ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

視力回復方法 簡単に視力を回復する方法 レーシック 手術 失敗 例 レーシック リスク 視力回復トレーニング 緑の丸を目で追ってください 視力回復トレーニング 方法

ライターさん(最終更新日時:2014/5/7)投稿日:

  • ナイス!:

    5

  • 閲覧数:4587

印刷用のページを表示する

自宅で簡単に視力を回復できる方法につきましては、


斉藤先生のサイト ⇒ http://search.yahoo.co.jp/search?p=シリョクカイゼンテイカカイゼンホウホウ&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt を参照ください。


何度も番組で紹介されているように、自分で簡単に視力を回復することが出来ると思います。











































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































視力回復法

 

 

自宅で簡単に視力を回復させる方法につきましては、

 

タフレオセルス

 

というサイトを参照ください

 

自宅で出来る簡単な方法で、視力を1.0以上に回復することが出来ると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、 代表的な 視力回復法 といえば レーシック手術 がありますね。

 

レーシック(LASIK)はレーザーを使って視力を矯正する治療方法です。

コンタクトレンズや眼鏡と違って、裸眼視力そのものを回復させるので、近視や遠視になる前の快適な生活を取り戻すことが可能です。

日本では2000年に厚生省に認可されましたが、世界中での多くの実績と技術の革新によって非常に安全で効果的な治療方法として、高い評価を受けています。

目にレーザーを当てるということで何となく心配に感じる方も多いかとは思いますが、正しく理解してきちんとした治療方針に従えば、納得のいく治療効果の得られる手術です。

 

ただし、 レーシックの失敗例 も 数多く聞きますので、 レーシック手術を受ける場合は、 病院 選びが大変重要です。

 

・レーシック失敗事例 その1「近視の戻り」>

 レーシック手術後、約3ヶ月~6ヶ月で再び近視担ってくることがあります。これは近視の度合いが強いほど可能性が高く、再手術をする場合もあります。

※ ちなみにレーシックの失敗による再手術の可能性はレーシック5~10%、イントラレーシック0.03%です。(品川近視クリニックサイトより)

・レーシック失敗事例 その2「感染症」

 レーシック手術では角膜の表面を一時的に薄く剥がし(これをフラップといいます)、施術後戻しますが、これが完全にくっつくまでの間に細菌が侵入して感染症をおこす場合があります。

・レーシック失敗事例 その3「フラップ作成ミス」

 レーシック手術でフラップを作成する際に、その機器の操作を誤りうまくフラップ作れず、薄くなったり小さくなったりした場合、予定通りの施術が行えないことになります。

・レーシック失敗事例 その4「フラップの位置のずれ」

 レーシック手術の行程でフラップを戻す際のミスや、手術後早期にぶつける、こするなどしてフラップの位置がずれたりしわが寄ったりする可能性があります。すぐに治さず長く放置すると、不正乱視などになります。

・レーシック失敗事例 その5「フラップ下の炎症」

 フラップの下に炎症が発生することがあります。ほとんどが目薬や薬の服用で直りますが、ひどい場合は再手術する必要があります。

・レーシック失敗事例 その6「上皮迷入」

 フラップの傷口から角膜の表面を覆っている上皮細胞が入り込んでしまう症状です。ひどい場合は再手術する必要があります。

・レーシック失敗事例 その7「羞明症」

 レーシック手術はレーザー照射することになりますが、これの影響で光に対して異常に過敏になることです。

・レーシック失敗事例 その8「ステロイド緑内障」

 レーシック手術後の炎症を抑えるため、目薬や薬を服用しますが、炎症を強く抑えるステロイド薬では緑内障が起こりやすいと言われています。

・レーシック失敗事例 その9「角膜拡張」

 レーシック手術ではレーザー照射により角膜の実質層を薄く削りますが、削りすぎると眼圧に耐えられなくなり、前に出てくることがあります。これによりゆがみが生じるため再び視力が低下します。

以上、レーシック手術失敗の事例を挙げましたが、これは決して不安を煽るものではありません。

レーシック手術は成功する可能性の方が圧倒的に高いのですが、レーシック手術をするのは人であり、受ける人の状況、体調も千差万別であることを考えると、絶対はありえません。

レーシックで失敗しない方法はいろんなサイトでもまとめられていますが、失敗しない一番大事な要素は、信頼できる病院、医者にかかることです。

失敗の不安や可能性が最小限のレーシック手術のためにも、口コミ情報、実績、かかりつけの眼科医の紹介など情報を集めることが成功への近道でしょう。そして、ここでまとめたレーシックの失敗の要素について理解し、不安なことは医師に相談しつつ不安を解消してレーシック手術に臨むことが出来れば良い結果となるものと思います。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

separainnさん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
本文はここまでです このページの先頭へ