメリカ人オオイネ。 ダカラアオモリヘリュウガクシマス” なんて発想になりますか?(東北の方ゴメンナサイ) 標準日本語を勉強しに行くアメリカ人が、方言のある青森へ日本語の学習に行くのは、正解ではないと皆さん思うでしょう。きっと日本語学校の多い東京や大阪のほうが競争もあってカリキュラムもしっかりしているし、いろいろ生活でも都合が良いことが多いとおもうけど、都会ではない地域でそれこそ地域にひとつしかないような学校に通って語学力を上げるっていうのは、おかしいと思う。

100校以上の学校が密集している都市と、3校しか学校のない都市、どちらのほうが授業の質がよく、ハイクオリティな授業の出来る先生が多く、暮らしやすいですかね?


ちなみに誤解がないように説明しておくと、グレーターバンクーバーの人口は211万人、日本人、日系人は3万人だそうです(2006年数字、Wikipedia より)
ええと、30,000 わる 2110,000 だから、0.014...か 1.5% だから100人に2名は日本人
これを多いととるか、少ないと取るか。。


  357.jpg

ステップ3  ビザを申請する


留学する際には、ワーキングホリデイビザ、学生ビザ、観光ビザいずれかのビザが必要です。 私の場合はワーキングホリデイビザでした。


・ワーキングホリデイビザ 
  一年間有効な学校にも行けて、仕事も出来るビザ。 

初めは学校に行って、その後働きたい と思っている人は、初めは学生ビザで入国して、現地でワーホリビザに切り替えることがオススメ。

せっかくワーホリで一年間みっちり働けるのに、初めに学校に通っちゃうと、

その分働ける期間が短くなってしまいます。 日本のエージェントとかだとワーホリで初めに学校に行くことを進められるそうですが、私の周りの友達はみんな後悔しています。 もっとカナダで働きたい~。って。 そう思っても、働けるビザ=ワークビザは出ないんです。簡単に。。。 
ワーホリビザは有効に使いましょう!

 

・学生ビザ
基本的に学校に申し込んでいれば、学校の期間+αの期間、ビザが出るらしいです。

学校に行っている間は放課後も友達とお喋りとか遊びで忙しいので、学生に専念する方がいいです。 その後、ワーホリに切り替えれば、より長期間カナダ生活を満喫できます。 もちろん途中で予定が変わって、学生ビザが終わってから帰国も出来るし、 ワーホリで1年丸々いなくても大丈夫です。 ウェブサイトの情報だけ鵜呑みにして、カナダではワーホリ取得できません! みたいに自信満々にカナダにきたことのない人が説明してるサイトもちらほらありますが、この前、ここで質問してきた子のためにカナダ大使館にメールで確認しましたよ。
大使館でも問題ない、という回答でしたよ(2013年12月3日現在)
もちろん許可が出てからアメリカとの国境をまたぐ必要がありますが、バンクーバーなら往復で2時間、トロントでも4時間あれば出来ちゃいます。

 
・観光ビザ

いわゆるビザなしです。 半年未満学校に行くだけならば、学生ビザが必要ないのでこちらのカテゴリーになります。 特に準備は必要ないです。 日本のパスポートだけでOK。

 IMG_3222.jpg

 

注意

※※ビザとパーミット※※
    ここでは便宜上「ビザ」と呼んでいますが、正しく言うとビザではなく「許可証(Permit)」の事を意味します。例えば、いわゆる学生ビザは、正しくは「Study Permit(就学許可証)」の事を指します。ワーホリは「Working Permit(就労許可証)」。ややこしてくすみません。

    そもそもビザの本来の意味は「渡航先の国が出す入国許可証」ですが、カナダでは日本人に対してビザ免除のプログラムが存在します(Visa Waiver Programと呼ぶ)。このプログラムの対象国は、カナダ入国時にパスポートへスタンプが押されると、自動的に一定期間の滞在が許可される事になります。日本の場合、6ヶ月間の滞在が自動的に許可されます。
    ちょっとごっちゃになりにくいですが、通常留学の手続きをするにあたって、この部分の区別はとくに考える必要ないです。 でも、普通留学の話をする際、わざわざパーミットとビザを使い分けて説明する人はいないです。普通に、ビザ申請で大丈夫!


ステップ4  航空券を購入する


学校を決めて、ビザが出たら次はコレ。 オンラインで航空券の見積もりも出来ますが、カナダの旅行代理店でチケットを購入した方が安くなるケースが多いみたいです。 クレジットカードの番号があれば、メールのやり取りだけで完結しますのでラクチンです。  

Webサイトの見積もりだと、純粋に航空券の料金だけしか掲示していない場合もあるので注意! 航空券のほかに、税金やサーチャージもかかります。 JALやAirCanada は税金やサーチャージで$600以上かかるので注意。

単純に見た目のチケット代だけではなく、総額で料金を検討しましょう。

 
 IMG_3320.jpg
 

ステップ5 留学生保険に加入する


日本の留学生保険かカナダの留学生保険を選んで加入します。

日本の留学生保険 :高い! 保証手厚い。 医療診察はキャッシュレスでOK
万が一自分が死んだときなどのサポートはばっちり。でも、自分自身には必要ないかも。

カナダの留学生保険: 安い 日本の3分の一くらい。 自分で料金を払った後、保険会社に実費を請求することが多い。 1日100円くらいで加入できます。   
 
短期間の留学の場合は、持っているクレジットカードの海外旅行保険で
大丈夫な場合もあります。
 

ステップ6  出発の準備



1~5のステップが終われば、もうほとんど準備はバッチリ。

個人的に持ってきて成功したもの、失敗したものなど

・必要なもの

ノートパソコン、 洗濯ネット、スリッパ、肌に合う化粧品(特に化粧水)

 

・不要なもの

たくさんの衣類、歯ブラシなどの日用品

→全てカナダで購入可能です。

私は重いコンタクト洗浄液持ってきて失敗しました。。。そういえばボシュロムとか
こっちが本場でした。。。
 

※バンクーバーで購入可能なもの(ビックリしたもの)

 減塩しょうゆ、八丁みそ、毎日作っている豆腐、にがり、おから、カール(おやつのね)、 資生堂のTSUBAKI、うまい棒コーンポタージュ味、 納豆(お店には20種類以上のバラエティが!!冷凍されてます)、こたつ、たこやき器など。。  おくらは Okra 長いもは Nagaimo で売ってます。 ごぼうや大根もありますょ。日本の日清カップヌードルもありますが、中国は東南アジアで販売している日清のカップヌードルもあります。電子レンジで作る焼きそばなんて代物もあります!

   IMG_3237.jpg
  

まだまだ色々ありますが、このノートはこれくらいで。。
聞きたいことがあったり、連絡がほしい方は私のプロフィールを見てください~。


このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

canacanacanadacaさん女性

留学について興味を持った方はお気軽に連絡ください~ このI...[続きを見る]

ピックアップ

知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
本文はここまでです このページの先頭へ